1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 助産師の求人特集
  3. 全国トップの給与額!東京の助産師はいくらもらってる?給料事情を徹底調査!

全国トップの給与額!東京の助産師はいくらもらってる?給料事情を徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の首都であり、世界の名立たる企業が日本法人の本社を構える東京都。
人口、地価、所得などあらゆる項目で全国1位の座をゆるぎないものにしていますが、
そんな東京都の助産師の平均給与額もやはり全国1位。

「東京の助産師、きっとずば抜けて給料が高いんだろうな」
東京の助産師さんがいくらもらっているのか気になりますよね。
という事で今回は、東京都における助産師の平均給与や給料事情を特集いたします。

【東京の助産師の給料事情:都道府県ランキング】

残念ながら、第三者機関による都道府県別の助産師の給与データはありませんでした。
厚生労働省の調査データに、看護師の各都道府県別の給与データがありましたので、そちらを参考にしたいと思います。看護協会の調査によると、助産師の給与は看護師の給与と変わらないとしている医療機関は全体の24.1%でしたので、看護師の給与データは助産師の給与と近しいものがあるかと思います。

看護師の都道府県別の所定内給与額(基本給+諸手当)の12ヶ月分と年間賞与を足した想定年収をランキングにしたものがコチラ!

<看護師の平均給与 都道府県ランキング>

順位 都道府県 所定内給与額
【千円】
年間賞与
その他特別給与額【千円】
想定年収
1東京都329.8969.34926.9
2奈良県 319.2931.24761.6
3神奈川県 322.9798.64673.4
4茨城県 303.21019.74658.1
5石川県 315.3874.24657.8
6大阪府 314.7812.34588.7
7愛知県 303.7943.84588.2
8栃木県 311.1829.84563
9山口県 299.49654557.8
10北海道 303.2904.24542.6
11秋田県 299.3937.44529
12三重県 308.8812.84518.4
13愛媛県 296.7942.14502.5
14長野県 302.3820.74448.3
15和歌山県 297.1879.24444.4
16千葉県 300.8822.44432
17富山県 292.49144422.8
18兵庫県 306.4741.14417.9
全国平均298.8826.64412.2
19岐阜県 297.1844.24409.4
20広島県 297.5813.54383.5
21鳥取県 283.7956.74361.1
22滋賀県 295.9793.84344.6
23徳島県 298.77534337.4
24岡山県 289.38484319.6
25福井県 286.3855.94291.5
26山梨県 291.5782.54280.5
27新潟県 284854.64262.6
28島根県 278.4900.64241.4
29高知県 283.8820.34225.9
30香川県 284.8806.64224.2
31京都府 292.5713.94223.9
32福岡県 284.8796.34213.9
33埼玉県 291.8702.84204.4
34静岡県 285.37664189.6
35群馬県 283.9773.94180.7
36長崎県 275.7812.74121.1
37宮城県 281.4722.24099
38山形県 275.4768.54073.3
39宮崎県 267.1838.84044
40熊本県 274.3739.14030.7
41青森県 279.3655.84007.4
42大分県 268.4766.43987.2
43鹿児島県 270.4677.33922.1
44岩手県 271595.73847.7
45佐賀県 260.8645.13774.7
46福島県 257.1605.83691
47沖縄県 256.1542.13615.3

※参考:厚生労働省|平成28年賃金構造基本統計調査の概況

気になる東京都の平均年収は、492万6900円でした!
東京都の看護師の平均年収は、全国平均よりも50万円ほど高く、 最下位の沖縄県との差はなんと130万円!
東京都の看護師の給与水準はかなり高いという事が分かるかと思います。

『ちょっと待って!助産師の給料は施設形態や勤続年数によって変わってきますよね?』

はい、その通りです。
そこで次は、施設形態と勤続年数別で、東京における助産師の平均給与額を見ていきたいと思います。

【東京の助産師の給料事情:施設形態別】

 新卒経験3年~5年非常勤夜勤
アルバイト
病院 年収500万円~550万円 年収550万円~600万円時給2000円前後 3万5000円
クリニック 年収~550万円 年収600万円前後~
600万円以上
低くて時給2000円から
助産院 年収500万円~550万円 年収550万円~600万円時給2000円前後

※医療ワーカー調べ

東京における助産師の平均給与は、病院と助産院とでは給与水準はほぼ同じ。
経験年数が10年20年になってくると昇給や役職手当等で病院の方が年収は上回っていきます。
病院とクリニックを比較すると、クリニックの方が平均給与は高い傾向にあります。
なぜなのでしょうか?

【クリニックの平均給与が高いワケ】

病院よりもクリニックの給料が高い理由は、助産師の立ち位置にあります。
病院は医師が主体となったお産が多いので、給料は看護師が基準となります。
一方クリニックの場合は、医師と助産師が主体となってお産を取りますので、助産師の給料は医師の基準となります。
クリニックでのお産は、助産師の存在ありきです。
なので、クリニックのほうが助産師の給料が高い傾向にあるのです。

【東京の公的病院の給料は高い?】

公的病院には都立、公立がありますが、給料は地方自治体によって異なります。
全国の地方公務員の年収ランキングはコチラ!

<看護師の平均給与 都道府県ランキング>


※参考:東洋経済オンライン|最新!「公務員年収ランキング」トップ500 (2016年4月14日)

全国にある自治体1,788団体のうち、平均年収のトップは東京都の735万円でした!
ランキング20位までを表にしましたが、20位のうち東京都の自治体だけで6団体がランクインしています。
東京都、強し!

こうなると残るは独立行政法人 国立病院機構の都道府県別給料です。
独立行政法人 国立病院機構の各グループのホームページ等で給料を調べてみました。

《独立行政法人 国立病院機構 新卒基本給》
国立病院機構 北海道東北グループ   206,300円
国立病院機構 関東信越グループ    203,400円
国立病院機構 東海北陸グループ    206,300円
国立病院機構 近畿グループ      203,400円
国立病院機構 中国四国グループ    206,300円
国立病院機構 九州グループ      206,300円

なんと、独立行政法人 国立病院機構に関しては東京都の基本給は低いようです。
意外ですね。

しかし、実は地域手当というものが基本給に加算されます。
地域手当は病院ごとに異なり、基本給に3%~18%を掛け合わせた金額が地域手当となります。
パーセンテージは、病院がある地域の民間病院の賃金基準と物価によって1級地から7級地に区分されます。
1級地 基本給×20%
2級地 基本給×16%
3級地 基本給×15%
4級地 基本給×12%
5級地 基本給×10%
6級地 基本給×6%
7級地 基本給×3%

※参考:|独立行政法人国立病院機構職員給与規程

つまり、土地や物価が高い関東や近畿の場合、地域手当が高くなる。なので、基本給がほかの地域よりも低く設定されているのです。
東京都世田谷区にある国立研究開発法人 国立生育医療研究センターの場合、1級地となっていますので、
地域手当は、203,400円の20%の40,680円となり、基本給に地域手当を加算すると244,080円となります。
地域手当だけで4万円弱…うらやましいですね。

【周産期母子医療センターは給料が高い?】

東京都には、総合周産期母子医療センターが13施設、地域周産期母子医療センターが14施設、周産期連携病院が10施設あり、周産期における高度な医療に対応できる施設は全部で37施設あります。
どれも500床以上を有する大病院ばかりですが、給料は高いのでしょうか?
そこで都内にある総合周産期母子医療センターと地域周産期母子医療センターの新卒初任給の平均給与を割り出してみました。

<周産期母子医療センターにおける新卒助産師の初任給の平均額>
基本給:22万4368円
月給:28万6264円


いかがでしょうか。
大病院=給料が高いというイメージがありますが、額面だけで見ると民間病院やクリニックと大差はなく、むしろ「思ったよりも高くない」そう感じる方もいるかもしれません。

周産期母子医療センターに認定されている大多数の病院は、都立や市立といった公的病院や大学病院です。
公的病院であれば給料は公務員と同じで、大学病院においても公務員と給料はほとんど変わりません。公務員の給料は年功序列なので、初任給は低く、年数を重ねるにつれ給料は高くなります。

◆まとめ

東京における助産師の給料事情はいかがでしたでしょうか?
地方から上京する予定の助産師さんは、ぜひ参考にしてみてください。
今回ご紹介した東京における施設形態別の平均給与額のデータは、医療ワーカーでの転職実績をベースとしています。
現在東京都内で活躍する助産師さんで、「記載の給料が高い・・・」そう感じた方は、ぜひ医療ワーカーでの転職を視野に入れてみてくださいね!
医療ワーカーでは、助産師さんの代わりに病院と給与交渉も行っています。
給与アップをしたい転職は、ぜひ医療ワーカーまで★



★東京都の助産師求人をチェックする★
★転職のご相談はメールや電話からでもOK!メールの場合は★こちらから★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事