仕事・スキル

透析技術認定士(看護師の資格)

透析技術認定士

更新日:2021.11.22

公開日:2020.08.19

1.透析技術認定士とは

透析技術認定士とは、人工透析に関連する業務において専門的な知識を有していることを証明するための民間資格です。
透析療法合同専門委員会が主催する認定講習を修了し、試験に合格することで取得できます。

腎不全などにより腎臓が正常に機能していない人は、血液透析という血液中の老廃物・水分を人工的に取り除き、きれいな状態にして体内に戻す治療を行わなければなりません。

透析技術認定士は、この「血液透析」の知識や技術を身につけられる資格です。

臨床工学技士が取得する資格として有名ですが、看護師や准看護師も規定の経験を満たしていれば認定を受けられるため、看護師のスキルアップ資格として人気が高まっています。

2.透析技術認定士の仕事とは?

透析技術認定士の資格を持つ看護師の多くは、病院の人工透析科や透析センターで活躍しています。

人工透析科や透析センターで行うのは血液透析という「血液をろ過して体内に戻す」作業です。

透析技術認定士の主な仕事内容は
・透析器械の操作
・患者の全身状態の管理
・透析のための穿刺や抜針
・シャント管理

(シャント:静脈の血液量を確保するため、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管)
などが挙げられます。

治療の流れとしては、透析前の患者の体重測定や、簡単な問診・バイタルサインチェックを行った後、穿刺をして透析を始めます。数時間後に抜針して治療が終了。このようなルーティン業務を日々行うことになります。

人工透析が必要と診断された患者の多くは定期的に来院する人です。
そのため治療の説明を行う回数は他の科に比べて少なく、また長いお付き合いになる患者さんが多くなるでしょう。

3.透析技術認定士になるには


●受験資格
臨床工学技士:2年以上の実務経験

看護師:2年以上の実務経験

准看護師:高卒 3年以上の実務経験
      中卒 4年以上の実務経験

※勤務形態は常勤のみ可能で、アルバイトなどは認定不可です。


●試験申込みの流れ
1. 申請書類準備
・審査申請書類
・透析業務経験年数証明書
・入力表
・申請書類提出用封筒貼り付け用紙
・資格を証明できる免許証のコピー
・顔写真付き本人確認書類のコピー
 
透析療法合同専門委員会のホームページよりダウンロード可能。
申込みは『特定記録郵便』での郵送のみ受付、定員に達した時点で受付終了。

2. 審査結果通知

3.認定講習会の受講
◆eラーニングでの受講のみ
 場所:インターネット環境があればどこでも受講可
    開講期間中は繰り返し視聴可
 定員:800名
 受講料:36,000円
出典:「第43 回透析技術認定士認定講習会および認定試験」のお知らせ(令和4年開催)

4. 認定試験
◆開催時期
年1回、毎年5月中旬~下旬の日曜日に実施

◆試験会場
東京都内(詳細は2月ごろ確定)

◆受験料
10,000円

5.合否通知

6. 認定登録手続き
認定登録料:5,000 円
資格の有効期限は5年間で、5年毎に更新が必要です。

●資格団体
透析技術認定士|公益財団法人 医療機器センター

4.透析技術認定士をとるのは難しい?

透析技術士の試験範囲は、医療系・工学系の専門的な要素が多いため、決して簡単とはいえないでしょう。

近年の出題傾向から
・血液浄化療法の歴史
・クリアランス
・限外濾過率の計算
・ダイアライザの性質
・水処理システム
・疾患と治療法
・透析液・補充液
・抗凝固
・バスキュラーアクセス
・腎不全・透析の合併症
・腎移植
・透析に関する医療費

などを中心に勉強することをオススメします。

出題される内容はテキストの範囲内になりますので、しっかりとテキストの内容を理解しましょう。また災害時の対応、診療報酬改定、ガイドライン改定といった時事に関する最新情報を把握しておくことが大切です。

近年の合格率は70%前後を推移している状況にあります。
一時期50%前後だったことを考えると、合格率が上がっていることがわかります。
(参照:透析技術認定士認定試験実施状況)

現在、透析療法合同専門委員会による講習会がeラーニングという形式で受講できるようになったことが大きく影響しているのかもしれません。

5.透析技術認定士をとる事のメリット・デメリット

看護師が透析技術認定士の資格を取得するメリットとして、まずキャリアアップが挙げられます。
一度取得した技術は勤務先が変わっても基本は同じなので、どこでも通用します。
手当がつく求人もあるので、そういった施設であれば夜勤がなくても比較的高給与が狙えるかもしれません。

また転職する場合にも、資格を保有していることで透析の専門知識・技術を所有している看護師として重宝されるのではないでしょうか。

デメリットというと、試験会場が東京都内のみのため、遠方から受験する場合は、資格取得にかかる費用の他、交通費など自己負担が増えてしまうという点です。
ただ透析技術認定士の資格を所有していることで待遇がよくなるケースも多いため、資格取得にかかる費用はすぐに回収できると考えてよいのではないかと思います。

6.透析技術認定士の現状と今後

人工透析は腎臓機能に問題を抱える患者が尿毒症になるのを防ぐために必要な処置で、多くの場合、生涯にわたって継続的に行っていかなければなりません。

高齢化が進むにともない、透析を必要とする患者は今後しばらく増え続けると考えられます。
そのため透析に関する専門知識・技術を持つ看護師の需要は高く、将来的に長く役立つ資格であると考えられるでしょう。

透析技術認定士は専門知識や確実な穿刺技術が必要なことから、挑戦したくても足踏みしてしまう看護師が多くいます。
確かに覚えることはたくさんあり、学習時間の確保も必要なため簡単なことではありません。

しかしその先にあるスキルアップ、人口透析科や透析センターでの待遇や給与、長期的に患者をサポートできるやりがいなど、資格を取得することで得られるものも多いため、少しでもやってみたいという気持ちがあればぜひ挑戦してみることをおすすめします。

※掲載情報は公開日あるいは更新日時点のものです。制度・法の改定や改正などにより最新のものでない可能性があります。