仕事・スキル

特定看護師のお仕事ってどんなの?仕事内容・資格・特定看護師のメリットとは?

笑顔の看護師

更新日:2021.02.16

公開日:2018.04.09

看護師の皆さんは、特定看護師をご存知でしょうか?簡単に説明すると、ケアが必要な患者さんに対して医師の指示を待つことなく処置ができる看護のプロフェッショナルともいえます。 

ここでは新しい形の看護師像である「特定看護師」が、どんな目的で設けられたのか?特定看護師の仕事内容や特定行為研修の受け方についてご紹介します。 

そもそも特定看護師ってなに?

特定看護師とは、特定行為研修を修了した看護師のことをいいます。2015年10月に厚生労働省が施行した「特定行為に関わる看護師の研修制度」によって特定看護師はうまれました。特定行為研修を修了することで看護師業務がどのように変わってくるのでしょうか。 

例えば、下記の図のように作業を工程を減らすことができ、患者さんへよりタイムリーなケアを提供することができます。 

16134382385006.jpg

研修を受けることで、医師の判断を待たずに医師が作成した手順書をもとに個人の判断で医療行為を行うことが可能です。つまり、それだけ患者さんのケアを円滑に行うことができるとともに、自身の活動の範囲を大きく広げることができるのです。 

特定看護師を施行した目的

特定看護師制度の設立の背景には、国が莫大な医療費を軽減するために「在院日数の短縮化」を推進したことにあります。 

しかし、これが原因で医師の業務量が増えてしまう事態が起こってしまいました。 

ただでさえ、医師の数が患者に対し不足していると同時に、医療も進歩し専門的になっていく中でこれは非常に大きな問題となりました。 

そこで、看護師の役割を拡大することによって医師の負担を軽減し、医療行為の安全性を高めると共に、より効率的な医療行為を行えるようにと提案されたのが「特定看護師」の制度なのです。 

この制度によって、医師が不在、現場にすぐに駆けつけるのが難しい状況の時など、患者の急変に看護師の判断で医療行為が行えるのは大きなメリットになります。 


では、そんな特定看護師が行える『特定行為』とは具体的にどのような処置が行えるのでしょうか。 

特定行為区分の内容

特定行為は、大きく21区分に分かれており、そこからさらに38行為に細分化されています。 

具体的な種類は以下のとおりです。 

特定行為区分の名称 特定行為 
呼吸器(気道確保に係るもの)関連 ・経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整 
呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連 ・侵襲的陽圧換気の設定の変更
・非侵襲的陽圧換気の設定の変更
・人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整
・人工呼吸器からの離脱 
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連 ・気管カニューレの交換 
循環器関連 ・一時的ペースメーカの操作及び管理
・一時的ペースメーカリードの抜去
・経皮的心肺補助装置の操作及び管理
・大動脈内バルーンパンピングからの離脱を行うときの補助の頻度の調整 
心 嚢ドレーン管理関連 ・心嚢のうドレーンの抜去 
胸腔ドレーン管理関連 ・低圧胸腔内持続吸引器の吸引圧の設定及びその変更
・胸腔ドレーンの抜去 
腹腔ドレーン管理関連 ・腹腔ドレーンの抜去(腹腔内に留置された穿刺針の抜針を含む。) 
ろう孔管理関連 ・胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換
・膀胱ろうカテーテルの交換 
栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連 ・中心静脈カテーテルの抜去 
栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連 ・末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入 
創傷管理関連 ・褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
・創傷に対する陰圧閉鎖療法 
創部ドレーン管理関連 ・創部ドレーンの抜去 
動脈血液ガス分析関連 ・直接動脈 穿せん刺法による採血
・橈とう骨動脈ラインの確保 
透析管理関連 ・急性血液浄化療法における血液透析器又は血液透析 ろ過器の操作及び管理 
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 ・持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
・脱水症状に対する輸液による補正 
感染に係る薬剤投与関連 ・感染徴候がある者に対する薬剤の臨時の投与 
血糖コントロールに係る薬剤投与関連 ・インスリンの投与量の調整 
術後 疼痛管理関連 ・硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整 
循環動態に係る薬剤投与関連 ・持続点滴中のカテコラミンの投与量の調整
・持続点滴中のナトリウム、カリウム又はクロールの投与量の調整
・持続点滴中の降圧剤の投与量の調整
・持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整
・持続点滴中の利尿剤の投与量の調整 
精神及び神経症状に係る薬剤投与関連 ・抗けいれん剤の臨時の投与
・抗精神病薬の臨時の投与
・抗不安薬の臨時の投与 
皮膚損傷に係る薬剤投与関連 ・抗癌剤その他の薬剤が血管外に漏出したときのステロイド薬の局所注射及び投与量の調整 

(参考:厚生労働省『特定行為区分とは』)
 

診療報酬改定による『特定看護師』への再評価

2020年の診療報酬改定で「医療従事者の負担軽減、働き方改革」が重要課題となっています。その内容のうち特定行為を修了した看護師に対して診療報酬上の評価が増えることとなりました。 

急性期病院を対象とする総合入院体制加算のなかで、 “特定行為研修を修了した看護師が複数配置し、勤務医の負担を軽減すること”が新たに条件として加えられたのです。 

2024年4月からの「働き方改革」により、時間外労働の上限は960時間以内に設定されることとなります。そのためには他職種へのタスクシフティングを積極的に行う必要があり、今後はさらに特定看護師の需要が高くなるのではと予想されます。 

診療報酬改定について詳しく知りたい方はコチラ 
【令和2年/2020年度版】看護師向け診療報酬改定のポイントについて解説!

特定看護師の仕事内容

特定看護師の仕事は、通常行う看護業務と同じく実際に扱える医療行為自体に変わりはありません。しかし、医師が作成した指示書に基づいて、より早く患者さんの処置を行えるのが特定看護師の特徴です。 

症状に合わせてタイムリーに対応できることから、急性期医療や在宅医療など自身の判断力が求められる現場で大いに活躍することができます。そのほかにも、訪問看護ステーションや介護施設など患者さんの症状をケアするだけでなく家族ケアを行うのにも特定看護師のスキルは役立ちます。

特定看護師になるには

特定看護師になるためには「特定行為研修」を受講しなければなりません。現在就労中の方であれば、管理者と相談しつつ働きながら研修を受講していきます。研修は、厚生労働省が指定する研修機関で受けることができます。 

研修にかかる期間ってどれくらい?

特定行為研修は、eラーニングと集合研修、臨地実習を約1年かけて受講します。そのため、希望者は事前に研修を受けるための準備を怠らないようにしましょう。 

研修を受けるにあたって注意しなければならない工程は以下のとおりです。 

1、検討段階  
特定研修制度について正確な情報を把握する 
自身や勤務先の現状を踏まえて、受講することの必要性を検討する 
勤務先の管理者に受講希望を伝え、相談する 

2、研修派遣前  
研修受講の目的と修了後の活動について話し合う 
受講先の研修機関を探す(都道府県で探すか受講内容で探す) 
研修期間中の研修と勤務のスケジュールを管理者と検討する 

3、研修派遣中  
研修の進捗状況を所属施設と共有 
終了後の活動について、管理者と相談 

4、研修終了  

大切なことは“特定行為研修ついて正確な情報を把握する”こと、そして“勤務先の管理者と入念にシフトの調整を行う”ということです。研修の日程によっては、ほかの看護師とシフトを調整しなければならないこともあるでしょう。 

また「看護活動の幅を広げるために、特定行為研修を受けたい。だけど働きながらどうやって進めていくのだろう…」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 

そこで2021年に実施される認定看護師および在宅領域の看護師を対象とした神戸市の特定行為研修の内容をもとに全体のスケジュールについて解説していきます。 

16134382461360.jpg

集合研修は、共通科目と特定行為区分別の科目。共通科目は250時間、特定行為区分別の科目は特定行為区分によって異なります。最近ではeラーニング商材を自宅や勤務先の施設で利用することも可能なケースが増えてきました。研修を受けるには環境が厳しいといった方は、一度研修機関に相談してみましょう。 


(参考元:2021年度 兵庫県神戸市の特定行為研修) 

費用はいくらかかるの?

費用は開講する施設や特定行為区分の内容により異なります。ですので、どの科目を習得したいのかを事前に把握しておくことが大切です。 

参考事例として、2021年に開講される神戸研究センターと大阪市立大学医学部附属病院の募集要項をもとに、区分別科目ごとの費用を挙げてみました。 

神戸市の神戸研究センターの場合 

受講科目 一般価格(円) ※税別会員価格(円) ※税別
(1)共有科目 636,000 402,000 
(2)必修区分別科目 認定看護師および在宅領域の看護師を対象 79,000 50,000 
(3)選択区分別科目 ①感染に係る薬剤投与関連 91,200 57,000 
②精神及び神経症状に係る薬剤投与関連 129,000 81,000 


大阪市立大学医学部附属病院の場合

受講科目 受講料(円)※税込 
共通科目306,000 
区分別科目 呼吸器(気道確保)関連 60,000 
呼吸器(人工呼吸療法)関連 73,000 
呼吸器(長期呼吸療法)関連 63,000
動脈血液ガス分析関連 64,000 
英養水分管理に係る薬剤投与関連 73,000 
血糖コントロールに係る薬剤投与関連 46,000 

Eラーニングを活用している研修機関であれば、共通科目に約30万円~50万円ほどかかります。さらに、区分科目ごとに受講料は異なり、希望する科目によっては移動費が必要となりますので、あらかじめ受講したい科目と開講される場所を調べておくとよいでしょう。 

嬉しい2つの助成金制度

特定行為研修を受ける際に、2つの助成金を活用することができます。 

■教育訓練給付制度
特定行為研修が修了した際に、受講者本人が指定機関に支払った費用の20%相当(上限10万円)が給付される制度のことです。 
詳しくはハローワークホームページに概要欄が載っておりますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。 
▶ハローワークホームページ『教育訓練給付制度』 


■人材開発支援助成金 
こちらはおもに事業主に対しての支援制度となります。研修にかかる必要経費や研修中の賃金を一部助成してくれるものとなります。概要欄は、厚生労働省のホームページに記載しておりますのでご覧ください。 
▶厚生労働省ホームページ『人材開発支援助成金』 

『特定行為区分』を4つのパッケージ化に!

当初「看護師の特定行為に係る研修制度」が施行された際には、特定行為区分を単位ごとに受ける必要がありました。それにより時間や費用、労力もかかってしまい、結果制度開始から数年が経過してもなお目標値の10万人には遠く及ばない状況となっています。 

そこで平成31年4月におこなわれた厚生労働省令の改正により、「在宅・慢性期領域パッケージ」「外科術後病棟管理領域パッケージ」「術中麻酔管理領域パッケージ」といった4つのパッケージ化をすすめる方針を決めました。 

例えば、下記の図は在宅・慢性期領域パッケージの内容となります。 

特定行為区分 特定行為 改正前時間数 改正後時間数 
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連 気管カニューレの交換 21 8+5症例 
ろう孔管理関連 胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換 48 16+5症例 
膀胱ろうカテーテルの交換 -
創傷管理関連 褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去 72 26+5症例 
創傷に対する陰圧閉鎖療法 -
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整 36 -
脱水症状に対する輸液による補正 11+5症例 
区分別科目小計 177 61+各5症例 
合計時間(共通科目+区分別科目) 492時間 311時間+各5症例 

このように、関連する項目をまとめて受講できることから研修にかかる時間を短縮するこができるのです。限られた時間のなかで関連する科目を複数受講したい方におすすめですよ。 

(参考:厚生労働省『特定行為研修制度に関するトッピクス』) 

 

特定看護師になるメリット

特定看護師になるとどのようなメリットが出てくるのでしょうか。 

考えられる大きなメリットは“キャリアアップにつながる”ということ。医療現場において経験とスキルはとても重要な要素となっています。人命を預かる仕事ゆえに、常に迅速な対応が求められます。医師の到着を待つことなく処置ができる特定看護師はどこの現場においても活躍できるスキルです。 

また、「特定看護師になると給料は上がるの?」と気になる方も多くいるのではないでしょうか。特定看護師は認定看護師や専門看護師よりも上位の職種となります。厚生労働省が管轄としていることから、大幅に給与が上がることも十分にありえます。 

さらに、厚生労働省は2025年までに10万人を超える特定看護師の養成を示していることから、診療報酬の改定しかり今後何かしらの形で特定看護師に対するメリットが増えていくのではと予想されます。 
 

さいごに

16134404176843.jpg

国は2025年に掲げた目標に向かって、今後はさらに特定看護師の育成に注力していく方針です。今後の診療報酬や待遇の底上げも期待されますし、研修で得た知識や判断力、対応力は必ずどの医療現場においても役立てることができるスキルです。急性期医療から介護施設まで幅白く活躍できる特定看護師の仕事。

皆さんもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。