大阪市医療圏

大阪市医療圏

01 - はじめに

大阪府には8つの二次医療圏があり、大阪市医療圏は大阪府のほぼ中央部に位置しています。大阪府の都道府県庁所在地である大阪市全域がこの医療圏に該当します。大阪府に二つある政令指定都市のうちの一つで、北区・都島区・福島区・此花区・中央区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・鶴見区・阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区の24区から成り立つ医療圏となっています。人口はおよそ266万5000人で、人口密度は5,601.70人/k㎡(平成27年度国勢調査より)。日本全国の市で人口密度は5位になり、他地域から通勤通学者が流入するため昼間人口は日本全国で2位になっています。大阪府下でも古い歴史を持つ地域で、安土桃山時代には豊臣秀吉の大阪城を中心に城下町を形成してゆきました。江戸時代になると「天下の台所」と称され、商業都市として栄えました。現在では東京都に次ぐ大都市となり、西日本の経済・文化の発信地として発展しています。現在の人口の増減率は安定しつつも、やや増加ぎみとなっています。

02 - 大阪市医療圏の持つ特徴

堺市医療圏の総面積はおよそ445平方キロメートル。12もの自治体から構成されており、大阪府でも最大規模の医療圏です。面積の割に人口密度は低く、大阪市の5分の1以下しかありません。
古くから大阪城を中心として城下町が形成され、臨海部を埋め立てて面積を広げてゆきました。安土桃山時代から江戸時代には商業都市として発展してゆきました。そして近年は工業化が進み、大阪湾岸の地域には工場や倉庫が多く建ち並んでいます。さらにキタ(梅田エリア)とミナミ(難波エリア)を中心にビジネス地域と商業地域が形成され、他府県や海外からの観光客も少なくありません。梅田や難波にはタワーマンションが林立し、その周辺にも住民の在住地域が広がっています。
大阪市医療圏の北部は豊能医療圏に隣接し、北東部は北河内医療圏、南部は堺市医療圏に隣接し、北西部は兵庫県、そして西部は大阪湾に面する地域となっています。全域にわたって平地が広がっていますが、大阪という臨海都市の構造上で海抜が低く、湾岸部ではゼロメートル地帯も存在します。
交通機関は非常に便が良く、梅田エリアからはJR東西線・阪急電車・京阪電車が通り、難波エリアからは南海電車・近鉄電車・阪神電車が近畿各地へと伸びています。また市内を大阪市営地下鉄が網の目のように通っていて、大阪市内であれば自動車等の交通手段がなくても充分に移動が可能です。
道路網でも有料道路では名神高速道・西名阪自動車道・中国自動車道と直結する阪神高速道路。それらが市内の中心部を通りっています。一般道では御堂筋や四ツ橋筋をはじめ、東西南北に整備された道路網があって交通面では不便な点は見当たりません。ただ昼間は都市部の道路が慢性的に混雑しています。空港へのアクセスも良く、大阪市内からなら関西国際空港・大阪国際空港(伊丹空港)・神戸空港が30分圏内にあります。

03 - 大阪市医療圏の医療体制の現状

大阪市療圏内には病院が181か所、一般診療所(クリニック)が3,051か所あります(平成27年10月1日現在)。療養病床および一般病床の数は、大阪府が医療計画で策定した基準病床数は17476床。それに対して既存病床数は32576床あります。医療機関の数は大阪府内の他の地域よりはるかに多いですが、大阪市の人口を考えると決して余裕のある数とまでは言えません。
大阪府にある他の医療圏と比べて圧倒的に医療機関の数が多いので、大阪市医療圏では地域を四つに分けています。北部基本医療圏(北区・都島区・淀川区・東淀川区・旭区)、 西部基本医療圏(福島区・此花区・西区・港区・大正区・西淀川区)、東部基本医療圏(中央区・天王寺区・浪速区・東成区・生野区・城東区・鶴見区)、 南部基本医療圏(阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区)に分け、各基本医療圏でそれぞれ医療行政の計画を実施しています。中核になる大きな医療機関で言えば北部に大阪市立総合医療センター、西部に大阪厚生年金病院が 東部に国立病院機構大阪医療センターや大阪警察病院、南部に市立大学医学部附属病院や大阪府立急性期・総合医療センターがあります。病床数は基準数を大きくクリアしているのですが、救急搬送の受け入れが整っている病院が少なく、特に夜間帯の小児初期救急医療機関の数が足りていないというのが問題となっています。冬場のインフルエンザの流行時期になると小児急患が増加します。この時期になると各医療機関は他の市民病院から医師を派遣して補う事になり、安定した医師や看護師の確保が難しくなっています。

04 - 大阪市医療圏の医師数・看護師数の概要と特徴

大阪市医療圏の医師数は11,674人、歯科医が3,494人、薬剤師が3,175人。人口10万人あたりの平均割合で見てみると、全国の医師数は245.93人に対し、大阪市医療圏では433.79人。医師数は全国の平均を大きく上回っています。
看護師の募集は大阪市内全体で650件以上の求人が出ています。特にJR大阪駅のある北区や、住宅地のある城東区と生野区などが多くなっています。大阪市内は交通の便もよく、通勤も容易です。大阪市内であれば条件に合う求人も見つかりやすいでしょう。

参考資料:大阪府保健医療計画(平成25年度から平成29年度)