夜勤バイトって何するの!?病院・施設・クリニックの仕事内容を徹底解剖!

「夜勤アルバイトをやってみたいけど、仕事内容ってどうなの?何をするの?」
日勤も夜勤もこなす看護師さんでも、夜勤アルバイトとなると勝手が分かりませんよね。ましてや施設形態が異なる夜勤アルバイトに挑戦するなら尚の事。
そこで、夜勤アルバイト未経験の看護師さんや、違う施設形態で夜勤アルバイトをしてみようと考えている看護師さんのために、病院・介護施設・有床クリニックにおける夜勤アルバイトの仕事内容を徹底解剖!

これを読めば、自分がどの夜勤アルバイトに向いているか分かるかもしれません!

看護師の夜勤アルバイト:病院の仕事内容

病院での夜勤はどういった流れになるのか、まずはタイムスケジュールから見てみましょう。

<夜勤のタイムスケジュール:病院>

16:00 日勤者からの申し送り/食前薬の配薬/血糖値の測定?
夜使用する点滴の確認と準備/手術患者のモニタリング
18:00 夕食の配膳
19:00 食後薬の配薬
20:00 休憩
21:00 寝前薬の配薬/就寝前の準備
22:00 消灯/見回り
23:00 看護記録の記入/点滴の準備
0:00 見回り/点滴の交換
1:00 見回り/交代で仮眠
3:00 看護記録/見回り/交代で仮眠
4:00 休憩/食事
5:00 見回り/看護記録/検査や手術予定の患者の準備
6:00 検温/採血/朝食の準備
7:00 食前薬の配薬
8:00 朝食の配膳/食後薬の配薬/食事量のチェック/リーダーへの報告/日勤者への申し送り
9:00 終業

病院における夜勤アルバイトは、通常の夜勤業務の内容と変わりません。介護施設やクリニックでの夜勤アルバイトと違う点は、病院の夜勤アルバイトは即戦力として採用されるという点です。
ほとんどの病院では、夜勤アルバイトで入職した看護師にゆっくりとレクチャーする時間はありません。ましてや基本的な部分をイチから教える時間なんてもってのほか。採用側も未経験の方よりも即戦力で働ける方を採用する傾向にあります。
常勤で慢性期勤務であれば慢性期の夜勤アルバイト、精神科看護師であれば精神科の夜勤アルバイトなど、初めての夜勤アルバイト先は、スキルや知識を既に身につけている病棟や科目を選択するのが無難です。

夜勤の基本的な流れをご紹介しましたが、病棟によって仕事内容はどのようになるのでしょうか。
急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、慢性期病棟のそれぞれの夜勤アルバイトの仕事内容を見ていきたいと思います。

<それぞれの病棟における夜勤アルバイトの仕事内容>

■急性期病棟

急性期病棟の夜勤では、基本的な夜勤の仕事に加え、急変や緊急入院、緊急オペも多いので、臨機応変な対応が必要になります。
一刻を争う事態が多く、猫の手も借りたいほど忙しい急性期病棟。そんな急性期病棟の夜勤体制は、常勤数名+夜勤アルバイト数名という構成が多く、夜勤アルバイトも頼れる戦力として重宝されます。それゆえ、急性期病棟では経験者を採用する傾向にあります。
また、患者の入れ替わりが激しい急性期病棟では、週1回入るか入らない夜勤アルバイトの場合、「久々に出勤したら、大半の患者の顔ぶれが変わっていた」という事も多々あります。ナースコールで呼ばれてあたふたしないよう、出勤後は患者の顔と名前、状態のチェックを念入りに行う事が大切です。

■回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟の夜勤では、病状が安定している患者ばかりなので急変が起こることはほとんどありません。患者は日中のリハビリの疲れからか、夜間はぐっすり眠っている場合が多く、仮眠をしっかり取れる傾向にあります。
と、ここままでお話しすると一見穏やかな印象がある回復期リハビリテーション病棟ですが、ナースコールが鳴る頻度は実は高め。患者は自分で思うように体を動かせずトイレに行くのも一苦労なので、「トイレに付き添って欲しい」「排泄介助をして欲しい」というナースコールが頻繁に鳴ります。
夜勤時は看護師2名に介護職員1名の3名体制の場合が多いのですが、人数が少ない分、患者に目が届きにくくなります。見回り時には、ベッドから転落している患者はいないか、排泄時に転倒していないか隅々まで確認する必要があります。
また、回復期リハビリテーション病棟の夜勤ならではの特徴に、更衣介助というものがあります。着替えるという行為が患者のリハビリに繋がるという観点から、患者は日中私服を着用し、夕食後に寝衣に着替えます。更衣介助では、患者ができるところまで温かく見守り、患者のできないところだけを介助するというのが鉄則ですので、回復リハビリテーション病棟での夜勤アルバイトは、忍耐強さも必要になります。

■慢性期病棟・療養型病棟

慢性期病棟や療養型病棟の夜勤は、急変が起こる事ほとんどありませんので、他の病棟と比べて比較的ゆったりしています。
慢性期病棟や療養型病棟は高齢の患者が多いので、看護業務に加え、食事介助やオムツ交換、体位交換といった介助業務も行います。介護職員もいますが、看護師は1名ないし1,5名体制が多いので、看護師しかできない業務は一人で抱えることになります。
食事介助や排泄介助など体力仕事も多く、消灯までにこなさないといけない業務は多いですが、消灯時間を過ぎれば比較的落ち着いた時間を過ごす事ができ、仮眠や休憩も取りやすい環境です。しかし、慢性期・療養型=ゆったりしているとは一概に言えず、認知症を発症している患者が多い場合は、徘徊や危険行動に対して気を配らなければいけないので休む暇もありません。
慢性期病棟や療養型病棟の夜勤は、患者の医療依存度の高さによって忙しさが異なりますので、夜勤のアルバイト先を選ぶ場合は、患者層や夜勤体制を確認しておく事が大切になります。

看護師の夜勤アルバイト:介護老人保健施設・有料老人ホームの仕事内容

介護老人保健施設や有料老人ホームの夜勤の仕事内容はどうなっているのでしょうか?
介護施設における夜勤の流れもタイムスケジュールで見ていきましょう。

<夜勤のタイムスケジュール:介護施設>

17:00 日勤者からの申し送り/看護記録のチェック/食前薬の配薬/経管栄養の準備/血糖値の測定
18:00 夕食の配膳/食事介助/食後薬の配薬/口腔ケア/気になる利用者のバイタル測定
19:00 検温/点滴の投与/寝前薬の配薬/就寝前の準備
21:00 消灯 休憩
     点滴/たん吸引/褥瘡処置/在宅酸素管理
夜間見回り/翌日の内服の準備/おむつ交換など
      ターミナルや看取りがある場合も
      業務の合間を見て休憩・仮眠2時間ほど
5:00  経管栄養開始/食前薬の配薬/血糖値の測定/インスリン注射/バイタル測定
7:00 朝食配膳/食事介助/口腔ケア
8:30 日勤者への申し送り
9:00 終業

介護施設での夜勤アルバイトでは、入居者の健康管理に加えて、食事介助・排せつ介助といった身体介助も行います。
介護老人保健施設の場合、利用者80名〜100名に対して介護職員4〜5名、看護職員1名で夜勤に入っているケースが多く、看護師の1人夜勤になります。介護施設は長期で利用される方ばかりなので、イレギュラーな事態というのはほとんど起こりません。仕事で求められる看護スキルはそれほど難しくなく、健康管理+αといった基礎的な看護スキルです。なので、未経験OKという求人がたくさんあり、初めての夜勤アルバイトとして挑戦しやすくなっています。

■ここがつらいよ!介護施設での夜勤アルバイト

〜有老の 夜勤バイトは 理由あり〜
介護老人保健施設では、夜間の看護師の配置が義務付けられていますが、有料老人ホームでは看護師の配置は義務付けられていません。有料老人ホームの夜勤帯は、看護師がオンコールを持つ場合が多いのですが、医療依存度の高い有料老人ホームでは夜間も看護師を配置しています。なので、有料老人ホームで夜勤アルバイトを募集している場合は、医療依存度の高い入居者が高い傾向が強いと言えます。

〜時経てば 顔ぶれ変わらず 依存増す〜
有料老人ホームでは、開設年数によっても利用者の医療依存度は異なります。オープンしたての有料老人ホームは自立した方が多いのですが、年数が経つほどに介護依存度、医療依存度が増し、病院並みの医療行為が必要な入居者も増えていきます。

看護師の夜勤アルバイト:有床クリニック

有床クリニックにおける夜勤の仕事内容はどうでしょうか。こちらも、まずはタイムスケジュールから仕事内容を見てみましょう。

<夜勤のタイムスケジュール:有床クリニック(内科)>

16:30 日勤者からの申し送り/検温、即脈、血圧測定/経管栄養の準備/食前薬の配薬
18:00 夕食の配膳/経管栄養の投与/食後薬の配薬
20:30 寝前薬の配薬
21:00 消灯・休憩
22:00 見回り/おむつ交換/対位交換/ナースコールの対応(随時)
0:00 見回り/おむつ交換/対位交換
2:00  見回り/持続点滴薬の更新/時間指定点滴の投与
4:00 見回り/時間指定点滴の投与
6:00 起床
     経管栄養準備/検温、脈拍、血圧測定/血糖値測定/インスリン投与/食前薬の配薬
7:00 朝食の配膳
8:00 食後薬の配薬
8:30 終業

有床クリニックでの夜勤アルバイトでは、経過観察、見守りといった業務がメインとなります。ただ、診療科目によって仕事内容が若干異なりますので、診療科目ごとでどういった事をやるのか、夜勤アルバイトの仕事内容をもう少し細かく見ていきたいと思います。

■内科クリニック

内科の有床クリニックでは、入院患者の7割が後期高齢者と言われており、在院日数も7日以上という長期入院の割合が高くなっています。呼吸管理や心電図モニターを使用している患者が多いので、内科の有床クリニックの夜勤では、夜間の巡回が欠かせません。

■外科クリニック

外科クリニックでの夜勤アルバイトの仕事内容は、術後の経過観察がメインとなります。急変はほとんどなく、自立している患者も多いので、おむつ介助で慌ただしくなる事はありません。見守り業務がメインで仮眠がしっかりと取れることから、当直という内容で夜勤アルバイトを募集している求人もたくさんあります。

■眼科クリニック

眼科クリニックでは、手術を行う曜日が決められている場合が多く、曜日固定で夜勤アルバイトに入る形になります。眼科クリニックで入院を伴う手術は、白内障や緑内障が多く、入院日数は1日~4日、患者層は白内障や緑内障の有病率が高い高齢の方が多くなっています。仕事内容は術後の経過観察(見守り)、点眼がメインで難しい処置はほとんどありません。しかし、前述したように高齢の入院患者が多いので、身体介助が必要になる場面も多くあり、基礎疾患を抱えている場合はインスリン介助が必要になる場合もあります。

■産科クリニック

産婦人科クリニックの夜勤アルバイトは特殊で、まず一人夜勤という事はありません。助産師もしくは看護師複数名での夜勤になります。お産は昼も夜も関係なく訪れますので、夜間に分娩が始まる事もあります。夜間のお産が重なれば、椅子に座る暇もないぐらい忙しくなりますが、逆にお産がない時はゆっくりと仮眠を取る事ができます。夜勤時に新生児のケアを行うかはクリニックの方針によって異なり、母子同室でない場合は、2〜3時間置きに授乳やおむつ交換を行います。

【看護師の夜勤アルバイト:まとめ】

夜勤アルバイトにおける病院、介護施設、有床クリニックの仕事内容についてご紹介いたしましたが、各施設での夜勤アルバイトはイメージできたでしょうか?

「楽そうと思っていたのに、何だか忙しそう…」

そう感じた施設や診療科目もあったのではないでしょうか。

今回ご紹介した夜勤アルバイトの仕事内容は、あくまで一般論です。
具体的な仕事内容は、病院やクリニック、施設ごとの患者層や夜勤体制、救急体制によって変わってきます。
夜勤アルバイトを探す際は、「有料老人ホームだから」「内科の有床クリニック」だからと単純に考えるのではなく、
「どんな患者層なのか」「実際にどんな事をするのか」「ダブルワークで無理なく働ける体制なのか」など、施設の詳細をしっかりと確認するという事が大切です。
施設の内部体制を自分で調べるのには限界が出てくるかもしれません。
そんな時は、看護師の転職を支援する医療WORKERにご相談ください。
地域の病院情報に詳しいキャリアアドバイザーが、各施設の内部体制や内部事情について事細かにお伝えします。
★夜勤アルバイトに関する無料相談はこちらから★
夜勤アルバイトの新着求人を見てみる

【この記事に関連する他の記事】

精神科病院の夜勤バイトはラク?辛い?働いてみて分かった精神科の実態とは
知っている看護師だけ得をする!寝るだけの当直『寝当直』のバイトとは?
失敗はしたくない!初めての夜勤アルバイト、どんな病院がオススメ?

看護師・准看護師の
夜勤アルバイト・夜勤専従専門求人サイトはコチラ

医療WORKER