看護師コラム

アラサー看護師だって悩んでます!

私「ねえ、ちょっと聞いてよー!! もうほんとに無理!!!」

恒例になっている看護師新人時代の同期との女子会で、私は溜まりに溜まったストレスや愚痴を聞いてもらっていました。みんな今でも看護師ということで、環境や悩みが似ていて話しやすいです。

友「なになに、どうしたの?」
私「うん……ちょっと将来のこととか仕事のこととか考えたら負のループにはまっちゃって……
私たちって看護師としてはもうベテランになるわけでしょ? でも現実はたいして昇給もなくて給料もそんなにだし、夜勤要員としてシフトはガンガン入れられるし……もう体力も心も限界だよ……」

友「わかるよー! しかも私たち独身でしょ? まわりが次々結婚していってさ、肩身せますぎ……せめて仕事でキャリアは磨きたいよね。」
私「そう。だから仕事が恋人のつもりでこれまで頑張ってきたわけ!」

実際に私は、まわりの看護師ではない友人たちとは休日も合わず、彼氏も現在募集中のため、仕事のストレスを仕事で晴らしているような状態でした。仕方ないのは重々承知なのですが、どこの病院もシフトは独身者よりも結婚してお子さんもいらっしゃる方を優先することが多いので、身体的にもなかなかにハードです。

私「それなのに最近突然、このままでいいのかなって思い始めてきて……本当は綺麗にしたいのに、仕事のストレスで髪も肌もボロボロだし。欲しい化粧品をたくさん買えるお金なんてもちろんない!」
友「それはそう、街中で家族連れを見るとすごくうらやましくてつらくなる……」
友「せっかくの休日なのに疲れすぎて寝るだけで終わる日ばっかり……」
私「このまま誰とも添い遂げずに孤独死したらどうしよう。親不孝すぎるよね……」

最近職場が変わった友人、A子の話

そんなとき、同期のひとりで、最近転職を成功させたA子が話し始めました。

A「私も職場を変える前まではそう思ってたよ。
みんなもそうだと思うけど私も毎日激務続きで、家に帰っては死んだように眠ってまた朝の繰り返しだった。でもこの状況にも慣れすぎてて、おかしいなんて今更思わないし、なんとかしようとも特に考えてなかったんだよね。
そのままの生活をずっと続けていけるわけもなくて、私の場合は夜勤での昼夜逆転がたたって夜に眠れなくなったりとか、身体に支障が出始めちゃって……
でもある少しのきっかけでいい病院に転職できてからは、健康面もなんの問題もないし、今までの苦痛が嘘みたいに楽しく働けてるよ。さすがに彼氏がいきなりできたりはまだないけど、休日に街コンに参加したりするのも楽しいんだ!」


私「え、“少しのきっかけ”って?」
A「簡単だよ! 転職をひとりでやるのには限界があったから、プロの力を借りることにしたの。」
友「“プロの力”??」
A「そう! 私は『医療ワーカー』で転職したんだ!」

どうやらA子は、『医療ワーカー』という看護師の求人情報サイトを利用して、転職を成功させたようでした。
これまで私は同じ医療法人の病院でしか勤務した経験がなく、転職をして新しい世界に飛び出す勇気がありませんでした。すんなり辞められるかどうかもわからない中で、大きく動き出すことが怖かったのです。また、今の勤務を続けながら転職活動を並行させることは私にとってとても難しく、それも二の足を踏む理由のひとつでした。

A子によると、今私が勤めている病院は低給与で長時間残業は当たり前の、いわゆる“ブラック”な病院で有名だと聞いた、とのことでした。「急性期病院の中でもかなり人手不足で、それぞれが手一杯なため残業も多く、そういった状況であるのに人件費削減のために新しい人も雇おうとしない病院」と噂になっているそうです。自分が当事者として働いているときは気が付かなくても、周りからはそういう風に見えてるんだ……と驚きました。
今まで真剣に考えたことがなかったけど、もしかしたら私も転職した方がいいのかな……?

私も医療ワーカーで転職!

A子の話を聞いてからというもの、今の環境への不安や焦りがどんどん膨らんできて、私もA子と同じように転職にチャレンジしてみることに決めました。いきなり転職が成功しなくても、とりあえず相談だけでもしてみようかな、という軽い気持ちでした。
幸い登録方法も簡単で、医療ワーカーのホームページで希望職種や最低限の個人情報の入力をして、すぐに登録が完了しました。また、電話でも登録はできるそうです。
そうして私は、まずはプロの方に相談をしてみることにしました。

転職のプロに相談してみる

簡単な登録を済ませ、ホームページ上の求人を見ていると、「ここのページだけでもこんなにいい条件の求人がたくさんあるんだ……!!」とびっくりしてしまいました。いい病院を探すことは難しいと頭から思い込んでいたけど、案外そんなこともないのかなあ……?
そんな中で、特に気になった求人を問い合わせてみることにしました。
時間帯もよかったのか、専任のアドバイザーの方からすぐにお返事が!
私の希望条件や転職の話だけではなく、現在の職場についての相談も聞いていただき、親身になって対応してくださりました。
やはり私の職場はプロの方から見てもあまりいい環境ではないようで、相談の過程で転職への意思も徐々に固まってきました。また、アドバイザーさんの対応がとても親切で、「この方とだったら転職活動もうまく進められそう!」と思えたことも大きいです。

理想の求人を教えてもらう

また、アドバイザーさんに相談に乗っていただけるメリットのひとつとして、「ホームページ上には公開されていない、私に合った求人を紹介していただける」というものがあります。限られた人にしか公開されていないだけあって、条件なども公開求人より良い場合が多いそうです。

現職での経験から、転職をするにあたって私にはこんな希望条件がありました。

・高給与
・残業少なめ
・落ち着いて働ける職場
・介護職がいるため看護業務に専念できる環境

正直理想ですし、まずは高めに設定して、難しそうだったら下げていこうという気持ちだったのですが……
この条件を提示したあと、アドバイザーさんからいくつか紹介していただいた求人の中のひとつは、なんと以下のようなものでした!

・大手医療法人の慢性期病院(介護職も在籍)
・看護基準7対1配置
・年収500万~
・年間休日120日以上
・毎月の平均残業時間: 5時間~

大手医療法人の慢性期病院で、介護職の方も在籍されているために人員もしっかり確保されています。症状が比較的穏やかな患者さんばかりで、かつ看護基準も7対1配置が守られているため、落ち着いて働くことができます。そんなに好条件でありながら、現職よりも50万近く年収も多いです。残業もほぼないと言っても過言ではなく、とても働きやすい職場だと感動しました。
とっても驚きました。少し難しいかなと思っていたのに、私の希望通りの求人がこんなに簡単に見つかるなんて!! 保有している求人数の多さも、プロならではだと思いました。

その後、私はこの求人に応募することを決めました。医療ワーカーは求人の紹介だけではなく、履歴書や志望動機の書き方、面接対策なども手伝ってくれました。病院内の見学をさせていただけたり、院内の雰囲気などの細かい情報まで教えていただけたりしたので、きちんと納得をした状態で面接にも臨めました。アドバイザーさんも常々フォローをしてくださっていたので、そのお陰もあって、無事に採用通知をいただくことができました!

今まで自分が転職をしようなんて考えもせずにいたことを、今ではとても後悔しています。医療ワーカーでは希望していない求人への応募を無理にすすめられたりしてしまうようなことは全くないので、安心して転職活動ができました。自分ひとりではここまでスムーズに作業を進めることは難しかったでしょうし、こんなに希望通りの新しいお仕事に就くことだってできなかったかもしれません……。やっぱりプロにお任せして正解でした!

アンケートに答えて理想の求人を教えてもらう

医療ワーカーでは、簡単な1分ほどで終わるアンケートに答えるだけで、非公開求人を紹介してもらえます。

転職のプロに相談してみる

今までの私のように、転職や自分の将来を諦めている方もいらっしゃるかと思います。でも、諦めずに頑張れば今よりもっといい環境に行けることもあると、医療ワーカーが教えてくれました。ひとりで抱え込まずにプロにお任せすることで、何か道が開けることもあるかもしれません。

悩んでいる看護師のみなさん、医療ワーカーで転職をしてみませんか?