1. 看護師求人の医療ワーカーTOP
  2. 助産師の求人特集
  3. 福岡県
ご利用満足度97%

【 福岡県 】
助産師さんの
求人特集

2019年04月19日更新

全国の助産師求人数5,285件

大学病院で分娩経験を積みたい、助産院の夜勤バイトを探している、ブランクがあるのでゆっくり復職したい、
等々様々なキャリアプランを考慮し、あなたにピッタリの職場をご紹介します!
まずはあなたのご希望を聞かせてください。総合病院・産科専門病院・助産院・クリニックなど、
助産師求人数トップクラスの医療WORKERなら、お探しの職場が見つかります。

約10年前の市場調査によると、福岡県では人口10万人に対する助産師数が18人と、全国平均を大きく下回っているところから、助産師の活躍できる場は非常に多いと言えます。ところが、助産師を必要とする医療機関は町の中心部に集まっている傾向があります。また、以前は総合病院の産婦人科の募集が大半を占めておりましたが、最近では個人のクリニックでの助産師の募集が高まってまいりました。ただ、経験がある助産師を望む傾向が高く、総合病院で異常分娩のみ取り扱ってきた助産師が個人クリニックで自然分娩を経験したいという応募はなかなか難しくなってきております。夜勤もフル勤務できる方なのはもちろんですが、経験してきたお産の数や、その方の性格や個性なども問われることが非常に多いです。

助産師に特化した就職・転職支援を行なっているため
求人数が違います!

募集件数3,000件 以上!

~あなたの条件をお聞かせ下さい~

  • 給与がいい求人を紹介してほしい。
  • 24時間託児所がないと働けない。
  • 異常分娩の経験を積みたい。
  • なるべく自宅から近くで働きたい。
  • 分娩件数など詳しい情報が知りたい。

etc...

3ヵ月以内に
すぐ転職したい方

転職サポートはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-704-557 平日9:00~21:30 土日祝9:00~19:00

福岡県は人口約600万人の九州最大都市で日本五大都市にも選ばれる西の都です。また、もつ鍋、水炊き、ラーメン、焼き鳥、屋台と非常に美味しいものが多いことも魅力の一つです。衣食住が非常に充実しているのは勿論、新幹線停車駅や空港が博多や天神といった都心部から大変近く、その利便性の良さから県外からの移住率も全国№1です。また引越し先のトップ10は次の通りです。1位 博多(福岡市博多区) 2位 薬院(福岡市中央区)3位 姪浜(福岡市博多区) 4位 中洲川端(福岡市博多区)5位 天神(福岡市中央区) 6位 唐人町(福岡市中央区)7位 赤坂(福岡市中央区)8位 藤崎(福岡市早良区) 9位 大橋(福岡市南区) 10位 西鉄平尾(福岡市中央区)となっております。ファッションの分野においても西日本のファッション発信地だと言われております。九州内ではダントツの店舗数を誇っており、福岡県一の繁華街である天神周辺には洋服はもちろん、県外では中々手に入らない美容グッズも多く売られております。美容室の数が多いことでも有名で、中には24時間営業を行っている美容室まであります。プロスポーツチームも非常に多く、福岡ソフトバンクホークス(野球)、福岡レッドワーブラーズ(野球独立リーグ)、アビスパ福岡(サッカー)、ギラヴァンツ北九州(サッカー)、ライジング福岡(バスケット)と5つのチームが福岡に本拠地を置いております。

求人情報の約70%は一般のサイトには載っていない非公開求人

「急募」「若干名」「新規事業」「人気求人の応募殺到」などの理由で公開されていない助産師求人が70%も!!助産師求人に特化した医療WORKERにしかない好条件の非公開求人情報が多数ございます。希望の求人情報が見つからなかった助産師さんも一度お問い合わせください。

arrow

医療WOKERが助産師さんに選ばれる理由!

  • あなたの気になる給与を交渉します!

    今の給与で満足していますか?1人で転職活動をしても、助産師としてのスキルをうまくアピールできなかったり、「面接でお金の話をするのも・・・」と給与UPの交渉を諦めていませんか?医療WORKERを利用すると、助産師転職に特化したキャリアアドバイザーが面接に同行し、あなたの代わりに給与交渉をしてくれます!適性給与を知るきっかけにもなりますよ☆

  • 応募前に詳しい業務内容・人間関係がわかります!

    お産に関する考え方は人それぞれ。最近では様々な出産スタイル・トータルケアがあり、どのような出産方法があるかなどお産に対する考え方や、設備環境面、待遇などの情報で職場選びをする助産師さんも増えています。あなたのスキルが活かせる環境か?ブランクや未経験分野の教育制度(研修)があるか?など・・・気になることは何でも応募前にご質問ください。 職場の人間関係や昇給の内情なども、正職員やパートで実際働いていた助産師さんとの接触を持つ医療WORKERだからこそ、あなたにお伝えできる助産師求人情報がたくさんあります。

  • スケジュール調整や応募代行で採用率が上がります!

    面接のために今の仕事に穴を開けられない…託児所に預けないと…など転職活動する際に心配をお持ちではないでしょうか。医療WORKERでは、専任のキャリアアドバイザーが応募や簡易履歴書の作成、面接スケジュールの調整、入職日の調整をお手伝いさせていただきます。忙しい在職中の助産師さんでも無理をしなくて大丈夫。また、助産師さんが面接で聞かれる「志望動機」「退職理由」の話し方も事前にお伝えしております。

医療WOKERで転職した助産師さんの声

15年のブランク。度重なる不採用。
ですが、こんな私でも再出発することが出来ました!

助産師として9年間働いていた職場を、出産を機に子育てに専念するため退職しました。
このたび下の子が中学生になり手も空いたので、助産師として復帰することにしたんです。
ただ、ブランクが15年ほどあるうえ年齢も40代半ばでしたので、不採用が続いてなかなか決まりませんでした。
同じ医療系の専門職で働く夫に転職について相談してみたところ、「人材紹介をやっている会社にいちど相談してみたらどう?」とアドバイスをしてくれました。
たくさん会社があったのですが、様々な情報が掲載されていた医療ワーカーさんへ問い合わせてみることにしたんです。何度も不採用になっているのをお話しすることに気後れしていましたが、一通り話し終えるまでとても真剣に聞いてくださいました。
「福岡県は経験ある助産師を求めている求人が多い」「ブランクはあっても短い期間で即戦力になりうる人材であれば、採用してもらえる可能性が高くなるのでは」と、前向きな言葉をかけてくださったので、採用に向けてサポートをお願いしました。
それからも2度の不採用が続き自分に問題がある気がして悩んでいたところ、エントリーシートや面接について細かくアドバイス頂く機会を設けてくれたんです。
もう、助産師としての再出発は難しいのかなと思っていたのですが、そうやって一生懸命サポートしてくださる姿勢に私も勇気が出ました!
おかげさまで、次に応募した産婦人科クリニックで無事に採用が決まったんです。
大変ではありましたが、“自分ひとりじゃなく医療ワーカーの方と一緒に頑張っている”そんな気持ちで転職活動を行うことが出来ました。
ブランクはありますが、これまで働いてきた経験があるからこそ出来る事もたくさんあり、毎日がとても充実しています。
今回の転職にあたりまして、最後までサポートしてくださり本当にありがとうございました。

助産師さんの仕事選びの注意点

ここでは助産師さんが仕事選びをする際に、
確認しておいたほうがよい点をご説明します。

  • 1. お産件数と助産師さんの人数を確認

    お産件数が少なすぎるとスキルが上がりませんし、多すぎても激務で長く続けることができなくなります。

  • 2. リスク分娩を受け入れているか

    リスク分娩に関しては、助産師さんによって「やりたい」「やりたくない」があると思います。事前にしっかりと確認しておいてください。

  • 4. 人工妊娠中絶をやっているか

    これも、まったく受け入れていないクリニックもあれば、なかには中絶専門のクリニックもあります。転職をする前に、十分に気を付けておいたほうがいいでしょう。

  • 3. オンコールはあるか

    これはあたりまえですが、オンコール体制の病院・クリニックもあります。自分の希望にあっているか、しっかり確認しておきましょう。

  • 5. 産科が混合病棟になっているか

    病院で働く場合には確認しておいてください。病院の規模にかかわらず、
    公的病院でも混合病棟の場合があります。自分の希望にあっているか、
    確認しましょう。

以上5点をしっかり確認しておけば、転職活動で失敗する確率もぐっと減りますので参考にしてください。
人材紹介会社によっては、求人の内容を把握しないまま提案してくる場合があります。医療ワーカーでは、専門のアドバイザーが、助産師さんが気になるポイントをしっかりとお伝えいたします。安心してご利用ください。

転職サポートはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-704-557 平日9:00~21:30 土日祝9:00~19:00
arrow
完全無料
転職サポートを利用する
助産師コラム