仕事・スキル

循環器専門ナース(看護師の資格)

循環器専門ナース

更新日:2020.08.21

公開日:2020.08.19

1.循環器専門ナースの資格とは

循環器専門ナースとは、心筋梗塞や心不全などの心臓循環器疾患に関しての実践的な知識を有する看護師のことをいいます。

臓器は人間が生きる上でどれも大切な役割を担っていますが、中でも特に心臓や血管は直接命に関わるため、看護師の行動が非常に重要になってきます。
認定試験に関しては臨床心臓病学教育研究会が行っています。

2.循環器専門ナースはどんな仕事?

循環器専門ナースは心臓外科手術に関わることも多いため、専門性の高い知識と迅速な対応が必要不可欠です。
他にも循環器における問診や触診、運動療法によるリハビリ、心電図やX線検査など仕事内容は多岐にわたります。

また、ペースメーカーを着けている方や心臓疾患を患っている方の相談に乗ったり、健康管理指導を行ったりと患者の不安を少しでも和らげることも循環器専門ナースの重要な仕事です。

3.医療メディエーターになるには

【受講資格】
・医療機関に従事していること
・医師、看護師、助産師、薬剤師等の資格有無に関係なく受講可能

【資格取得の流れ】
(1)養成教育プログラム申込み
→ 協会ホームページに掲載されている中から希望の施設を選択のうえ申込み
受講料:30,000~40,000円(受講内容により異なる)
受験地:全国各地(詳細→ http://jahm.org/pg238.html
(2)養成教育プログラム受講
(3)入会手続き
年会費:6,000円
《入会資格》
・医療メディエーション研修基礎編を16時間受講済である者
・基礎編受講
※5年おきに更新手続きが必要
《更新条件》
・医療メディエーターとしての活動を実践していること
・年会費を納入すること

【資格団体】
社団法人 日本医療メディエーター協会(HP→ http://jahm.org/

4.医療メディエーターになるのは難しい?

医療メディエーターになること自体はまったく難しいことではありません。
資格ではないので、受験は必要なく協会が指定する講習会を修了すれば医療メディエーターとして認定を受けることができるのです。

しかし5年おきの更新が必要で、その際には医療メディエーションの知識を活用、実践していなければ更新手続きはできません。
一度「認定を受けたから終わり」ではなく、継続して知識を構築していくことが重要になってくるでしょう。

養成教育プログラムを修了後、メディエーションの普及に繋がる研修会や行事を開催してみるなど、施設へ積極的に提案し出来る範囲で動いてみることが大切です。
認定証を受け取ってから、活動していく中で難しさを感じることはあるかもしれません。

5.医療メディエーターになるメリット・デメリット

医療メディエーターになるメリットとしては、チャレンジのしやすさが挙げられます。

医療機関に従事し、養成教育プログラムを修了すればだれでも医療メディエーターになれるのです。その反面、給与面でのメリットはあまり見込めません。
もちろん施設によっては手当がもらえる場合もあるので一概には言えませんが、給与面をランクアップさせることが目的であれば、医療メディエーターへの挑戦は考え直した方が良いでしょう。
しかし医療メディエーターの知識を得ることは将来的に役立つこと間違いなしです。

紛争構造の分析手法や対話促進技法などを学ぶことによって患者の気持ちがよりわかるようになります。さらにクレームへの対応力やトラブルを肥大化させないための対話力、傾聴スキルが磨かれるなどスキルアップにつながることもメリットといえます。

6.医療メディエーターの現状と今後

日本の医療業界では、長年にわたり看護師をはじめとする医療の人員不足が課題となってきました。

しかし、医療スタッフが少ないにも関わらず病床数の多い日本は国民が医療へアクセスしやすい状況なのです。一方で国民皆保険制度や高額医療費控除制度によって、世界でもトップクラスの質の高い治療を受けられることが評価されています。
結果的に、医療スタッフは多忙で一人ひとりの患者へ十分は時間が割けないにも関わらず、患者の医療への期待値は高いというギャップが発生しています。

このような背景から、医療メディエーターの存在を求めている医療施設は増えてきています。
実際に医療メディエーターを設置した病院から「クレーム発生後から解決までの時間が短縮された」「クレーム数が圧倒的に減った」などのクチコミにより、認知度も高くなってきています。国家資格ではありませんが、これからさらに活躍の場が増えると予想されている医療メディエーターの知識を取得しておくことは、今後の看護師人生の中で大きく役立つことでしょう。