豊能医療圏

豊能医療圏

01 - はじめに

大阪府には8つの二次医療圏があり、豊能医療圏は大阪府の北西部に位置しています。該当する地域は豊中市、吹田市、池田市、箕面市の4市と豊能町、能勢町の2町です。人口はおよそ103万6000人(平成27年度国勢調査より)。戦後に開発が進んで人口が増加し、昭和60年に入って100万人を超えました。平成に入ってからは人口の増減は安定しているようです。

02 - 豊能医療圏の持つ特徴

豊能医療圏の総面積はおよそ275平方キロメートル。大阪市北部に勤める方々のベッドタウンとして開発が進み、閑静な住宅地が広がっています。北は京都府に隣接しています。西は兵庫県に隣接し、伊丹市と豊中市の間には大阪国際空港(伊丹空港)があり、大阪の空の玄関口の一つになっています。もともと山間部や丘陵地だった土地を切り開いた地域ですので、標高が高く勾配が激しいのが特徴です。
 主要な交通機関は阪急電車(宝塚線・京都線)です。ただし豊能町と能勢町は阪急沿線ではないため、阪急宝塚線「川西能勢口」駅から能勢電鉄に乗り換えるか、バスを利用する事をお勧めします。吹田市はJR京都線の沿線にもなっているので、京都方面や阪神方面へも乗り換えなしで移動できます。鉄道駅にさえたどり着けば、大阪梅田まで30分ほどで到着できます。
 道路網の整備も充実しており、名神高速道路・近畿自動車道・中国縦貫自動車道・阪神高速道路などが通っています。 一般道も国道171号線・国道176号線を中心に、国道や府道が細かく通っています。鉄道路線の乏しい北部の豊能町・能勢町の地域でも、 国道173号線・国道423号線を幹線とし、地域同士を結んでいます。北部にお住いの場合、自動車がある方が便利でしょう。

03 - 豊能医療圏の医療体制の現状

豊能療圏内に病院が49か所、一般診療所(クリニック)が977か所あります(平成22年10月1日現在)。療養病床および一般病床の数は、大阪府が医療計画で策定した基準病床数は7456床。それに対して既存病床数は9602床もあり、病床は飽和状態と言えるでしょう。基準病床数を大きく上回っているので、当面のあいだは新たな病院の開設や増床はないと思われます。
 中核になる大きな医療機関で言えば、大阪大学医学部附属病院や済生会千里病院などの総合病院があります。ほかにも急性の心疾患に対応する国立循環器病研究センターなどがあります。ただし中核病院は人口の多い南部から中央部の豊中市、吹田市、池田市、箕面市に集まり、北部の豊能町・能勢町には大きな総合病院は少なくなっています。豊能医療圏全体で見ると既存病床数が基準病床数を上回っているのですが、地域によって差があるのが現状です。やはり看護師の募集数も病院の数と規模に比例し、豊中市が最も多く吹田市・池田市・箕面市と続き、北部は豊中市の4%ほどしか募集数がありません。
 さらには二次救急医療体制の整っている病院は南部と中部にしかありません。「救急搬送は30分以内に」というのが望ましいのですが、北部ではそれが可能でしょうか。もし能勢町で急病や事故が起きた場合、緊急医療体制の整っている最寄りの病院は箕面市立病院になります。いくら道路網が整備されているとは言え、救急車でも30分以上はかかってしまうでしょう。医療圏内での格差をなくす必要がある、というのが現状ではないでしょうか。

04 - 豊能医療圏の医師数・看護師数の概要と特徴

豊能医療圏の医師数は3,778人、歯科医が1,022人、薬剤師が837人。人口10万人あたりの平均割合で見てみると、全国の医師数は245.93人に対し、豊能医療圏では364.45人。薬剤師の数は全国と比べるとやや少なめなのですが、医師数を見てみると全国の平均を大きく上回っているのです。豊能医療圏は全国的に見ても医師の多い地域と言えるでしょう。
ただし前項でも挙げたように、豊能医療圏には地域による医療機関格差があります。さらには大阪大学医学部附属病院や済生会千里病院などの大病院に医師が集中しています。たしかに医療圏全体での医師数は多くなっています。しかし市町村ごとの医師数・看護師数は不足していないか、診療科による専門の偏りはないか、などの調整は今後とも必要になってくるでしょう。
近年は大阪府全域で看護師(准看護師を含む)が不足ぎみです。人口10万人あたりの平均割合で見てみると、全国の看護師数は1031.2人に対し、大阪府では949.6人というデータがあります。看護師不足は豊能医療圏でも例外ではありません。
高齢化の進展、そして医療が病院から在宅への移行などが予想され、看護師の職場・業務の変化が考えられます。特に大病院の遠い豊能町・能勢町の地域では在宅医療のサービスを受ける割合も増えると予想できます。今後、看護師の増員と資質向上が課題となってくるでしょう。

関連リンク

豊能医療圏に所属する市区町村の求人
大阪府の二次医療圏

参考資料:大阪府保健医療計画(平成25年度から平成29年度)