1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. ママさん看護師の復職について

ママさん看護師の復職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚前に看護師として働いており、結婚・出産を期に退職、子育てに一区切りがついたので復職したいとお考えになる看護師さん(ママさん看護師)は多いと思います。
しかしブランクがあったり、ライフスタイルの変化によって復職を躊躇してしまわれている方もいるのではないでしょうか。
そんなママさん看護師が復職するにあたっての心構えや準備についてまとめました。
こちらの記事もオススメ

復職までの準備〜知識編〜

絵本を読む親子

ブランクの期間にもよりますが、復職するにあたって一番大変なのは、退職時と現在での看護技術、薬品知識などの違いでは無いでしょうか。
中にはブランク10年越えた状態で、何も準備せず現場に飛び込む方もおられますが、教育体制が万全ではない病院などでは覚えるのも大変だそうです。
知識のブランクを解消するには、
1.最新の看護技術本を読む
2.再就職支援研修を受ける
3.病院開催の復職支援研修を受けるなどがあります。
1の看護技術本を読むは、自分の時間の中で出来る方法になります。
現場に居た方々ですのでお分かりかと思いますが、薬品の種類は3年もあればかわってしまうことがよくあります。
また医療技術も日進月歩で変化していっています。
そのため技術本は最新のものを読んでください。
図書館などでも閲覧は可能ですが、勉強するには不向きです。
2の再就職支援研修はナースセンターが行っている研修です。
各都道府県で多少の違いはありますが、内容としては・医療機器の使い方・検査データの見方、打ち込み方法・採血、注射、輸血などの看護技術実習などになります。
3は2の病院版と思っていただいて構いません。
病院開催なので、病院見学も同時にできます。
これらの研修は基本無料ですが、別途保険費がかかることがあります。
復職支援研修を受けると、その病院に就職しないといけないのでは無いか?と思われる方もおられますが、そのようなことはありませんのでご安心ください。

復職までの準備〜就職編〜

考える女性

知識のブランクが解消できれば就職先を探しましょう。
病院探しは医療ワーカーにお任せください。
みなさんの状況や条件から最適な病院をご提案致します。
面接時にはブランクについて絶対に聞かれます。
ブランクについては、このポイントは抑えておきましょう。
・なぜブランクが発生したのかを明確に答える。
・ブランクはマイナスだと自分で思いがちですが、ポジティブな表現に変える。
・経験知識不足は努力や勉強でカバーする。
看護師の方が復職する際には、知識や経験の面でブランクを感じることはあるでしょう。
しかし、本当に重要なのはもう一度看護師として働きたいという気持ちだと思います。
医療ワーカーでは、そんなママさん看護師の求人を手助けしますので是非ご相談ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事