1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 失敗しない看護師の転職│求人の探し方・選び方のコツ

失敗しない看護師の転職│求人の探し方・選び方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職探し方1
転職を考えている看護師のみなさん。
どのように求人を探せばいいのかわからず迷っていませんか?
そこで、他の看護師が転職の際、どのように仕事を探しているのか調査しました。

初めてでも失敗なし!
転職先を選ぶときに気をつけるべきポイントを教えます!
こちらの記事もオススメ

看護師の転職先を探す5つの方法

看護師が転職する場合、どのようにして転職先を探しているのでしょうか?
多くの看護師が利用している5つの方法を紹介します。

■eナースセンター


都道府県看護協会が運営している無料の看護職紹介事業、eナースセンター
就職先を探している看護職の人や看護学生が利用できるサービスです。

eナースセンターを利用するメリット
・日本看護協会が運営しているため信用度が高い
・会員登録(無料)をすればネット検索、応募が可能
・希望条件を登録しておけば、条件に合う求人を紹介してくれるマッチングサービスも行っている
・ナースセンターが各都道府県に一ヵ所ある。ネットだけでなく直接足を運び、担当者に相談できる

地方によっては求人数が少ないなどの不便な点もありますが、看護協会が運営する専門機関であり、業界のことを理解している担当者がいるというのが強みです。
初めての転職者は、登録しておいて損はないと思います。


■ハローワーク


さまざまな職種の求人があるハローワーク。
もちろん看護師の求人もあります。ハローワークは国が運営する公共職業安定所のため求人掲載や採用の費用がかかりません。そのため地方の小さなクリニックや病院などの求人が豊富です。

ハローワークを利用するメリット
・求人登録申請を行っていれば、誰でも気軽に利用できる
・看護職以外の求人もある
・地元の求人数が多い
・クリニックや小さな病院などは、ハローワークにしか求人を出していないこともある

求人検索はインターネットでできますが、応募する場合はハローワークに直接出向かなくてはなりません。また、看護職が専門ではないので、病院ならではの制度や業務内容など、細かい部分の疑問には答えてもらえない可能性もあります。

ハローワークのみの利用に絞る必要はないと思いますが、地元での転職を希望する場合は、他のサービスと併用した利用をおすすめします。


■求人検索エンジン・求人サイト


インターネットで隙間時間に利用できる求人検索は、働きながら職探しできる便利なサービスです。
看護職専門の求人サイトもあります。全て自分でやり取りする必要がありますが、自分で判断しスピーディーに転職活動をしたいという方にはオススメ。

いい求人に出会うためにはタイミングも重要です。
転職時期はまだ決めていないという方も、ぜひこまめに色々な求人サイトをチェックしてみてください。

求人検索エンジン、求人サイトを利用するメリット
・こまめにチェックすることで新しい求人情報をいち早くキャッチできる
・eナースセンターやハローワークよりも内容が詳しく、イメージしやすい
・病院側との直接のやり取りのため、採用合否までが早い


■転職エージェント


自分で探し応募する求人サイトとは異なり、専門のアドバイザーが転職先を紹介してくれるサービスです。
看護職専門のエージェントもあり、非公開求人も豊富。

看護師の仕事を続けながら転職活動がしやすいので人気があり、実際に転職をする看護師の多くが利用しています。
転職エージェントを利用するメリット
・病院側とのやり取り、交渉を代わりに行ってくれる
・施設見学や面談の同席など、サポートが手厚い
・専属の担当者がつく。気軽に相談でき、アドバイスや指導も受けられる
・病院の特徴や内部事情なども知ることができる
・都心部や大きな病院の求人が豊富

転職エージェントのご利用をお考えの際は、医療WORKERもぜひご利用ください!
転職アドバイザーに相談する


■知人の紹介


知人の紹介で転職をするという看護師も多くいるようです。
知人を介して経験や人柄を知ってもらいやすく、スムーズに転職できる方法の一つ。
ただしこれは、紹介してもらえる時期と転職したい時期のタイミングが合えばの話で、
必ずしもやろうと思ってできることではありません。

知人の紹介を受けるメリット
・社風や労働環境を事前に知ることができる
・採用されやすい

メリットが大きい一方で、知人のメンツは潰せないため、すぐに辞めづらいという側面もあります。紹介を受ける場合は、そのあたりもよく考えておきましょう。

これで失敗なし!転職先を選ぶときに気をつけるべきポイント

転職探し方2
はじめての転職でも失敗しないためにも、気をつけてもらいたいことが3つあります。

□希望条件を明確に


どんな働き方をしたいか、なぜ転職したいのか、自分の希望を把握していますか?
仕事内容、給与・待遇、病院の規模?
あなたにとって重要な項目は何でしょう。
働くうえでこれだけは嫌ということ、耐え難いこと。逆にどこまでは許容できるのか。
たくさんの求人の中からあなたに合った転職先を見つけられるよう、明確な軸を作っておきましょう。

求人情報を見るときはここに気をつけよう!

給与面が重要な人は・・・
<給与欄>
内訳や基本給の金額が書いているかを必ず確認。
詳細がなく「月給28万円~」というような記載の場合、諸手当を含んだ金額の場合が多く、実際の給与額と異なることもあるんです。

<賞与欄>
「何ヶ月分」と記載が無い場合は、実際にどのくらいの金額が支給されるのかわかりません。賞与額で年収に大きな差が出ます。給与額だけでなく、賞与欄も必ず確認しましょう。


働き方が重要な人は・・・
<休日欄>
年間休日の記載をチェック。「週休2日」と書かれているだけでは、年末年始や大型連休などがない可能性も。

<勤務時間>
夜勤日数や残業時間についても、記載が無く気になる点は面接の際に必ず質問しましょう。



□転職先の事前調査をする


人間関係や労働環境など、実際に働いてみないとわからないことは多々ありますが、病院の理念や方針、雰囲気を事前に知ることは可能です。
エージェントや知人を介して転職する場合は、内部事情を聞くこともできますし、施設見学をお願いしてもいいでしょう。
病院のホームページは必ずチェックし、経営理念や病院紹介などに目を通しておきましょう。
口コミから得られる情報もありますね。
疑問や気になる点があれば、面接の際に質問しクリアにしておきましょう。


□焦って決めない


「転職先がなかなか決まらない」
「今すぐ辞めたい」
という焦りから、事前調査なしに応募。
内定をもらったところに入職し、働いてみたら「前の病院のほうが良かった・・・」なんてことは避けたいですよね。
焦って間違った決断をしないようスケジュールに余裕を持ち、しっかり準備してのぞみましょう。

まとめ

看護師が転職する場合の求人情報の探し方について紹介しました。

看護師の転職先の探し方
① eナースセンター
② ハローワーク
③ 求人検索エンジン・求人サイト
④ 転職エージェント
⑤ 知人の紹介


転職に失敗しないためのポイント
◇転職理由、希望条件を明確に
◇転職先はできる限り事前調査を
◇焦って決めない



以上を踏まえて、転職活動を行うことが成功の秘訣です。
あなたに合ったサービスを利用して、よりよい転職先を見つけてくださいね。

「転職したいけど何から始めたら良いか分からない」そんな看護師さんは コチラをクリック!
転職に関する基本的な流れや転職を成功に導くノウハウをひとつのガイドにしました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事