1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. クリニック看護師になると給料は下がる?!病院とどれくらい違う?

クリニック看護師になると給料は下がる?!病院とどれくらい違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリニック看護師給料TOP
多くの看護師は看護師免許を取得したら、まず病院に就職します。その後、結婚や出産がきっかけとなって、クリニックの看護師に転職を考える人が増えていきます。一方で、給料が減ってしまうことを理由に、転職をためらうという声も聞かれます。クリニック看護師の給料はどれくらいか、メリットとデメリットも合わせて確認していきましょう。
こちらの記事もオススメ

クリニック看護師の給料は病院とこんなに違う!

クリニック看護師 平均給料
厚生労働省の調査によると、看護職員の平均年収(平成28年度)の参考値は以下のようになります。


診療所・・・382万円(※1)
病院・・・507万円(※1)



その差は実に125万円。病院では、夜勤手当をはじめとした諸手当の加算が大きな割合を占めるため、これだけの開きがあると考えられます。あくまで参考値ながら、転職理由に多い夜勤こそが、病院で働く看護師の給料を底上げしているのがよく分かる数字です。特に、夜勤手当の金額が高額(1回15,000円以上)な病院に勤めていた人であれば、転職先によっては給料が大幅にダウンする可能性があります。

厚生労働省|第21回医療経済実態調査結果報告に関する分析

クリニック看護師の給料は固定給の高さが肝心

クリニック看護師給料求人
こちらは医療ワーカーに掲載された、ある内科クリニックの求人情報の一部です。諸手当を見ると分かるように、クリニックでは支給される手当は多くありません。大幅な給料ダウンを避けるには、固定給が高いかどうかがチェックすべきポイント。クリニック看護師の平均年収が382万円であることから、年収400万円以上、月額でいうと25万円以上であれば、固定給が高いといえます。(賞与が年2回で2ヶ月分と仮定して換算)
クリニック看護師給料美容

固定給が高いのは美容クリニックと透析クリニック


病院時代並みの給料が期待できる美容クリニック


収入を減らしたくないのであれば、転職先に美容クリニックを検討するのもひとつ。美容クリニックは固定給の水準が高く、そこにインセンティブ等が加われば、病院時代よりも給料が上がることも考えられます。ただ、クリニックによってはコスメの販売があったり、指名を獲得しなければならなかったりと、営業色が強くなります。また、土日や夏休みなどの繁忙期は出勤であることがほとんど。美容に興味があってやってみたい!という強い気持ちがあるのならば、挑戦を考えてもみるのもいいでしょう。

人工透析を行うクリニックは固定給が高い


人工透析は診療報酬が高い治療です。患者は週3日、1回4時間の透析を受けます。基本的に透析は生涯続く治療で、転院になることはほとんどありません。クリニックとしては安定的に高い収益を確保できるので、看護師の固定給も高めになっています。
また、透析看護は人工透析の機械操作や、シャントと呼ばれる特殊な血液回路への穿刺など、専門性の高い業務です。そのため、手当が少ないとされるクリニックにおいて、資格手当として月数万円程度を支給するクリニックもあります。ただ、夜勤は基本的にはありませんが、勤務時間が22時頃までのクリニックもあります。

★高給与のクリニック看護師の求人はこちら


クリニック看護師には給料以上のメリットがある?

クリニック看護師給料医師
病院からクリニックに転職する場合、美容外科や透析など給与水準の高いクリニックを除き、給料が下がるケースがほとんど。給料が下がったとしてもクリニックに転職するだけの意義があるのか、そのメリットとデメリットを確認していきましょう。


◆メリット
・夜勤がない
・日曜が固定で休める
・午前診と午後診の間の休憩時間が長い(中抜けできる)
・盆や正月は休診でまとまった休みが取れる
・残業が少ない
・地域密着型で和やかな雰囲気のところが多い


患者の容態が急変するというような、緊張感を強いられる場面は少ないため、落ち着いて業務に取り組むことができます。

★ 中抜けに関するコラムはこちら


◆デメリット
・雑務が多い(掃除や電話応対までこなすことが多い)
・産休や育休、退職金などの制度が整っていない(院長の裁量によることが多い)
・人間関係に左右される


スタッフの人数が限られるため、病院よりも人間関係に気を使わなくてはいけない場合があります。

まとめ

クリニック看護師給料まとめ
病院からクリニックに転職する場合、給料が大きく変わる可能性があることや、メリット・デメリットについてご説明してきました。
特に小さなお子さんのいる看護師さんにとっては、夜勤がない規則的な働き方は、給料が下がったとしても優先したい条件でしょう。とはいえ、成長に従って教育資金が必要になってくるのも事実。子どもとの時間を確保しつつも、収入アップを狙えるクリニックに転職先を絞るのもひとつです。もしくは、給料面は少し我慢して転職し、ある程度子どもが大きくなればまた病院に復帰するのもいいかもしれません。
誰にでも結婚・出産・介護などから、働き方を考え直さなくてはならない時があります。どんな時であっても、何を一番優先したいのかを整理して、無理のない働き方を考えることが重要です。
医療ワーカーでは、仕事とプライベートの調和を目指し、病院からクリニックに転職したいと考える看護師さんの転職を支援しています。働き方に悩んでいる方はぜひお気軽にご相談ください。


アドバイザーに相談する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事