1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. ポイントを押さえてスムーズな再就職を

ポイントを押さえてスムーズな再就職を

スーツの女性

看護師は「白衣の天使」といわれる反面、ハードな面もある仕事の一つです。

実際に求人応募して働いて初めて、そのハードさを実感するという看護師さんも多くいます。

もっとも、やりがいや充実感を持って働くことができる仕事であり、安定した収入が期待できるため、一度は看護師から離れても期間を空けて復帰してくる方も多くなっています。

ただし、看護師への転職を考えている方の中には、『ブランクがあっても看護師として働いていけるのか』、『求人応募時に不利になることはあるのか』、『スムーズな転職が期待できないのでは』といった疑問や不安を抱くこともあります。

そこで以下では、看護師への転職をスムーズに進めるべく「転職時に押さえておきたいポイント」と「おすすめの求人の選び方」についてご紹介します。

転職時に押さえておきたいポイント



問診票と聴診器

 

転職する前に、いざ勤務するとなった際にブランクがあることで周りに迷惑をかけてしまうことがないよう、あらかじめ研修を受けることが大切です。

研修では、採血方法や心肺蘇生法などを習うことができます。

これらは看護業界で働く上で基本となるスキルですが、ブランクが空くことで技術が落ちてしまうというケースも考えられるため、研修にて再確認しておくのが望ましいといえます。

なお、研修は求人に応募する病院などで受けることが可能です。

大規模な病院であれば復職支援としてこうした研修制度を設けているので、こうした制度のある求人を選ぶのも選択肢の一つといえます。

他の方法としては、看護師の転職をサポートするサイトが開いている講習会などを利用する方法もあります。

なお、看護現場に戻るのであれば自身の心構えも非常に重要となります。

ブランクのせいで思うように身体が動かないということもあるかもしれませんが、そんなときこそ初心を思い出して、一つひとつ知識やスキルを吸収していくという気持ちで臨みましょう。

おすすめの求人の選び方



パソコンを操作する看護師

求人の選び方としてまず挙げられるのは、前述したように「復職支援の研修制度」が設けられている職場を選ぶというものです。

いくら経験があるとはいえ、しばらく離れていた業界に戻るとなれば緊張する方も少なくありません。

そこで、研修を受けることで分からない点や頭の中から抜け落ちていた点などを再確認でき、不安や疑問をすっきり取り除いた状態で仕事に臨むことができます。

さらにもうひとつの選び方として、「介護施設を選ぶ」というものもあります。

介護施設では病院やクリニックなどと比べて大掛かりな治療がないため、特殊な資格や高度な技術がなくとも業務の遂行が可能となっています。

もっとも、入居者の身体に急に異常が現れた場合など早急な対処が必要なこともあるため、最低限の知識や技術は必要となります。

介護施設での基本的な業務としては、主に入居者の健康管理などが挙げられます。

たとえばバイタルチェックや医薬品の管理などで、高度なスキルを要する医療行為は少ないといえます。

よって、まずは介護施設の看護師として働き現場の雰囲気や医療行為に慣れたあと、病院やクリニックなどに転職するというのもひとつの道です。

このように、ブランクがあっても看護師としてスムーズな転職を図ることは可能です。

そして何より大切なのは自身の『働きたい』という想いで、周りから学ぼうとするその姿勢こそが、より早く現場の感覚を取り戻すのに有効な方法といえます。

看護師さん専門の求人、就職・転職サイトはコチラ

医療WORKER