お役立ち情報

【医療・福祉専門職向けオンラインセミナーのご紹介】高齢者を助ける地域連携づくりについて、一緒に考えてみませんか?

「災害」×「ローカルキャリア」 第3弾!医療・福祉に関わる専門職の方々向けのオンラインセミナー

更新日:2021.04.08

公開日:1970.01.01

令和3年度の介護報酬改定では、 介護施設・事業所における災害・感染発生時の業務継続計画(BCP)の策定が義務付けられることになりました。 
施設や病院でも災害などの不測の事態が起きたときにどう対応するべきなのか、 改めて考えている方も多いのではないでしょうか? 
特に認知症の高齢者は、災害時の避難がとても困難になります。 多くの高齢者の安全を守るには、どのような備えが必要なのでしょうか。 

医療ワーカーを運営するトライトグループでは、令和3年4月20日に 「災害」×「ローカルキャリア」をテーマにオンラインセミナーを開催することになりました。 

今回のセミナーには、岡山県倉敷市ので小規模多機能ホーム「ぶどうの家 真備」の代表、津田由起子さんをお迎えします。 
津田さんは、2018年の西日本豪雨での浸水被害時に多くの高齢者をケアし、その後災害時の避難の仕組みづくりである「サツキプロジェクト」を立ち上げました。 

2018年の西日本豪雨。2階への避難ができていたら・・・

2018年7月に起きた西日本豪雨では、東海から西日本の広範囲で豪雨となり、 2018年時点では過去最多となる11府県で大雨特別警報が発表されました。 特に広島や岡山では甚大な被害を受け、岡山県では61名の方が亡くなり、 その内51名は、登壇者の津田さんが暮らす倉敷市真備町の方々でした。 

水害リスクが高い場所では避難所への避難が難しい場合、 自宅の2階へ避難するなどの垂直避難も命を守るための行動に繋がります。 真備町の水害では、認知症の高齢者で逃げ切れずに自宅の1階で亡くなった方がいました。 

自宅で暮らす高齢者は、災害時の早急な移動が難しく孤立してしまう恐れがあります。 特に認知症の高齢者は環境の変化に敏感なため災害時にパニックを起こしてしまう可能性もあり、すぐに避難所へ避難することは困難です。 


水害時に車いすの人でも垂直避難ができる仕組みがあったら。 
日頃から近隣の人と声を掛け合って、災害時に助け合える関係作りができたら。
 


そんな想いから津田さんが立ち上げたのが、サツキプロジェクトです。
 

第25回防災まちづくり大賞 消防庁長官賞を受賞した「サツキプロジェクト」とは・・・?

サツキプロジェクトは、災害時の避難の仕組みづくりです。 

避難所の機能を持った共同住宅を建て、そこを近隣住民のコミュニケーションの場として活用するとともに地域の防災拠点とすることで、もしもの災害時における地域での助け合いに繋げていきます。 

サツキプロジェクト第1号では、国土交通省の「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」助成金とクラウドファンディングでの賛同者からの330万円以上の支援のもと、 真備町箭田にあるアパートを改装し、車いすで2階に避難できるスロープを設けた避難機能付き共同住宅の開所に成功しました。 

▼サツキプロジェクト紹介ムービー 
https://www.youtube.com/watch?v=YJglo1hIAhE 

このサツキプロジェクトは今後の被災地のモデルとして期待され、 2021年2月、総務省消防庁が行う「第25回防災まちづくり大賞 消防庁長官賞」に選出されました。 

さいごに

多くの高齢者を抱える介護施設や病院。 
自宅で暮らす高齢者のケアは、家族や施設・病院に勤務する人だけでは行えません。 身近な人や身近な場所が災害時の安全に繋がっていれば、 多くの高齢者の助けになりますよね。 

今回のセミナーでは、大規模な浸水被害における高齢者や避難所の様子や、 高齢者の避難を助ける地域連携、また災害に備えて日ごろから声を掛け合える地域づくりについてお話していただきます。 

津田さんのセミナーを通じて、施設での防災の見直しや、 そこに暮らす人々とともに高齢者を助け支えていくための地域づくりについて、改めて考えてみませんか? 

ご興味のある方は、ぜひ下記リンクよりお申し込みください。 
「災害」×「ローカルキャリア」第3弾
「地域のなかで『生きる』ことを考える~西日本豪雨からの学び~」 参加方法はこちらから

皆様のご参加、お待ちしております。 


セミナー概要

■「キャリア」×「学び」セミナーシリーズ  
「災害」×「ローカルキャリア」3か月連続企画 第3弾  
総務省消防庁 第25回防災まちづくり大賞 消防庁長官賞◎ 
津田由起子さんによる「地域のなかで『生きる』ことを考える~西日本豪雨からの学び~」 

・日時:4月20日(火)19時30分~21時00分 ※所要時間90分  
・登壇者: 津田 由起子 氏(小規模多機能ホーム「ぶどうの家まび」代表) 
・会 場:オンライン  
・参加費:無料/寄付付きチケット(500円、1000円、1500円)  

※ご購入いただいたチケットの金額は全て、登壇者の団体に寄付をいたします。  
参加方法:https://peatix.com/event/1828010/ 

ご参加を希望される場合は、上記URLの参加フォームより、お申込み頂きますようよろしくお願いいたします。  

※「災害」×「ローカルキャリア」3か月連続企画  
災害を機に大きな一歩を踏み出し、今も地域とともに「ローカルキャリア」を築いている3名のローカルヒーローをお呼びし、「専門職」や「ビジネス」「防災」など、それぞれの観点からお話を伺う企画です。