ライフスタイル

「看護師あるある」 をイラストにしました!あなたはいくつ共感できる!?

看護師あるある 採血

更新日:2020.10.20

公開日:2019.02.28

医療ワーカーに登録している看護師の皆さんに 「看護師あるある」 についてアンケートを実施。
今回は数ある “あるあるネタ” から、票が重なったものや、思わず「クスッ」となったネタをイラストとともにご紹介します。

看護師なら共感せずにはいられない!?
「あるあるある!!」とうなずいた数で、あなたがどのくらい職業病なのか分かるかもしれません。
それでは、あるあるネタをどうぞ!!

看護師あるある〜血管編〜 

電車の吊革を持つマッチョな男性の腕

『人の上腕をチラ見しては、いい血管があるかどうか確認してしまう』
薄着の季節の電車は美しい血管の宝庫。
いつまでも眺めていられます。
たまりません~!

採血をする看護師

『患者から“血管が出ないんです”と言われると余計に燃える』
採血が一発で成功したら、めちゃくちゃ達成感ありますよね!

看護師あるある〜シフト編〜

シフトを見て石像化する看護師

『お局様の休日を即チェック』
シフトがかぶりたくない相手ナンバー1!?


『シフトが配られた時、苦手な人と勤務がどれだけ被っているかを確認する』
誰と働くかってほんと大事!
働くメンバーによってモチベーションが変わりますよね。
特に夜勤は人数が少ないので、シフト表が貼り出された瞬間、夜勤のペアを確認する看護師さんは多いのではないでしょうか。

『夜勤の相手をすぐに確認する』
長い長い夜勤の時間。働く人が少ない分、夜勤の相手を気にしている看護師は多い様子。

看護師あるある〜睡眠編〜

仮眠交代の時間になっても熟睡してなかなか起きてくれない看護師

『仮眠交代、なかなか起きないナース』
疲れている日はついつい爆睡してしまいがち。
爆睡中の方を起こすのは結構大変なので、目覚ましをきちんとかけましょうね

『自宅で寝ているとナースコールが聞こえた気がして目が醒めてしまう』
職業病あるあるのひとつ。自宅にいるときぐらいは心から休まりたいのが本音です。

看護師あるある〜夜勤明け編〜

『夜勤明けの買い物は危険』
夜勤明けは妙にハイテンション。全てが “夜勤を頑張ったご褒美” で許されてしまい、カードの請求が凄い額に・・・。

看護師あるある〜クリニック編〜

狭い通路で、身動きが取れなくなる看護師達

『院内が狭い為スタッフ同士がよくぶつかる 』
幅!幅!!自分の幅!!
院長、ぜひ改装のご検討を・・・。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

思わず「あるあるある!」とうなずいた看護師さんもいるのではないでしょうか。
全て共感できたという方はかなりの職業病かも・・・。
アンケートにご協力いただいた看護師さん、ありがとうございました!

関連記事