1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 病院を裏から支える、診療情報管理士について

病院を裏から支える、診療情報管理士について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病院で働く人のイメージは医師や看護師、理学療法士や薬剤師といった職業の方々が思い浮かびますよね。
当然、その方々だけでは病院の運営は進みませんので医療事務の人が必要になります。
その医療事務の中でも看護師資格が無いと取得できない資格があります。
それが診療情報管理士です。
診療情報管理士はカルテや看護記録、検査記録を管理・分析・活用する情報のエキスパート。
今回はその診療情報管理士についてまとめました。
こちらの記事もオススメ

診療情報管理士とは

問診票

診療情報管理士とは、患者さんの診療内容や検査記録をまとめた診療録(いわゆるカルテ)を正しく管理し(データベース化)、そのカルテを分析することで病院の経営や医療の質、安全を高める医療情報のスペシャリストです。
診療情報管理は、世界保健機関(WHO)が定めている国際疾病分類、ICD-10に沿って管理しています。
全世界共通の分類で管理することで、国ごとの疾病の状態、年齢、性別などで比較研究でき、医療の進歩を手助けしています。
診療情報管理士の資格自体は民間資格であり、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会の4団体と医療研修推進財団が資格を認定しています。

診療情報管理士の役割

笑顔の看護師

診療情報管理士の役割は先述した通り、カルテのデータベース化と分析、活用です。
カルテや検査記録に不備や誤記載があってはいけませんが、そのチェックを行うのが診療情報管理士の業務です。
本来は医師が打ち込む必要がある電子カルテも診療情報管理士が行うことが多く、重要な業務になっています。
これは2000年の診療報酬改定によって、診療録管理体制加算が新たに設置されたことが、診療情報管理士に対する重要性が高めるきっかけとなりました。
診療報酬加点としては、診療録管理体制加算1は100点、診療録管理体制加算2は30点を計上できます。
診療録管理体制加算を行うには、診療情報管理士資格を所持している必要性はありませんが、専任で診療記録管理者を置く必要がありますので、結果的に診療情報管理士が行っていることが多いようです。

診療情報管理士になるには

考える女性

医療事務系の資格でもあるので、資格自体は看護師資格が無くても前提条件はクリアできますが、医療用語を覚える必要があったり、英語も多用するためハードルは高いと言われています。
基本的には下記で説明している診療情報管理通信教育を受けたのち試験にのぞみます。

・一般課程
医療資格を所持していない方は、2年制以上の短大もしくは専門学校以上の学歴を有する人。
病院で勤務をしたことが無い者は、病院での実習を行う場合があります。
(修業期間2年、通算6年)

・専門課程(一般課程免除)
医師、正看護師、薬剤師資格を持つ物は一般課程を免除され、専門課程のみを学びます(修業期間1年、通算3年)

試験内容

・基礎分野
医療概論、人体構造・機能論、臨床医学総論、臨床医学各論、臨床医学各論、臨床医学各論、臨床医学各論、臨床医学各論、臨床医学各論、臨床医学各論、臨床医学各論、医学用語

・専門分野
医療管理総論、医療管理各論、医療管理各論、医療情報学、医療統計学、診療情報管理論、 診療情報管理論、国際疾病分類概論

・分類法
分類法(ICD-10)医師、正看護師、薬剤師は基礎分野の試験が免除されます。
7,000を越えるICD-10を知っている必要性や、そこに行き着く病状、医学用語などを幅広く勉強するため、民間資格ではありますが合格率50%を切る難関資格です。
ただ、これには医療資格を持たずに受験資格を得て受けている受験生も多いため、看護師資格を有している場合、そこまで難関では無いとも言われています。

医療事務との違い

受付の女性

診療情報管理士も広義では医療事務に当たります。
特にカルテの打ち込みでは医療事務「病棟クラーク」でも行っています。
医療事務と診療情報管理士の最大の違いは、診療情報管理士は診療情報管理を専門的に管理できる点です。
病棟クラークでもカルテの打ち込みはできても、ICD-10を用いてのデータベース化は難しいです。
診療報酬の加算でも、診療情報管理士は診療録管理体制加算として活躍できますが、医療事務では医師事務作業補助者での加点となります。
診療情報管理士を持っているからといって、就職・転職に有利になることは余りありません。
ただし、政府が進めている電子カルテ導入がより進んでいけば、診療情報管理士の需要も高まり、求人も出てくることでしょう。
診療情報管理士は表舞台に出ていた看護師にとっては裏方ではありますが、裏方として病院の経営やこれからの医療に携わっていきたいとお思いでしたら取得を考えてもいいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事