1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 助産師の求人特集
  3. 病院とクリニックの違いを徹底比較!助産師として働くなら病院?クリニック?

病院とクリニックの違いを徹底比較!助産師として働くなら病院?クリニック?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ、助産師として就職・転職を考えるとき、「クリニック勤務」か「病院勤務」、あなたはどちらを検討するでしょうか。どちらが自分に合っているかは実際に勤務してみないとわからない部分も多く不安になりますよね。そこで今回は、クリニック勤務と病院勤務での勤務内容や福利厚生などの待遇面、求人の数などの違いを徹底的に比較検討してみました。
まずは、各施設形態での業務内容を詳しく見ていきましょう。

【病院勤務における業務内容】



■ 大学病院での業務

大学病院では最先端の設備や医療技術を駆使した、ハイリスク妊娠や異常分娩での取り上げが多い傾向にあります。一方正常分娩は、一般的な病院・クリニック・助産院などで行うことが多く、非常に少ないという特徴があります。
幅広いケースでの出産が多いため産科医や看護師達とチームになり連携をとり、分娩介助や保健指導などを行います。教育制度や研修のシステムがとても充実しており、看護学生を受け入れるような病院も多くあります。ブランクのある方や未経験のように経験の浅い方でも安心して勤務できるという特徴があります。


■ 総合病院での業務

総合病院では病院の運営や方針によって助産師の業務内容が異なります。現在、総合病院の産婦人科や婦人科は二極化しつつあると言われています。少子化による分娩数の減少によりお産の取り扱いを中止し、母親の産褥ケアや助言・相談業務をメインとする“フォロー専門病院”という形態をとっている病院もあれば、今も産科や周産期医療に力を入れている病院もあります。
分娩に力を入れている病院であれば、正常分娩の経験にプラスして異常分娩の知識や経験も必要とされることがあります。
自分がどのような助産師になりたいかを考えて、希望に沿った方針の病院を選ぶことが大切です。


以上、病院での助産師として勤務した場合の業務内容を紹介しました。
次に、クリニックでの助産師の業務内容を見て行きましょう。

【クリニック勤務における業務内容】


産婦人科・クリニックでは、様々な分娩方法(フリースタイル分娩など)や、入院中の病室・食事などにこだわっている施設が多く、一番の特徴として妊婦さんのほとんどが正常分娩であるということが挙げられるでしょう。助産師として活躍するには絶好の職場環境と言えます。
病院とは違い“分娩担当”、“OP担当”といった分業は行わず、業務は妊娠期~産褥期からはじまり、出産(分娩)・手術など多岐にわたります。助産師外来や母乳外来を設置しているクリニックでは、助産師経験3年目頃から外来業務を一人で担当する事になるでしょう。
クリニックであっても軽度の異常分娩も取り扱い、沢山の方のお産に立ち会います。妊婦さん一人ひとりにあった対応・判断をしなければいけないため、経験を積んだ助産師や、さらなるスキルアップや経験を積みたい助産師さんが向いているでしょう。


・正常分娩の経験が多く積めるのが“クリニック”
・異常分娩やハイリスク妊娠の経験が多く積めるのが“病院”
ということがわかりました。

次は、各施設で勤務する際のメリット・デメリットをまとめてご紹介したいと思います。
違いをきっちりと認識して、転職や就職の際にご参考下さい>

【病院のメリット・デメリット】

メリット

●ハイリスク妊娠や異常分娩を多く経験できる
●教育制度がしっかりしている
●福利厚生が充実している


デメリット

●正常分娩がほとんどなく、経験が積めない
●NICUや他科への異動がある
●給与が比較的低い


メリットから見てみましょう。
病院では教育制度が万全であることが多く、様々な経験をしっかり積むことができます。そのため未経験の方はまず、総合病院で経験を積む人が8割を超えると言われています。学生実習で病院勤務を経験する方も多いでしょう。
また、クリニックでは経験できないハイリスク妊娠や異常分娩も多く経験することができ、大きなスキルアップが望める事が大きな特徴と言えます。
福利厚生も充実しており、産前産後休暇があり院内保育所を完備している病院も多くあります。結婚・出産・育児などでライフスタイルが変わっても、安定して勤務しやすい職場環境であることが多いでしょう。

また、デメリットの方を見てみますと、助産師の本来の仕事である正常分娩がほとんどないという点が挙げられます。ある程度経験を積んだ後に、正常分娩のあるクリニックへと転職する方も多いようで、常に人手不足という問題もあります。そのため、一人の妊婦さんに深く関わることができず、次から次へと妊婦さんを受け持つ事になる傾向にあります。
また、病院内で他科へ異動する事もあり、助産師としてのスキル向上ができなくなってしまう可能性もあります。
給与面ではクリニックと比較すると、若干少ない傾向にあるようです。


☆病院での助産師業務にご興味を持たれた方、求人情報はコチラから!☆
☆助産師の新着求人はコチラです!☆

【クリニックでのメリット・デメリット】

メリット

●正常分娩を多く経験できる
●給与が比較的よい
●一人の妊婦さんに深く関われる


デメリット

●忙しいクリニックでは残業や夜勤が多い
●教育体制が整っていないクリニックもある
●異常分娩がほとんどなく経験できない


クリニック勤務のメリットとしましては、助産師としてスキルを十分に発揮できる「正常分娩」が多く経験できます。これは一番の特徴でありメリットですね。帝王切開や中絶などの手術時による医師のサポートも、OPナースではなく同じ助産師が行います。幅広いお産に対応する必要がありますので、正常分娩以外の勉強もできスキルアップに最適と言えるでしょう。
また病院勤務と比べると、クリニック勤務は給与が比較的よい傾向にあるようです。

一方、デメリット面では、病院の様にスタッフを確保することが難しく、人手不足になりがちであるクリニックですが、分娩や手術、産後の相談などすべて助産師が行います。そのため、なかなか定時で終業することが難しく、残業が発生しやすい環境とも言えます。
また、クリニックによっては教育制度が整っておらず、そもそも経験者しか採用しないクリニックもあり、未経験の方が最初からクリニックで勤務するのは難しい傾向にあります。


クリニックでの助産師業務にご興味を持たれた方、求人情報はコチラから!☆
☆助産師の新着求人はコチラです!☆

【気になる給与・求人数の比較】


まずは、みなさんが気になる給与を比較してみましょう。

施設形態月給年収
大学病院30~45万円500~600万円
総合病院30~40万円400~500万円
クリニック30~50万円500~650万円

出典元:Coconas


全体的に一般の看護師よりも高額であり、クリニックの方が若干高めの給与であることがわかります。特に、人気のクリニックであったり、分娩件数が多いクリニックは高給与であると言われており、「分娩手当」という特殊な手当を支給するクリニックもあるようです。ですが、福利厚生に差があり賞与や手当が少ないクリニックもありますので、事前に必ず確認しましょう。
また、大学病院や総合病院は若干低めではありますが、福利厚生や手当が充実している所が多い傾向にあります。条件次第ではクリニックよりも高い給与になる可能性もあります。

そして求人ですが、病院・クリニック共にほぼ同じ位の求人数であると言えるでしょう。
また「助産院」という施設形態もありますが、こちらに関してはなかなか求人が出ず家族で経営されているところや、ずっと同じスタッフが勤務している場合が多いようです。最近では、助産院は分娩自体を取りやめ、産前産後ケアのみを行う助産院が増えているという事も助産院の求人が少ない原因の一つと言えるでしょう。


☆病院・クリニックの助産師さん向け高額求人はコチラです!☆
☆助産師の新着求人はコチラです!☆

☆ まとめ


助産師として求人をさがす場合、クリニックで勤務するか病院で勤務するか、業務内容や給与面などから比較検証してみましたがいかがでしたか?
病院勤務からクリニック勤務に転職を考えている方、もしくはその逆の方、今回のお話で大まかなメリットやデメリットは理解できても、実際の職場環境ってわかりませんよね。その場合は自分で求人媒体を調べ、一人で転職活動を行うだけではなく、人材紹介会社に登録してみる事をオススメします。
人材紹介会社では、たくさんの転職・就職希望者とカウンセリングをし、その人に合った職場を紹介します。そのため、病院やクリニックの求人事情もよく把握しています。
また、非公開の求人情報もたくさんありますので、自分自身で探すよりもあなたに合う職場を最短で紹介してくれるでしょう。人材紹介会社のほとんどは無料で利用できます。相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

助産師の非公開求人を紹介してほしいという方はコチラから!登録は簡単3ステップのみ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事