1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 3年目看護師が辛いのは当たり前?!プリセプターにリーダー、やること多過ぎ!

3年目看護師が辛いのは当たり前?!プリセプターにリーダー、やること多過ぎ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3年目看護師が「3年目って・・・」と考えながら悩んでいる
「3年目、きついと分かっていたけれどこんなに大変だったとは」
「 自分にはプリセプターやリーダー業務は向いていないように感じる」
看護師3年目を迎えると、今までと業務の質や立場がずいぶん変わります。

教わる側から教える側へ。
メンバーの一人だったのが、リーダーに。

1年目とも2年目とも違う、3年目だからこその「辛い」。
今回は、3年目看護師さんが抱える辛さについて考えていきたいと思います。




こちらの記事もオススメ

3年目看護師はこれが辛い!

3年目看護師が「教えるの大変・・・」と悩んでいる
3年目看護師さんが感じる辛さには、どんなことがあるのかを確認しましょう。


プリセプターって辛い


看護師3年目になると、多くの病院でプリセプターを任されるようになります。
プリセプターには教えることの辛さと、通常の業務にプリセプター業務が加わる辛さがあります。

教えることの辛さ


プリセプターは新人のお手本となって、看護の知識や技術を習得させる役割。

厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」(※1)に基づき、チェックリストを使いながら成長を促します。

人に教える自信はまだないと感じつつも、試行錯誤しながらの指導。
教えてもなかなか覚えない・できないことが多く、自分の指導方法が悪いのかと悩み、プリセプターの辛さを感じます。


教えるにあたって重要なのは、なぜできないのか?を考えさせること。
そして、どうすればできるかを一緒に考える時間を持ちましょう。

習得に時間がかかるのであれば、苦手な項目の実践回数を増やすなど、できるようになる道筋をつけてあげましょう。
「できない」という苦手意識を定着させないことが大切です。


反対にやってはいけないのが比較。
ほかの新人と成長をくらべたり、「自分の時はもっとできた」などはNGです。
委縮してしまい、成長につながりません。


看護師として育てるためには、厳しい先輩であることも必要です。
けれど、新人が困った時に「プリセプターに相談しよう」と思えるだけの関係性を保つことは、心がけましょう。

(※1)出典: 厚生労働省 新人看護職員研修ガイドライン


業務+プリセプターで手が回らない

プリセプターとして新人を見ながら、自分の業務もこなすため忙しさがピークに。
自分がミスをしないようにするのはもちろん、新人にも目を光らせるので、気を張りつめた状態が続きます。

ストレスが溜まりますが、それを新人にぶつけるようなことはしないように。
経験済みだとは思いますが、新人にとってプリセプターとの関係が、最初の一年を左右するといっても過言ではありません。


ナースコールや電話に出ないというのは無理かもしれませんが、先輩にもお願いするなど、周囲にも協力してもらいましょう。

<ポイント>
*新人に考えさせるだけでなく、一緒に考える時間を持つ
*「ほかの新人はできている」や「自分の時はもっとできた」など比較しないこと
*一人で責任を抱え込まない
 ∟多忙であれば業務を振るなども含めて、みんなで新人を育てる意識を持つ



日勤リーダーに・・・私にリーダーは向いていない!

医師が「指示よろしく!」と言って、3年目看護師に指示を出している

3年目は、日勤リーダーを任されることも多くなります。

日勤リーダーの業務は主に以下の4つです。

1.引継ぎと情報収集、状況の把握
2.チームメンバーへの指示出し
3.医師からの指示受け・医師への報告
4.夜勤帯への申し送り



きちんと状況を把握できていなければ、メンバーに的確な指示を出すことができません。

指示を出すにあたっては、各メンバーの力量を考えて業務を配分します。
ただ、メンバーのなかには先輩看護師もいて指示を出しづらい、ということも。

医師からの指示はリーダーがまとめて受けます。
検査や処置、投薬の変更など追加になった指示をメンバーへ伝達。
重要なことばかりのため、漏れなく指示を受けなければなりません。
「絶対に抜けのないように伝えなくては」というプレッシャーは、神経を使います。

夜勤はスタッフの数が少なくなります。
そのぶん、看護師一人ひとりが状況を把握しやすいよう、分かりやすく要点をまとめて申し送りしなくてはなりません。


こうやって見ると、リーダーって大変・・・。
3年目看護師さんの中には、人に指示するのが苦手、リーダーなんてやりたくない、と思っている人もいるでしょう。
しかし、経験を重ねるとリーダー業務は避けて通れません。
それに、リーダーをやれるだけの能力がある、と認められている証でもあります。


大変なリーダー業務ですが、経験することで

*コミュニケーション能力がアップする
*判断能力が養われる
*管理職になるための土台が築ける


といったことが期待できます。


それでもやっぱりできないという場合は、上司にリーダーから外してもうらよう相談を。
「できない」「やりたくない」ではなく、精神的に余裕がなく苦痛など、なぜできないのかをきちんと説明しましょう。

二度とやりたくないとは思っていても、「もう少し経験を積んでから挑戦したい」というように、リーダー業務を完全拒否しない伝え方がおすすめです。

こんなに働いているのに・・・給料が安くて辛い


私の給料って安いかもしれない・・・。
1年目・2年目では気づかなかったこと、考えもしなかったことに目がいくようになるのも3年目看護師ならでは。

大学病院など規模の大きい病院は高給与と言われていますが、スタート時は低く、年数を重ねるとぐっと上がるというのが基本。

民間病院の場合、新人でも中堅並みの給与を設定している病院もあります。
自分は大学病院勤務、知り合いや友人が民間病院勤務で、給料の差に愕然としたという人もいるかもしれません。

プリセプターや日勤リーダー、委員会活動など、いろいろ一生懸命働いているのに給料が安い・・・。
これではモチベーションが上がりませんし、評価されていない、辛いと感じるのも当然です。


3年目看護師こそ転職を考えよう

3年目看護師が転職について「そろそろかも・・・」と考えている

プリセプターやリーダーを経験することは、組織で働いていくうえで、いわば避けては通れないことと言えるでしょう。
成長するためには欠かせないこととして、向き合う必要があります。


しかし、業務に対して給料が見合っていないと感じるのであれば、そろそろ転職を考えてもいい時期かもしれません。
3年目になって、自分の興味のあることや挑戦してみたいことが出てきた、キャリアアップを考えたいというのであれば、それも転職を考えるチャンス。


まだ経験不足では?と思うかもしれません。
けれど、1年目や2年目の時にくらべ、患者さんに応じた看護ができるようになったと感じませんか?
少々のイレギュラーなら、対応できるようになったと思いませんか?
普段は意識していなくても、確実に看護師としての能力はアップしています。


それに、看護師の転職市場では、基礎が固まっているうえに、柔軟な対応ができる3年目看護師は引く手数多です。


これから転職に踏み切る方も多数出てきます。
活躍できるフィールドが広がっている今、思い切って転職してみませんか?


看護師専門転職サイト医療WORKERのアドバイザーに相談する

まとめ

3年目看護師が人差し指を立てまとめている

3年目看護師さんの辛さについて考えてきました。
こうしてみると、看護師3年目というのはひとつのターニングポイントといえます。

教育者やリーダーとしての経験を積むことで、がむしゃらに業務をこなしてきた日々とは違う視点をもつようになります。
そして、辛さの質も変わってきます。

向き合うべきことは向き合い、どうしても辛いことや納得のいかないことは、自分で状況や環境を変える。

世間的に見ても、その力が十分備わっているのが3年目看護師さんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事