1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 助産師の求人特集
  3. 年収1000万円も夢じゃない!?助産師が活躍できる企業の求人とは!?

年収1000万円も夢じゃない!?助産師が活躍できる企業の求人とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

助産師の資格を活かせる企業の求人とは?仕事内容やメリット・デメリットを調査!では、「助産師の資格が活かせる」という部分に焦点を当てた企業の求人をご紹介しました。今回は助産師も活躍できる企業求人として、「治験コーディネーター(CRC)」「臨床開発モニター(CRA)」「クリニカルコーディネーター(CC)」の3職種をピックアップ。仕事内容や給与などを詳しくご紹介したいと思います。

<治験コーディネーター(CRC)>


治験コーディネーター(Clinical Research Coordinator)とは、新薬の臨床試験(治験)の実施において事務的業務やチームの調整を行うなど新薬の開発をサポートする仕事です。

≪治験コーディネーター(CRC)の主な仕事内容≫

  • 治験開始に向けた準備(フローや関連書類の作成)
  • 被験者の確保
  • 被験者の対応・フォロー
  • 治験関係者や関連部門との連絡・調整
  • 治験のスケジュール管理
  • 製薬会社の担当者への情報提供 など

治験コーディネーターには2種類の働き方があり、治験施設支援機関(SMO)の社員として医療機関に派遣される「SMOのCRC」と病院に直接雇用される「院内CRC」があります。「SMOのCRC」と「院内CRC」では何が違うのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを表にまとめてみました。

「SMOのCRC」と「院内CRC」のメリット・デメリット

メリットデメリット
SMOの治験コーディネーター(CRC)・教育体制が整っている
・大手の場合、CRC業務に専念できる
・給与が高い
・幅広い領域の治験に携われる
・勤務地が固定されていないので、遠方の病院まで足を運ぶ場合も
・病院の関係者に対し細かい配慮が求められる
・ビジネスマナーは必須
院内治験コーディネーター(CRC)・勤務地が固定されている
・多職種の職員に気を使わなくても良い
・病院内における限定的な治験しか行わない
・教育体制が整っていない
・一人で何でもこなさいないといけない
・正社員雇用が少なく、パートや契約社員の場合が多い
・看護業務と兼務
・昇給があまり見込めない

「SMOのCRC」と「院内CRC」の根本的な仕事内容は同じですが、内部なのか外部なのかで病院スタッフとの関係性が変わります。気兼ねなく仕事ができるのはやはり同じ病院職員である院内CRCになります。しかし院内CRCの求人はとても少なく、一人で何でもこなせる経験値も必要になります。治験コーディネーター(CRC)が未経験という方は、教育体制がしっかりと整っている治験施設支援機関(SMO)のCRCを選択するケースが多く、SMOでしっかり経験を積んだ後、院内CRCに転職するという流れが一般的となります。

■治験コーディネーター(CRC)の給与:年収400万円前後

未経験の治験コーディネーター(CRC)の年収はおおよそ400万円前後で、中小企業よりも大手の治験施設支援機関(SMO)の方が平均年収は高い傾向にあります。経験を積み新人教育やマネジメントを任されるようになれば年収は600万円ほどになります。昇級による給与の増額の可能性があるのは院内CRCよりもSMOのCRCですので、キャリアを積んで年収アップを図るならSMOでの就業が良いかもしれません。

■助産師からCRCへの転職

治験コーディネーター(CRC)になるには特別な資格や経験は必要ありません。企業の中には看護師資格や医療機関での勤務経験を必須としているところもありますが、助産師として勤務していた方であれば問題なく治験コーディネーターとして活躍できます。
治験コーディネーター(CRC)は看護師資格を持っている方が最も多いと言われており、女性比率は約8割。未経験可の求人も多いので助産師が転職しやすい職種といえます。
助産師時代と比べて年収は低くなりますが、実際に治験コーディネーター(CRC)に転職した助産師の多くは「年収は下がったが、肉体的・精神的にラクになった」と感じていますので、治験コーディネーター(CRC)への転職の満足度は比較的高いのではないでしょうか。

<臨床開発モニター(CRA)>


臨床開発モニター(Clinical Research Associate)とは、新薬の治験が法律やルールを守り計画書に沿って行われているかをモニタリングする仕事です。

≪臨床開発モニター(CRA)の主な仕事内容≫

  • 治験の実施に関わる契約の交渉・締結
  • 医療機関の実施スタッフに対する説明会の開催
  • 治験薬の引き渡し
  • 薬事法やGCP(医薬品の臨床試験に関する基準)を守って治験が行われているかのモニタリング
  • 症例報告書の回収 など

臨床開発モニター(CRA)も治験コーディネーター(CRC)と同様に2種類の働き方があります。まず1つ目は製薬会社に勤める臨床開発モニター(CRA)で、2つ目は医薬品開発受託機関(CRO)に勤める臨床開発モニター(CRA)です。
臨床開発モニター(CRA)に転職するならどちらのパターンが良いのか、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

「製薬会社のCRA」と「CROのCRA」のメリット・デメリット

メリットデメリット
製薬会社の臨床開発モニター(CRA)・給与が高い
・福利厚生がより充実している
・領域に特化してモニタリングできる
・販売などモニタリング以外の業務を行う場合もある
・業務縮小で配置転換となり臨床開発の現場から外れる可能性がある
・自社製品の医薬品の治験がほとんどなので医薬品の領域が限定的である
・後発品促進策の影響で、製薬会社の収益は減少傾向にある
・未経験者の採用は極まれ
医薬品開発受託機関(CRO)の臨床開発モニター(CRA)・未経験も可
・モニタリング業務に専念できる
・幅広い領域の新薬のモニタリングに携わることができる
・製薬会社からCROへのアウトソーシングは今後更に増加する見込みである=成長が期待できる
・中小の内資系CROは外資系や大手に吸収合併される可能性がある
・製薬会社から業務を受託されるので、製薬会社よりも発言権が弱くなる=苦労が多い

上記のようにそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらが良いかは一概には言えません。製薬会社の方が年収も福利厚生も手厚くはなりますが、中途採用で未経験可という求人は滅多にありません。また、応募条件のハードルや競争率ともにかなり高いので、助産師からの転職であれば未経験の募集が多い医薬品開発受託機関(CRO)での臨床開発モニター(CRA)がおすすめです。

■臨床開発モニター(CRA)の給与

製薬会社の場合:年収650~800万円前後/CROの場合:年収600万円前後
1年目の給与は助産師時代とさほど変わりませんが、経験年数を重ねるにつれてかなりの額の昇給が見込めます。高給取りのイメージが強い製薬会社ですが、実際に『東洋経済オンライン』による『平均年収「全国トップ500社」ランキング』にランクインする製薬会社が多数ありますので、外資系製薬会社や大手製薬会社で役職が就くまで昇級できれば年収1000万円以上も夢ではありません。

■助産師から臨床開発モニター(CRA)への転職

「夜勤がない」「年間休日が多い」「給与が高い」など魅力的な部分が多い臨床開発モニター(CRA)ですが、看護師や助産師からの転職は治験コーディネーター(CRC)ほど多くはなく、ほとんどが薬剤師やMRからの転職です。泊りがけの出張が多いのでアクティブに動き回りたい方、英語が得意な方には向いている仕事といえますが、逆に家庭との両立を目指すには障壁が多い職種といえます。

<CRCとCRAの違い>

治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)では何が違うのかと感じる方も多いかと思います。治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)の違いは、調整か管理かという事です。
治験コーディネーター(CRC)は製薬会社・治験担当医・被験者の3者の間に立ち治験の調整を行います。一方臨床開発モニター(CRA)は、病院で治験がきちんと行われるよう管理していきます。また所属する組織に関しても異なり、治験コーディネーター(CRC)が「治験施設支援機関(SMO)もしくは病院」なのに対し、臨床開発モニター(CRA)は「医薬品開発受託機関(CRO)もしくは製薬会社」になります。
臨床開発モニター(CRA)を募集する組織は東京や大阪に集中していますが、治験は全国各地で行われるので泊りがけの出張が頻繁に発生します。子育てをしながら長く活躍できるのはどちらかという視点でいくと、出張のない治験コーディネーター(CRC)に軍配が上がります。実際に治験コーディネーター(CRC)には、元看護師や元助産師という方も数多くいます。一方の臨床開発モニター(CRA)では薬剤師の割合が高くなっており、出産後は事務サポートとして活躍する女性が多いというのが現状です。

<クリニカルコーディネーター(CC)>


クリニカルコーディネーター(Clinical Coodeinator)とは、医療機器や製薬会社に勤務し、病院やクリニックに対して自社製品の説明やデモンストレーション、PRを行う仕事です。クリニカルコーディネーター(CC)は、製薬会社や医療機器といった医療関係の企業から大手家電メーカーまで幅広い企業で募集されています。

≪クリニカルコーディネーター(CC)の主な仕事内容≫

  • 医師や看護師に対し、自社製品の説明やレクチャーを行う
  • 企業によっては自社製品の営業も行う場合もあり など

クリニカルコーディネーター(CC)は、営業やMRと行動を共にします。営業活動は営業が、商品説明はクリニカルコーディネーター(CC)と分業されている場合が多いのですが、企業によっては営業活動も自社製品の説明もクリニカルコーディネーター(CC)が行うというところもあるようです。
では、助産師がクリニカルコーディネーター(CC)に転職するメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

クリニカルコーディネーター(CC)のメリット・デメリット

メリットデメリット
・夜勤がない
・土日祝休み
・営業との兼任の場合、頑張れば頑張るほど給与が貰える
・大手企業が多いので、福利厚生が整っている
・外資系の場合、昇進は実力主義というケースが多い。能力が認められれば、年齢や勤続年数に関わらず昇給できるチャンスがある。
・一般企業への転職なので、敬語やビジネスマナーは必須
・営業との兼任の場合、売上ノルマがある
・外資系企業の場合、英語のスキルが求められる
・パソコンスキルは必須
・求人が少ない
・残業がある

クリニカルコーディネーター(CC)の仕事にも一長一短がありますが、「夜勤がない」「土日祝休みの固定休」というのはかなりのメリットではないでしょうか。また、実際にクリニカルコーディネーター(CC)から製品のレクチャーを受けた経験がある方は、その経験を活かす事もできるかと思います。注意すべきはPR活動のみなのか営業と兼任になるのかを確認するという事です。営業と兼任であれば売上ノルマが必然とついてきますので、営業を避けたい方は各企業の仕事内容をきちんと確認しましょう。

■クリニカルコーディネーター(CC)の給与:年収400万円~600万円

給与に関しては企業による部分が大きく、営業との兼任であれば成績によっては高額給与も期待できます。また、外資の企業は内資よりも給与が高い傾向にあります。しかしPRやデモンストレーションなど本来のクリニカルコーディネーター業務のみという場合は、助産師時代と変わらないか少し低くなる可能性があります。

■クリニカルコーディネーター(CC)への転職

助産師からクリニカルコーディネーター(CC)に転職するメリットは、やはり夜勤がないという点と土日祝の固定休みであるという点です。クリニカルコーディネーター(CC)になるには特別な資格は必要ありませんが、取引先が医療機関で、デモンストレーションを行う相手も医師や看護師になりますので、病院での勤務経験がとても役に立ちます。
既にご紹介した、治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)に比べて
手がける領域は狭くなりますが、その分領域を突き詰めることができますし自社製品に愛着を持ってPR活動ができます。しかし、営業のないクリニカルコーディネーター(CC)の場合、離職率が低くそもそもの求人数も少ないので転職活動がスムーズに進まない可能性があるというのは注意したい点です。

まとめ

助産師も活躍できる3職種の企業求人をご紹介しました。助産師として患者に直接関わる機会がなくなるとしても、今回ご紹介した3職種はすべて医療分野になりますので間接的に患者に関わる事ができます。しかしながら、今回ご紹介した職種は助産師や看護師ほど求人数が多くはありません。医療系の人材紹介会社を使い非公開求人として採用を行うケースもあります。また、一般企業での転職活動は病院での転職活動とは違う部分もありますので、医療系の人材紹介会社に登録し、キャリアアドバイザーから面接のポイントをレクチャーしてもらうのも転職をより成功に近づけるポイントです。人材紹介会社の利用は全て無料ですので、登録しておくだけでも非公開求人の情報が得られます。

★登録は簡単3ステップ!コチラから登録画面に進むことができます★
★助産師も働ける企業求人の最新情報はコチラ!★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事