転職ノウハウ

保健師の年収は看護師より高い?年収アップするための方法も解説

給与支給明細書の写真

更新日:2023.01.06

公開日:2022.12.12

保健師さんの年収は、看護師さんよりも高いのでしょうか?「看護師さんはお給料がいい」という話はよく聞きますが、「保健師さんはお給料がいい」という話は、あまり聞きません。そのため、どのぐらいなのか見当がつかない人もいるでしょう。

そこでこの記事では、保健師さんと看護師さんの平均年収を比較し、保健師の中でも特に年収のいい職種や、保健師さんが年収アップするための方法についても解説します。

保健師の平均年収は約481万円、看護師は約498万円

保健師の平均年収は看護師よりも17万円ほど低い

保健師さんの平均年収は、厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」をもとに算出すると、約481万円です。それに対して看護師の平均年収は、約498万円です。

職種月収賞与年収
保健師約32万円約92万円約481万円
看護師約34万円約85万円約498万円

【出典】厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」をもとに算出(千円台で四捨五入)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450091&tstat=000001011429

このことから、保健師さんの平均年収が看護師さんよりも17万円ほど低いことがわかります。

「保健師は看護師資格が必要な上に、保健師養成課程も修了しなければならない資格なのに、なぜ年収が安いの?」と思う人もいるかもしれませんね。

でもこれには理由があり、看護師さんの多くが夜勤を行っているのに対して、保健師さんは日勤勤務のみの人も多く、夜勤手当が影響していると言っていいでしょう。実際、基本給のみであれば、看護師さんよりも保健師さんの方が高めに設定されています。

就職・転職する時点での保健師の平均年収は380万円

では、実際に就職・転職する時点での保健師さんの年収はどうでしょうか?医療ワーカーの求人情報をもとにしたデータによると、正看護師さんの平均年収が約430万円なのに対して、保健師さんの平均年収は約380万円と、50万円ほど年収が低くなっています。

そのため、現実の就職・転職においては、「看護師さんよりも年収がだいぶ低い」と感じる人もいるかもしれません。

保健師助産師正看護師
380万円481万円430万円

【出典】医療ワーカー「全国の看護師の平均年収」
https://iryouworker.com/avg-year/ 
ちなみに、助産師さんの平均年収は約481万円あり、看護師さんよりも約51万円高く、保健師さんよりなんと101万円も高くなっています。

助産師さんの平均年収が高い理由は、資格の取得が難しいのに加えて、ニーズが高いということがあります。資格取得の難しさという点では、保健師さんも同じですが、ニーズという点では看護師さんや助産師さんに比べてだいぶ少なく、それが給与に反映している可能性もあるでしょう。

年収のピークは50代前半で約574万円

話を聞く看護師さん

では、保健師さんが経験を重ねていくと、いったいどのぐらいの年収を確保できるのでしょうか?

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」をもとに算出すると、保健師さんの年収は若干のデコボコはあるものの、全体的には少しずつ上がり続けていきます。

そして保健師さんの年収のピークは50代前半で、約574万円です。その後50代後半までは500万円台をキープしますが、60代前半になると300万円台まで年収が下がり、60代後半では200万円台となります。

年  齢平均年収(約)
20代前半398万円
20代後半410万円
30代前半397万円
30代後半487万円
40代前半522万円
40代後半494万円
50代前半574万円
50代後半551万円
60代前半356万円
60代後半278万円

【出典】厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」をもとに算出(千円台で四捨五入)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450091&tstat=000001011429

行政保健師・産業保健師などは高年収

行政保健師(地方公務員)の平均年収は約531万円

保健師さんが安定して高収入を得られる代表的な職業といえば、「行政保健師」です。行政保健師とは、公務員の立場で保健所や地域の保健センターなど、行政関係の施設に勤める保健師さんのことです。

総務省の「令和3年地方公務員給与実態調査」を見ると、保健師だけでなく看護師も含めた数字となっていますが、平均月収は32.3万円。賞与が年間4.45ヶ月分とすると、年収は約531万円になります。

ただし、地方自治体の行政保健師の募集は、毎年あるとは限りません。人気のある自治体は倍率が20倍近くになることもあり、狭き門といえます。

産業保健師は、大企業なら600万円以上の収入が期待できる

行政保健師と並んで収入のいい保健師の仕事に、「産業保健師」があります。産業保健師とは、民間企業などで働く保健師のことです。

民間企業のため、どの企業に勤めるかによって、収入は大きく変わります。小さな企業であれば年収400~500万円ほどで、大企業になると600万円以上の年収も期待でき、中には1,000万円近い年収を得られるケースもあります。

ただし、産業保健師も求人はけっして多くはなく、それに対して希望者は多いので、行政保健師と同じく狭き門の職種です。

就業先の規模や地域による年収の違い

笑顔の看護師さん

従業員1,000人以上の就業先では、約518万円の年収を確保

保健師さんの年収を、就業先の規模によって比較してみましょう。従業員1,000人以上の就業先では、約518万円の年収を確保しています。

それに対して100~999人規模の就業先では年収437万円と、80万円以上の差がついています。

10~99人規模の就業先については、2021年は約510万円の平均年収になっていますが、前年の平均年収は約381万円でした。何らかの理由で賞与が多かった可能性があるため、「規模が小さいと年収が高い」とは考えにくいでしょう。

企業規模計月収賞与(年間)平均年収
1,000人以上約35万円約102万円約518万円
100~999人約30万円約73万円約437万円
10~99人約32万円約122万円約510万円

【出典】厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」をもとに算出(千円台で四捨五入)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450091&tstat=000001011429

保健師が年収アップするための方法とは?

ポーズをとる女性

同じ職場に長く勤めて役職に就く

保健師さんが年収をアップさせるための最もオーソドックスな方法は、いま勤めている職場に長く働き続けて、役職に就くことです。

役職に就くことで、基本給は間違いなくアップしますし、役職手当もつくので総支給額がだいぶ上がります。

高年収の職場に転職する

もしいまの職場に何年いても、満足できる昇給が望めない場合は、思い切って給与のいい職場に転職をするのもひとつの方法です。

保健師は看護師ほど多くの求人はありませんが、いまの職場で働きながらコツコツと転職活動を続けていけば、時間はかかっても理想の転職先に出会える可能性は大いにあります。

医療系に強い転職エージェントのサポートを受けて、より幅広い情報を取り入れながら、効率的に転職活動を行いましょう。

資格を取得する

保健師に関連する資格を取ることで、年収をアップさせることもできます。例えば産業保健師の場合は、「産業カウンセラー」の資格を取得することで、社員の精神的なケアをサポートする力がつきます。専門的なスキルをもつことで、昇給・昇格につながりやすくなるでしょう。

他にも産業保健師であれば「衛生管理者」、行政保険師の場合は「ケアマネージャー」などの資格を取得すると、年収アップが期待できます。

まとめ

保健師さんの基本給は看護師さんよりも高い傾向にありますが、夜勤がない職場も多いので、トータルの年収は看護師さんよりも低めです。

高い年収を得るには、同じ職場に長く勤め、役職に就くなどして昇給していくのがベストの方法でしょう。また、行政保健師や産業保健師などの仕事に就くか、規模の大きい職場に勤めるという方法もあります。

しかし、「予防医療に関わりたい」という観点から、あえて収入が減っても保健師の道を選ぶ人も少なくありません。医療への思いと年収のバランスをうまくとって、心から納得できる就職先を見つけたいものです。

※掲載情報は公開日あるいは更新日時点のものです。制度・法の改定や改正などにより最新のものでない可能性があります。