1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 看護師の再就職を応援するサイトを活用しよう

看護師の再就職を応援するサイトを活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の再就職

看護師の需要は増えています。今や求人倍率が2倍以上と言われるほどに、あちらこちらの病院は看護師不足になっているようです。
なぜ、こういったことになるのか考えてみますと、看護師は元々「看護婦」と言われ、女の子にとってはなりたい職業の中でも上位を占めていました。その名の通り、女性特有の職業だったのです。
いまや、「看護師」という職業名になり、男性も増えている傾向ですが、圧倒的に女性が多いのは一目瞭然です。

そういったところが、不足の原因の一つかもしれません。なぜならば、女性は結婚、妊娠、出産ということで、一時的に仕事を離れてしまうことがありますし、妊娠中、続けたくても体調の悪化のため、続けられないと言う場合もあるでしょう。
結婚した場合、今は続ける人の方が多いようですが、結婚相手の職場が遠方になる、転勤があるなどの理由でやむを得ず退職という人もいます。また、妊娠となるといつ妊娠するかなどはわからないので、想定外の人員不足となり得るのです。
そういったところからも、人手不足になるでしょうし、病院の労働条件や通勤しにくい場所にあるという立地条件も関係あるのかもしれません。

しかし、その反対にいったんは仕事を離れたけれど、再就職したいと言う人もいます。そういう人は、たいていお子さんがいるという人が多いので、勤務時間等が限られてくるでしょうし、保育園の問題もあります。
そういう女性の働き手を雇ってくれる病院を探すのに、ピッタリの看護師の転職サイトがありますから、インターネット検索をオススメします。
お住まいの地域から看護師の求人を探せますし、電話相談もできますから、キャリアアドバイザーに働き方をアドバイスしてもらってもいいです。
このように、病院への再就職は、歓迎されているのかもしれません。お子さんを第一に、労働条件の合う病院やクリニックを探しましょう。
こちらの記事もオススメ

働ける時間帯で再就職

病院やクリニックで看護師として再就職するのに、気になるのは勤務時間です。お子さんがいる場合は入院患者のいる病棟に勤務となってしまいますと24時間の中のどこかで勤務ということになりかねないですから、外来の勤務がおすすめです。
外来の勤務でしたら、時間が決まっていますから、お子さんを保育園に預けての勤務となり、働きやすいでしょう。

インターネットで良い勤務時間の仕事がないか、調べてみましょう。医療関係で働く人の求人サイトでしたら、地域別、職種、勤務形態、常勤で夜勤あり、日勤のみ等、バイトやパート、アルバイトといったところで検索できるようになっていますから便利です。
それにキャリアアドバイサーに相談も出来ますから、お子さんがいる場合はその旨等を伝えて相談してみると良いです。

お子さんがいらっしゃる場合は日勤を希望しておきましょう。それに、年齢が小さいうちは病気になりやすいといったことも多いですから、融通が利くような職場が助かりますし、院内に託児所があれば便利です。
また、こういった看護関係の仕事は、まだまだ女性の多いの職場ですし、ある程度は融通が利くことも多いですから、良い先輩のいる職場であると働きやすいかもしれません。
でも、最悪に考えて周囲と合わないようなことがあれば、転職することも可能です。そのサイトは転職者用にもできていますから、新たに探すということもできるでしょう。せっかく身に付けた資格ですから手放さず、お子さんを育てながらでも少しずつ頑張ってみましょう。

看護師の幸せ

笑顔の看護師

看護師を憧れの職業として目指して、晴れてその職を得たと言う人も多いかもしれません。ただ、子育て等で一時的に職場を離れてしまうこともありますが、再就職するというケースも多いようです。
確かに子育てが大変なのはほんの一時期で、子供がある程度大きくなれば、必要なのはお金ということになるでしょうから、いったん取った資格を有効活用しましょう。
子供が小さいときはパート勤務で、大きくなったらフルタイムという人が多いようです。

このように再就職をする人が多いのはそれなりに理由があります。その一つとして、看護の仕事をすることの幸せがあります。
その幸せは人によって多少の違いはあるでしょうが、多くの人は患者さんの笑顔、患者さんやその家族に感謝されることの喜びを挙げます。
この仕事は、過酷でもありますし、時にはつらいこともあるでしょう。でも、それにも代えがたいほどの幸せがあると言って良いようです。

一度でも入院をしたことのある人ならお分かりになるでしょうが、ナースなしに病院は成り立ちません。外来でもお分かりになるように、ナースは患者さんの話をよく聞き、適切にドクターに伝えてくれますから、ドクターとしてもやりやすいのです。
小児科であれば、注射を嫌がって泣く子供をあやしてくれたり、慰めてくれたり、老人に優しく接してくれたり、不安でいっぱいの患者の話を一生懸命聞いてくれたりするのはナースです。
そんなナースは患者さんはもちろん、ドクターにも頼りにされているのです。ナースの仕事の再就職を考える人は、そういったナースとしての幸せを心に持っている人でしょう。医療関係のサイトをご覧になり、ご自身に合った職場をお探しください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事