転職ノウハウ

元看護師が教える!人間関係が良い病院は、面接で〇〇をきけば分かる!

看護師が、笑顔で考え事をしている。吹き出しには、笑顔の医師や看護師。「人間関係が良い病院」の文字

更新日:2020.08.25

公開日:2019.09.19

「人間関係が良い病院なんて、存在しないのかな…」

看護師を続けていると、思わず考えてしまうこともありますよね。
元看護師の筆者が、転職を繰り返した理由も、人間関係でした。

ですが筆者は、人間関係の良い病院に転職できました!!
筆者の転職経験をもとに、人間関係の良い病院の探し方をお伝えします。
面接できくべき質問は必見!

人間関係の良い病院を見分ける3ステップ!

病院を見分ける

筆者が、人間関係の良い病院に巡り合えた経験を振り返ると

病院探し・求人探し→病院見学→面接

の3ステップに、病院を見分けるポイントがありました。
3ステップの要点ごとにお伝えします。

ステップ①人間関係の良い病院の見つけ方
特に、求人情報で見るべきポイントです。

人間関係が良い病院は、有給消化率が高い
看護師をやっていると、休むのを遠慮してしまうことがありますよね。
看護師の有給消化率は低く、有給取得が年間5日以下の看護師が、全体の約3割というデータもあります。
常勤では年間、有給を10~20日もらえるので、5日以下では半分も消化できていないことに…。

人間関係の良い病院は、気遣いはしても遠慮する必要はありません。
お互いに気持ちよく仕事をしているので、有給申請も快く受け取ってくれます。
筆者の体感ですが、有給消化率90%を超える病院は、人間関係が良いです!


◆残業時間と人間関係の悪さは比例する

「先輩が残ってるのに、先に帰るなんて」
言われたことがある方も多いですよね。
新人いじめの常套句です。

残業しなければ仕事が終わらないほど、人が足りない病院。
忙しくて疲れるから人間関係が悪くなり、それを理由にスタッフが辞めるから余計に忙しくなる…悪循環です。

人間関係が良い病院は、定時までは業務にうちこみ、定時になったらぱっと帰ります。
オンとオフのメリハリがついてるんですね。

残業の少ない病院は、求人にアピールポイントとして書かれていますのでチェックしましょう。
転職アドバイザーや口コミサイトを利用して、客観的な意見をきくのも大切ですよ。

ステップ②病院見学でわかる人間関係
求人で良さそうな病院があったら、必ず病院見学に行きましょう!
実際に見て分かることもありますからね。

見学者対応に、スタッフの余裕があらわれる
人間関係の良い病院は余裕があるので、見学者対応も丁寧です。
担当者はもちろん、担当ではないスタッフも、見学者に笑顔で対応してくれます。

廊下ですれ違ったスタッフが挨拶してくれるか、バタバタと見学を急かされている感じはないか、といった点に注意しましょう。

◆スタッフの人間関係が良い病院は、患者さんもいきいきしている
入院経験がある方は分かると思いますが、スタッフの雰囲気は患者さんに伝染します。
看護師の表情からなんとなく察したり、ナースステーションの噂話が耳に入ったり…。
筆者は、怪我で患者の立場を経験しましたが、医師と看護師の派閥が垣間見えて
「絶対にここでは働かないぞ」と密かに誓ったことが。

反対に病院見学で微笑ましかったのは、売店にいる患者さんが、通りかかったスタッフに笑顔で駆け寄る姿でした。
普段から良好な関係を築けているんだろうなと思い入職し、思っていた通り楽しく働けました。

ステップ③必見!面接できくべき質問
面接は質問に答えるだけではありません。
こちらからも質問できるチャンスです。

「育休や産休をとっている方はいますか?」
有給の項目でもふれましたが、人間関係の良い病院は、休むときに遠慮がいりません。
ただ有給については少しききにくいので、育休や産休についてききます。
「いつか子どもをもつかもしれないので」と言えば自然にきくことができます。

育休を積極的にとらせる病院なら、体調不良などの急な休みにも快く対応してくれます。
育休をとる方は、復帰後も子どものために、急に休むことが多くなるからです。
スタッフだけではなく、スタッフの家族の健康にも気を配ってくれる職場だと分かります。

「もしも内定がいただけた場合、どんな勉強が必要ですか?」
「看護師としてまだまだ勉強します」
という意欲を示しつつ、病院側の考えも知ることができます。

①「こういう経験や知識があるとスムーズに働けますよ」
②「でももちろん、入職してからトレーニングしますよ」


両方の回答がもらえればベスト!
単に「入職してからで大丈夫ですよ」とだけ言われた場合は要注意です。
筆者がそう言われ入職したときは、こちらのスキルがどの程度かを全く把握されておらず、教育体制も整っていませんでした。
準備が整っているからそう言うのではなく、どんなスキルが必要か、どんなスキルを持っているかを把握していないから「大丈夫ですよ」と答えるしかないのです。

特に、経験の少ない科に転職する場合は、この質問が重要です。

苦手な人間関係別!おすすめの病院や働き方

タイプ別

人間関係の良い病院を探すのと同じくらい大切なのが、自分が苦手な人間関係を知ること。
「スタッフは、とっても仲がいいです」と言われると良い気がしますが、
「親睦を深めるために毎日飲み会です」と言われると、苦手な方もいますよね。

タイプ別に、おすすめの病院や働き方をお伝えします。


女性特有のドロドロが苦手なら、精神科病院!
筆者がこのタイプで、女性だけの場所だとよく孤立します。
学生時代も「看護師、合わないのかなぁ」と悩んでいました。

精神科は男性看護師が多く、入職したときは「これぞ私の居場所!」といきいき働けましたよ!

一般科と特に違いを感じたのは、「言いたいことは直接言う」風土でした。
女性ばかりだと、陰口があいさつ代わりだったり、言われなくても察しろみたいな空気がありますよね。
男性が多いとそれがなく、気疲れせずにすみました。

男性看護師委員会の調べでは、男性看護師の3割以上が精神科に勤めており、精神科看護師のほぼ半数が男性とのこと。
筆者の体感とも合っています。

「女性だけだと疲れる…」
という方は、精神科がおすすめです。



体育会系のノリが苦手なら、慢性期病院!
看護師は体力的にハードな仕事なので、体育会系の人が多いです。

「きつい言葉が飛び交うから嫌」
「飲み会が多くてしんどい…」

という方もいますよね。

慢性期や終末期は、患者さんとゆっくり向き合うので、看護師も穏やかな人が多いです。

特定のタイプが苦手になりやすいなら、大規模病院!
「人付き合いは好きだけど、一回苦手になった人はとことん苦手で…」
という方には、大規模病院がおすすめです。

スタッフ数が多いので、特定の人と顔を合わす回数が少なくなります。
特に夜勤もやる場合は、数えるほどしか顔を合わさないことも。
「もう1週間くらいあの人みてないなぁ」なんてこともざらです。


集団行動が苦手なら、夜勤専従!
通信簿に「協調性がない」と書かれた方はこちらに。
筆者も同じタイプです。

日勤は集団行動になりますが、夜勤はどうでしょうか?
「一人で業務にあたるから気楽」
という方も多いのでは。

看護師には、夜勤だけをする働き方もあります。
「夜勤だけって、夜勤バイトのこと?」
いえいえ。常勤で夜勤のみ、という求人もありますよ。

夜勤明けなら飲み会などに誘われることもないので、プライベートの付き合いをしたくない方にもおすすめです。


とにかく人間関係で悩むのがいやなら、単発バイト!
人間関係で悩むのは、同じ人と何回も顔を合わせるからです。
1度しか会わない単発バイトなら、人間関係のトラブルに巻き込まれることはありません。

単発バイト経験者さんにインタビューをしたとき
「継続的な付き合いが発生しなくて良い」
と言われてました。

看護師の人間関係を相談するには

相談したいときには

今まさに人間関係で悩んでいる方は、こちらに相談するのがおすすめです。

同じ看護師に相談できる、ナースセンター
ナースセンターは、看護協会が運営している施設です。

それぞれの都道府県にあり、看護師の相談業務も行っています。
同じ看護師に相談できるのは、心強いですね!

◆都道府県ナースセンターの一覧


看護師の相談にのるプロ、転職支援サイト
「人間関係で悩んでるけど、転職したいわけじゃないんだけど…」
という方もいると思います。

ですが転職サイトは「まず面談をし、必要であれば転職につなげる」というものです。
転職しなくても、看護師さんの経験談をもとにしたアドバイスを受けられます。
相談だけ、と利用される方も多いですよ。

◆転職支援サイト「医療ワーカー」への相談はこちら


専門的な支援が必要なら、カウンセリングや心療内科
「仕事に行くのが怖い」
「涙が勝手に出る」

など、人間関係でつらい思いをされている方は、専門家に相談してください。

心療内科ときくと構えてしまうかもしれませんが、内科も心療内科も同じ病院です。
風邪をひいたときに内科にかかるような気軽さで、心の体調不良を相談してみて下さい。

筆者も相談した経験がありますが、担当医師が親身に相談にのってくれたので、思わず泣いてしまいました。

まとめ 人間関係の良い病院なら、仕事に行くのが楽しくなる!

楽しく働く

◆人間関係が良い病院は、しっかり休める病院!
◆患者さんや見学者への対応からも、良い病院か分かる!
◆タイプによっておすすめの病院・働き方がある!
◆いま悩んでいる人は、相談してみよう!


転職経験から、人間関係の良い病院選びについてお伝えしました。

筆者が人間関係で悩んでいた時は、休みの日でも「明日仕事だ…」と憂鬱な気持ちになっていました。
ですが、人間関係の良い病院に勤めてからは、出勤して同僚と話すのが楽しみになりました。

これを読んだ方が、同じように楽しく仕事ができるのを願っています。

関連記事