看護師の《有料老人ホーム×夜勤》はホントに楽なの?

あなたは“有料老人ホーム×夜勤バイト”という言葉から、どんなイメージを連想しますか?
「自立した利用者が多そう」「病院に比べて看護業務が少なくて楽」「お年寄りは夜寝るのが早いから、ゆっくりできる時間が多いのでは?」など、比較的“楽そう”といったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

あながち間違いでもありませんが、実際のところ“施設によって大きく差が出る”と言ったほうが正しいかもしれません。

認知症や要介護度の高い利用者が多い施設であれば、看護師であっても介護業務を手伝う場合もあるからです。
有料老人ホームの規模にもよりますが夜間の看護師配置は“1名のみ”と設定している施設が多いので、利用者の容態が急変した時には、自分自身が的確な判断と処置を行う必要があります。
結構責任重大ですよね。

なんとなく「楽そうだから」と選んで後悔しないためにも、有料老人ホームでの仕事内容をチェックしておきましょう♪

■有料老人ホームの夜勤の仕事内容とは?

施設によって業務内容やほかのスタッフとの役割分担も異なりますが、例として夕方16時半~翌朝9時まで働く看護師のとある1日をご紹介します!


16:45~ → 日勤スタッフから引き継ぎ
17:00~ → 利用者の夕食準備
17:30~ → 服薬介助、夕食介助
18:45~ → 点滴交換
19:30~ → 排泄介助、就寝介助
20:30~ → 就寝薬の準備、服薬介助
21:30~ → 就寝、巡回
22:00~ → 医務室待機・ナースコール対応(途中休憩あり)
04:00~ → 翌朝の準備(服薬、採血等)
06:00~ → 起床介助(服薬介助、血圧・血糖値測定、採血等)
07:30~ → 服薬介助、朝食介助
08:30~ → 日勤スタッフへ申し送り
09:00~ → 退勤

休憩は22時~3時の間で落ち着いたタイミングを見計らっていきます。
看護師が1名の場合は、休憩中であっても緊急時は対応しなければならず十分に仮眠できない日もあるようです。

■夜勤看護師に聞いた!有料老人ホームのナースコール事情



看護師が1名しかいないのにナースコールがひたすら鳴り続ける日は特に大変なようです。
しかし、病院ではないのでナースコールといっても内容は有料老人ホームならでは。
どんな内容のナースコールが多いのか、調査結果を紹介します!



|トイレに行きたいです

施設によっては部屋の中にトイレがある場合もありますが、部屋から少し歩かないとトイレに行けない施設もあります。その場合は行きかえりしっかり付き添います。

|喉が渇きました

「こんなことで呼ばれるの?」と思う人もいるかもしれませんが、夜勤・日勤に関係なくこの内容のナースコールは多いのです。

|起こしてください

ちょっとお茶を飲みたいとかトイレに行きたい、着替えたいなど起こした後になにか要望がひっついてくることが多いです。

|オムツ替えてください

トイレに行くのが大変で日頃からオムツをつけている利用者さんもいます。
用を足した後は気持ち悪くて「早くオムツを替えてほしい!」と感じるようで、この内容でのナースコールも割合としては多めです。

|なんとなく

「なんとなくって言われても・・・」と感じる方もいるでしょう。
しかし利用者は寂しがりの人も多く、「眠れないから話の相手になって」なんて言われる日も実際にあるのです。


他には「背中が痒いからかいてほしい」「暑いから布団をとってほしい」など。
病院と違って“急を要する内容ではない”ことが多いようです。
中には、慣れてくると「また?」と思ってしまいそうな内容もありましたが、それでも真摯に対応することで、利用者さんは「呼んでみてよかった」と思えるのです。
どんな内容であっても笑顔で対応し、利用者から「ありがとう」を言ってもらった時はやっぱり嬉しいし、きっと元気をもらえることでしょう♪

■もうすぐ夜勤が終わる。有料老人ホームの利用者が起きてくる時間の癒し

ここまで記事を読み進めて、「出勤した瞬間から心休まる時間はないのか」と心配になった方もいるかもしれませんが、そういうわけでもありません。
利用者が寝静まって、施設内も落ち着くタイミングがあります。そのタイミングで休憩します。
朝は少し早めの時間から利用者が起きてくるので、もうひと踏ん張り。
利用者の朝食介助も夜勤バイトスタッフの大事なお仕事です。
夜中の巡回やナースコール対応で疲れ切った状態ですが、清々しい表情で「おはよう!」と挨拶してくれる利用者がいる中で疲れを見せるわけにはいきません。

こちらからも「おはようございます!今朝の調子はどうですか?」と元気に問いかけると「問題なし!」とテンションを合わせて返事をしてくれる利用者がいたり、「美味しくない!」と朝食にケチをつけながらペロっと完食しちゃう人がいたり。
夜とはまた違った顔を見せる利用者のおちゃめな姿に癒される看護師も多いようですよ♪

■まとめ

冒頭でお伝えしたように、有料老人ホームでの夜勤バイトは決して楽ではありません。
病院と比較すると急を要する場面は少ないですが、医療業務より介護業務を手伝っている時間の方が圧倒的に多くなる可能性が高いです。
そういった意味では、看護師としてのブランクが気になる方でも挑戦しやすいかもしれません。
とはいっても、施設によって看護師が任される業務範囲や方針も様々です。

自分にあった入職先を見つけるためには、専門アドバイザーへ相談するのがオススメです♪

★専門アドバイザーへ相談したい方はこちら
★まずは自分で夜勤バイトを探したい方はこちら

【この記事に関連する他の記事】

知っている看護師だけ得をする!寝るだけの当直『寝当直』のバイトとは?
≪看護師の夜勤バイト事情≫施設ごとの特徴や仕事内容を調査!
内科の有床クリニックの夜勤バイトは意外と〇〇だった!?実態を調査!

看護師・准看護師の
夜勤アルバイト・夜勤専従専門求人サイトはコチラ

医療WORKER