転職ノウハウ

看護師の志望動機 厳選200例文!【2020年版】テーマ「経験あり(3~7年程)」

志望動機

更新日:2020.09.03

公開日:2017.11.07

もくじ

総合病院からリハビリ専門病院へ転職する看護師さんの志望動機

看護師免許を取得後、循環器、呼吸器内科、心臓血管外科病棟で5年間経験を積みました。今までの業務の中で、急性期から慢性期の患者様を看ているうちに、在宅復帰という分野に興味を持ち、患者様とゆっくり向き合えるような看護をしたいと考えるようになり、在宅に帰る前に入院する場所である貴院で看護を学びたいと思いました。混合病棟で培った知識、技術を生かし貢献できればと思い、この度志望いたしました。

健診センターへ転職する看護師さんの志望動機

これまで5年間産婦人科で勤務してまいりましたが、予防医学や健康増進に携わる仕事をしたいと考えるようになり、健診センターで働きたいと思うようになりました。健診センターでの勤務経験はありませんが、これまでの病棟での臨床経験を活かしながら予防医学の看護を積極的に学び、健診センターの仕事を理解して経験を積んでいき、受診者の方の健康への手伝いをしたいと思い、この度志望致しました。

もっと深く患者様と関われる施設へ転職する看護師さんの志望動機

小さい頃おばあちゃんっ子だった私は、病院に通院している祖母に着いて病院に通っており、その頃関わってくださった看護師さんたちがすごく親切で優しく、気付いたら看護師になりたいと思うようになっていました。
現在3年目ですが、もっと深く患者さまと関わりたいと強く思っております。慢性疾患をしっかりと学び、患者さまの変化にいち早く気付きたいと思っております。貴院でお勤めする際は、人一倍努力して参りますので、よろしくお願いいたします。

転居のために同業種であるが転職する看護師さんの志望動機

わたしは看護学校を卒業後、重症心身障害者様の看護に4年間携わって参りました。
「治療だけでなく生活の場」にいる看護師として、利用者様のより良い生活とは何かを常に考えるように、心がけながら勤務してきました。
転居により退職をしましたが、今後も重症心身障害者看護に携わっていきたいという気持ちが強く志望させていただきました。まだ経験が浅いため、今後さらに勉強をさせていただきたいと思います。

急性期から回復リハ病棟への転職する看護師さんの志望動機

看護師としては6年間勤務してきましたが、病棟経験・知識はまだまだ未熟です。
今後のキャリアを考えた際に、回復リハビリ病棟で患者様とのコミュニケーションをしっかりとり、また他職種との連携も行える場所で少しでも長く続けられる病院を選びたいと考えました。また、患者様や家族の立場を理解できる看護が学べ、自分のライフスタイルも確立できる病院と感じ、貴院を志望しました。

療養型病院から精神科病院へ転職する看護師さんの志望動機

約3年間療養型病院にて、内科疾患と精神疾患の合併症となってしまった患者さんや、認知症を患っている方への看護をメインに看護業務をしてきました。
その中で患者様の精神面のケアに興味を持つようになり、専門的に精神看護を学びたいと思いこの度志望致しました。
精神科患者様への対応は初めてですが、いち早く独り立ちできるよう尽力して参りますので、ご検討宜しくお願い致します。

病院(HCU)から治験コーディネーターへ転職する看護師さんの志望動機

看護師資格を取得後、これまでHCU において約 6 年勤務いたしました。
その中で、降圧薬や心不全治療薬の治験をおこなっている患者様と接する機会があり、新薬の誕生するプロセスに興味を持つようになりました。
治験コーディネーターとして新薬の開発に関わることで、今までとはまた別の切り口から患者様のより良い生活に貢献していけるのではないかと思い、今回貴社を志望させていただきました。

透析分野でさらにスキルアップしたいため転職する准看護師さんの志望動機

現職で透析を学び4年目となります。
日々の業務で透析患者様と関わり、透析の奥深さを知ることができました。
この度は、私自身のスキルをさらにアップさせる為志望させていただいており、人工透析患者様をたくさん受け入れている貴院に魅力を感じています。
今までの経験を活かしていき正看護師を目指し、より自身を伸ばしていける環境に身を投じたいと思っております。

整形外科から予防医学の分野へ転職する看護師

4年間の整形外科病棟での勤務では、短期だけではなく長期入院の患者さんも多い為、患者さんの個性を大切に深く時間をかけて信頼関係を築いていました。そして、整形外科の救急では上肢・下肢・脊椎の患者さんを受け持ち、レポートやケーススタディを行い、勉強してきました。
今回、以前から興味がありました予防医学の分野に転職をしたく退職しますが、整形外科病棟で4年間働いた経験を活かし、貴院で貢献できる看護師になりたいです。

病棟経験の多いが外来勤務を望む看護師さんの志望動機

前職では病棟経験4年外来経験半年で勤務してきました。今までの外来経験を活かし看護を実践したいと思います。外来業務は病棟と違う部分が多いと思いますが、貴院は教育制度が充実しておりますので、院内研修に積極的に参加しつつ、病棟での臨床経験を活かして、外来で長く勤めていきたいと思っております。
外来だからこそ患者様とのコミュニケーションを大切にし1人1人の方に「寄り添った看護」していきたいと考えております。

急性期病院から回復リハ病院へ転職する看護師さんの志望動機

6年間勤務する中で、急性期における患者様や家族との関わり、看護師としての役割を多く学んできました。
今後の看護師人生を考えた際に、私は病棟での経験をもっと積みたいと感じており、その中でも、在宅復帰を目指す患者様に関わりたと考えております。
患者様や家族へのADL自立においての看護師の介入や、他職種連携による看護師としての役割を少しでも長く学び続けることができる病院でしっかりと学びたいと考えており、またクリニカルラダー制度を取り入れられている点にも魅力を感じ志望いたしました。

総合病院からリハビリテーション病院への転職する看護師さんの志望動機

これまで総合病院で勤務してまいりましたが、もっと患者さまと密接にかかわっていきたいと思うようになり、地元密着型の医療を展開されている貴院を志望いたしました。
前職ではリハビリテーション科で5年勤務し、経験と知識を身に付けておりますので、回復期リハビリテーションに注力されている貴院で即戦力として活躍できると自負しております。
リハビリテーション科では、特に専門スタッフとの連携が重要になると感じておりますので、持前のコミュニケーション力を発揮していきたいと思います。

急性期病院から介護施設へ転職する看護師さんの志望動機

看護師をしている母親が老健で働いている事や、祖母が貴施設を利用していたこともあり、以前より興味を持っておりました。
これまで約5年間急性期病院や離島医療に従事しており、特に離島医療では急性期病棟では経験できなかった患者様との関わりを主に学ぶことが出来ました。
また地域包括病棟に在籍している為、利用者さんが退院後の生活をどのように過ごされているかにも興味を持つようになりましたので、今回貴院での勤務を志望しました。
看護師の役割を明確にし、利用者様の自立を支援させて頂きたいと思っております。

結婚出産のため、福利厚生の充実した施設へ転職する看護師さんの志望動機

私は看護師として5年間病棟で勤務してきました。
以前の職場では障害者一般病棟で勤務し患者さんとゆっくりと向き合う看護ができましたが、勤務していく中で急性期における看護スキルをアップをしたいという気持ちが強くなりました。
急性期の看護からしばらく離れていたためスキル・知識面での不安がありますが、1から学ぶつもりで取り組んでいきたいと考えております。
また、近々結婚も考えており、スキルアップをしながら結婚後も働いていける病院をさがしていたところ、既卒の看護師にも入職後経験や背景に応じてサポートしていただけ、さらに、保育所完備であるということでしたので、この度志望しました。

透析経験を活かした転職をする看護師さんの志望動機

今まで循環器内科病棟で3年勤務しており、その中で、透析が必要になる患者さんや実際に透析を受けている患者さんと関わる機会が多くありました。
透析患者さんは年々増加しており、透析治療のできる看護師も求められている傾向にあります。
透析看護という世界は患者さんの命に直結する場面が非常に多く、沢山の勉強が必要かと思いますし、患者さんにとって透析は生活の1部ですので、少しでも安全で安心した生活が送れるようにしっかりとした知識を身に着けて、患者さんと接してきたいと思い、この度志望致しました。
将来的には透析専門の看護師としての資格をとった後、貴院でスペシャリティを発揮し、働いていきたいと思っております。

内科・救急外来から循環器科へ転職する看護師さんの志望動機

資格取得後4年間、内科外来・救急外来にて手技を学びました。
救急外来では、様々な疾患を抱えた患者様の看護をする中でも心疾患を控える患者様が多く、私自身苦手な部分がありました。
克服しようとICSLや心電図の学習会などに積極的に参加をし、そんな中で循環器を極めていきたいと感じる様になりました。
循環器専門病院である貴院にて、自身の手技をさらに磨き専門性を高めていきたく、志望致しました。

病院眼科から眼科専門へ転職する看護師さんの志望動機

私は、いままで眼科で5年間看護師業務に従事し、オペ室や病棟での勤務によりスキルや知識を身に着けました。
以前勤務していた病院では、総合病院ということもありなかなか患者に寄り添って看護業務に従事することができませんでしたが、今後は今までの眼科経験を生かしながら患者の心に寄り添った看護業務を行い、新たな業務に関しても1つ1つ学び、自己の技術や知識を高めていきたいと思っています。

療養型病院から老人介護施設へ転職する看護師さんの志望動機

これまで5年間、療養型の病院で看護業務を行ってきました。
主に高齢の患者様と接する機会が多く、寄り添った看護に取り組んできましたが、様々な患者様と接する中で、もっとそばで寄り添い日常生活を支えられるような関わり方をしたいと思うようになりました。
貴法人では、これまでの経験を活かしながら、ご利用者様とより近い存在として寄り添った看護を提供したいと考えております。

救命救急やがん看護に力を入れている病院へ転職する看護師さんの志望動機

私はこれまで急性期病院にて3年間勤務をして参りました。
救命救急センターや地域がん診療連携拠点病院であったことから、入退院や手術件数も多く、毎日多忙な環境でした。
その中でも医療チーム全体で患者様について話し合い、医療・看護提供をし、その結果患者様から感謝の言葉を頂ける事に看護師としてやりがいを感じることが出来ました。
貴院は救命救急やがん看護にも力をいれており、様々な医療チームもありますので、多くの症例を学ぶことができると感じました。
私もチームの一員として患者様に満足して頂けるようなケアの提供を行っていきたいと考え、この度志望させて頂きました。

療養から急性期へ転職する看護師さんの志望動機

私は老人看護をやりたい為に新卒から3年間療養型病院で勤務しましたが、もう一度1から看護師としての基礎を身につけ、スキルアップしたいと考え急性期病棟で働こうと決意し、貴院を志望いたしました。
急性期病棟は急変や緊急入院が多いと伺っていますし、急性期病棟と療養期病棟のスピードが違うことが学生時にも肌で感じておりましたが、看護師として貴重な経験ができ、たくさんのことを学べる機会だと考えております。
貴院での院内研修や勉強会に積極的に参加しながら、急性期看護を身につけ、看護師として着実に成長していきたいと思っております。

看護師の志望動機 厳選200例文!【2020年版】テーマ一覧

◆「総合」

◆「新卒」

◆「経験が浅い(3年未満)」

◆「経験豊富(7年以上)」 

◆「ブランクあり(復職)」 

◆「転職回数が多い」

◆「美容クリニック・美容外科」

◆「その他」