視能訓練士

1.視能訓練士の資格とは

視能訓練士(オルソプティスト:Orthoptist)とは、昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格です。
病気や事故などによって視機能の障害が生じた患者に対して検査や矯正訓練などを行い、回復を図ります。「見ること」「見えること」の楽しさを伝える専門職とも言えるでしょう。
簡単な視力検査や眼圧検査などは無資格でも行う事ができ、小さな診療所では、医師が検査から治療まで一人で行っているケースも多いようです。しかし、目は複雑な器官であるために、症状によっては無資格では行えない検査が必須となる場合もあります。さらに、検査用の機器も年々複雑になっており、専門の知識を有している視能訓練士はとても注目度の高い資格と言えるでしょう。
日本では視能訓練士の歴史はまだ浅く、眼科医が約14,000名に対して視能訓練士は約13,000名とわずかしかおらず、今後一層の人材育成が期待されます。

2.視能訓練士の仕事内容は?

視能訓練士の主な仕事は、乳幼児からお年寄りまで世代を超え、検査や矯正訓練を通じて人間の一生に関わる「目」の健康管理を行う事です。
眼科などの医療施設で医師の指示のもと、私たちになじみの深い視力検査やメガネ・コンタクトレンズの処方をはじめ、両眼視機能の回復(弱視や斜視の訓練治療)を行い、遠視・近視・乱視といったような屈折異常の検査、白内障や緑内障などの眼疾患に関する検査など、目に関する多種多様な検査を行う事も大切な業務です。
また、社会問題でもある高齢化社会・生活習慣病の蔓延などに伴って、視機能が十分に回復しない方へ早期にロービジョンケアを開始し、必要な補助具を選定した上で使い方を指導する「目のリハビリ業務」も行います。また、学校や職場の集団検診にも携わることもあるでしょう。
最近では、レーシッククリニックにて手術のサポートをする視能訓練士も増加傾向にあるようです。

3.視能訓練士になるには?

視能訓練士の養成機関にて一定期間学び、国家試験に合格し「視能訓練士」の資格を取得する必要があります。
この資格には有効期限や更新義務がないために、一度試験に合格したら一生「視能訓練士」を名乗ることができます。

【受験資格】
・高校卒業後に指定の養成施設で3年以上学ぶ
・大学・短大・医療系保育系専門学校卒業後、指定の養成施設で1年以上学ぶ
・外国で視能訓練士養成学校を卒業する

以上3点のいずれかの条件を満たすことができれば、受験資格が与えられます。

【取得までの流れ】

高校卒業

〇高校卒業後に指定の養成施設で3年以上学ぶ
〇大学・短大・医療系保育系専門学校卒業後、指定の養成施設で1年以上学ぶ
〇外国で視能訓練士養成学校を卒業する
上記いずれかの条件を満たす

国家試験

合格後免許証の申請をし、登録

視能訓練士として各施設にて勤務可能

【願書の申し込み受付期間】
12月中旬~翌年1月中旬ごろ
※詳しい日程は厚生労働省のページをご参照ください

【試験日程】
年1回、2月下旬ごろ

【受験地】
東京、大阪

【受験料】
15,800円

【試験科目】
・基礎医学大要
・基礎視能矯正学
・視能検査学
・視能障害学及び視能訓練学

※試験は1日で全科目を行います。
※面接試験や実技試験はなく、マークシート形式の筆記試験となります。
※午前・午後、それぞれ2時間程度の試験となります

【登録料】
登録免許税として9,000円

【更新料】
一度取得すると更新はなし

4.視能訓練士をとるのは難しい?

視能訓練士の全国の合格率は約90%前後と高い数値を保っており、国家資格の中では比較的合格しやすい資格と言えるでしょう。
理由の1つとして、成績順による「上位○名が合格」というシステムではなく、「○点以上の者は合格」という基準であることが挙げられます。国家試験の内容は養成機関でしっかり学べますので、授業をしっかりと受け勉強すれば、特別に予備校などに通わなくても合格することができる資格と言えます。
別の理由として、知識を問うタイプの筆記試験のみという形式で、さらにはマークシート形式という点も挙げられるでしょう。複数をマークしなければいけない場合はマークすべき数も指示されるので、落ち着いて問題文をしっかり読み、試験に取り組めば、それほど困難という事もなく取得できるでしょう。多くの現役視能訓練士は、「国家試験そのもの」よりも「国家試験の受験資格を取る」道のりの方が険しいという意見も挙げられます。

5.視能訓練士をとることのメリット・デメリット

<メリット>
一番のメリットとして、資格取得後の更新料や更新のための研修がないという点が挙げらるでしょう。つまり、一度取得すれば一生「視能訓練士」として働くことができるという仕組みです。
また、女性にとってメリットの大きい資格という点が挙げられます。看護師と比較すると、身体介助などの肉体労働や激しく動き回る作業がないために、高齢になっても長く働きやすいという特徴もあります。
勤務形態も常勤のみではなくパートでの募集もあり、結婚出産でライフスタイルが変わり扶養家族になった後でも、働き続けやすい職種とも言えるでしょう。

<デメリット>
最近急に知名度の上がった資格である「視能訓練士」ですが、その人数はここ10年間でおよそ2倍近くに増えたと言われています。(参考:CarrerGarden)
そして、これからも増え続けると見込まれている事で、何年か先には求人が頭打ちとなってしまい、就職時の競争率が高くなってしまう可能性が挙げられています。
受験するために数年養成機関に通わなければいけないため、時間も必要な資格であるために、視能訓練士を目指す予定であれば、早めに準備を始めるほうが得策です。
また、眼科に特化した国家資格であるために、眼科以外で活かすことができない資格とも言えるでしょう。職場環境が合わず転職をしたいと思っていても、眼科が入っている病院かクリニックに絞られてしまうため、再就職の面では様々な選択肢のある看護師の方がよいかもしれません。

6.視能訓練士の現状と今後

現在、眼科業界では常に最先端の機器が開発され、導入・使用されています。眼科医一人で診察・検査をこなし、最新の機器に関する知識を完璧に取り入れる事は困難を極めるため、専門スキルを持った視能訓練士を積極的に配置する眼科が増えています。
また、高齢化社会で高齢者が増えた事に加え、スマートフォンやゲーム機の利用者が増えたました。そのために、視機能障害を持つ人が急増している現状にも関わらず、視能訓練士の数は圧倒的に不足していると言えるでしょう。
最近では医療の発達により、「遠視」は子供の時に早期発見することで治療できることがわかり、3歳児検診にて視力検査が行われるようになりました。
そのため、今後視能訓練士のニーズはますます広がっていくと思われます。
ただ、メリット・デメリットでも紹介しましたが、現在注目されている資格であるために今後視能訓練士も増えていくのではないかと見込まれています。資格取得を目指している方はできるだけ早めに準備することをオススメします。

サイト上には掲載していない、非公開求人も含めあなたにピッタリの職場をご紹介いたします。

この求人について何でもご相談下さい! フリーダイヤル 0120-704-557 平日9:00~21:30 土日祝9:00~19:00

ご利用満足度96% 無料転職サポート!キャリアアドバイザーから紹介してもらう