1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 看護師さんの履歴書 ー完全マニュアルー

看護師さんの履歴書 ー完全マニュアルー

これからの就職活動に役立つ履歴書の書き方をご紹介

看護師さん専用!

看護師さんの履歴書 ー完全マニュアルー

● 看護業界での履歴書の書き方教えます!

就職活動を行う際に、当たり前のように書いている「履歴書」。
採用担当者が1枚の履歴書を見始めて、すべて見終わるまでにかかる時間は、「平均6秒」と言われています。
大勢の応募者がいる中で、少しでも目にとまる履歴書は一体どのように書けばよいのでしょうか?
ここでは「受かる履歴書」を書くための豆知識や、ちょっとしたコツをご紹介していきます。

☆ 採用担当者に響く!看護業界での履歴書の書き方のポイント

採用担当者は、履歴書の限られた情報から面識のないあなたの熱意を探っています。
学歴・職歴はもちろんの事、顔写真の印象・空白の量・全体の丁寧さもすべて見ています。
基本だけを守って、ほかの応募者と同じような事を書いていても、採用担当者の目には中々とまらないのが現実です。
では、どのような部分で差をつけていけばよいのか、具体的にチェックしてみましょう。

◆ “履歴書選び”のコツとは?”手書きか?パソコン入力か?”

現在、履歴書は市販されているものの他に、インターネット上において様々なテンプレートやフォーマットが配布されています。
市販によくある履歴書は「学歴・職歴」の枠が多いものが一般的ですが、それでは空欄が多くなってしまいがちです。そのため、履歴書を選ぶときは“自分が書ける事の枠が多め”の履歴書を探しましょう。
そして、印刷する際はペラペラな一般の普通紙ではなく、市販のものとできるだけ同素材の紙で印刷した方がよいでしょう。
また、よく話題になる、「手書きかパソコン入力、どちらの方が印象が良いの?」という疑問ですが、看護師業務はパソコン操作がメインの仕事ではないため、採用担当者にはまだまだ「手書きによる履歴書の方が、印象が良い」という方が多いようです。字を書く事が苦手でも、手書きで丁寧に書いた方が無難でしょう。

◆ 写真や個人情報にも意外なコツが!

まず、履歴書を手にした採用担当者は、最初に写真を見て第一印象を受け、そのインスピレーションを大切にするという人が多いようです。
これから応募しようとする多くの方は「スピート写真機」で撮る方が多いと思いますが、できるかぎり「プロの写真屋」で撮る事をおすすめします。どうしてもスピード写真機での撮影になる場合は、スーツを着るなどの基本的な事に加えて、前髪が目にかからないようにしましょう。こうする事によって、全体的に明るい印象を与える事ができます。
そして口を閉じ、少しだけ口角を上げたような表情がベストです。
また、万が一写真がはがれてしまった時のために、裏に氏名と住所を記入し、しっかりのり付けすると安心ですね。
個人情報についてですが、名前のふりがなの枠が「ふりがな」なら"ひらがな"、「フリガナ」なら"カタカナ"で書きましょう。旧漢字の方も必ず略して記入しないように注意します。
電話番号は日中連絡がとれやすい連絡先で。固定電話がない場合は、携帯電話の番号でも可能です。
ただし、メールアドレスに関しては携帯のものではなく、必ずPCアドレスを記載しましょう。
この時「tekitou@」「test_test@」のようなアドレスではなく、自分の名前が入っているようなアドレスが無難とされています。就職活動用にフリーメールでアドレスを取得しておくのもよいですね。

◆ 「学歴・職歴」と「免許・資格」で採用担当者に熱意を伝えるコツ!

学歴職歴の枠ですが、学歴は中学校卒業から書くようにしましょう。また「○○高校」ではなく「○○高等学校」と正式名称で書きましょう。また、職歴でも同じく「○○病院」だけではなく、「医療法人△△ ○○病院」のように法人名からすべて記入しましょう。
学歴・職歴枠は履歴書の中で最も空白が目立ちやすい場所と言われています。あまりにも空白になってしまうようであれば、「○○病院 入職」の後に経験した病棟とその年数や、業務内容を簡潔に記載するという方法もあります。
また「何社も転職しているから印象が悪くなるかも…」という理由で”正社員”での職歴を省略するのは絶対にやめましょう。勝手に職歴を抜いて提出すると「経歴詐称」となり、せっかく入社しても解雇になってしまう可能性があります。
資格の枠は、”看護師業務に関係のない資格”はできるだけ書かないようにするのがベストです。また英検3級やそろばん4級の様なあまり級位の高くないものも書かないようにしましょう。
こちらも空欄が多くなってしまうようなら「○年△月の【資格名】を受験(取得)予定」等を”その他特記すべき事項”に書いて埋める、という方法もあります。

☆ まとめ

「受かる履歴書」を書くためのちょっとしたコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
履歴書は就活のスタート地点です。面接の練習を重ねて、せっかく素敵な笑顔でハキハキとした質疑応答ができても、書類選考で落とされてしまってはどうしようもありません。今回ご紹介したこれらのコツを実践して、基本の書き方にちょっと工夫をするだけで、印象がグッとあがり、採用担当者の心に響く履歴書になることでしょう。
しっかり作成して気持ちのよいスタートダッシュを切り、後悔のない就活にしましょう!

看護師の履歴書ってどうやって書けばいいの?

用意するもの

・ 履歴書、印鑑、黒いペンもしくは万年筆、証明写真、応募書類を入れる封筒(2枚)
・ 看護師(助産師/保健師)免許の原本またはコピー

※応募先によって必要なもの
・ 成績証明書、職務経歴書、健康診断結果、源泉徴収票

注意すること

・修正液や修正テープは使わない
・西暦和暦を統一する
・字が汚くても丁寧に書く
・空欄を作らない
・郵送前と渡す前に見直しコピーをとっておく

最終チェック

チェック 修正液は使っていない
チェック 西暦・和暦の統一がされているか
チェック 誤字脱字はないか
チェック 郵送日・提出日の日付が合っているか

チェック 文字がかすれたり、にじんでいないか
チェック 印鑑はまっすぐ押されているか
チェック 写真の裏に氏名を書いているか
チェック 履歴書のコピーをとったか

書けた!最終チェックもしたしこれでカンペキだね☆

急な面接でも大丈夫♪履歴書の書き方-履歴書ダウンロード-

面接のときに必要となる履歴書や職務経歴書。
コンビニなどでもすぐに購入できますが、こちらから無料でダウンロード、印刷できます。
※印刷するときは、A4用紙を2枚ご用意ください。

  • 履歴書(Word用)
  • 履歴書(PDF用)

近くに証明写真機がなくても大丈夫♪コンビニで証明写真をプリント

履歴書や職務履歴書に必ず必要な証明写真。
急な面接で履歴書の写真がない、近くに証明写真機がない方には、スマホで撮影してコンビニで印刷できる「ピクチャン」がオススメ!

履歴書添削もプロにお任せ♪-転職サポート-

転職活動で求人探し、職務経歴書作成、面接準備などおひとりで困っていませんか???
医療WORKERには、長年の転職サポートでノウハウを培った「転職のプロ」が多数在籍。
あなたの転職活動を徹底的にサポートします!

求人のご紹介から、履歴書・職務経歴書添削・アドバイス、退職理由の話し方、
面接・見学の日程調整、自分では言い出しにくい給与・待遇・勤務時間や配属希望など
条件交渉まで全てサポートいたします。ハローワークなどの求人票には載っていない、
口コミ情報や実際の職場環境などをお教えします!

完全無料 情報収集だけでもOK!!
履歴書添削・転職のプロに相談したい方はこちら

選択した条件の検索結果はありませんでした。

18,128 件の非公開求人の中から
あなたにぴったりの職場をご紹介いたします。

あなたにぴったりの看護師求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらう

閉じる