新生児蘇生法(NCPR)インストラクター

1.新生児蘇生法(NCPR)インストラクターの資格とは


新生児蘇生法インストラクターとは、新生児の蘇生に関する技術や理論などを講習会で指導することができる資格です。
新生児を蘇生させる技術を持った医療スタッフが全ての分娩で待機できるように、新生児蘇生法普及事業(NCPR)の一環として、2007年に創設されました。

2.新生児蘇生法(NCPR)インストラクターはどんな仕事?


具体的には、出生時に胎外呼吸循環がうまくできず、心肺が停止した新生児に対して、いかにして適切な心肺蘇生を行うために必要な新生児蘇生法の理論と気管挿管や薬物投与などの難しい技術を習得し、それを医療関係者に指導をする重要な役割を担っています。

3.新生児蘇生法(NCPR)インストラクターになるには


【受験資格】
学会への加入の必要性日本周産期・新生児医学会の学会員である
臨床経験新生児蘇生に関わる看護師・助産師である
学会・講習会への参加下記、いずれの条件も満たすこと
・新生児蘇生法「専門」コースを修了
・インストラクター養成講習会を受講する
その他の資格所属団体からの推薦がある
【取得までの流れ】
◆資格審査の申込方法・試験の詳細
1.新生児蘇生法「専門」コース講習会・筆記テスト
日程・場所全国の病院で随時開催
対象者周産期医療従事者
受講料5,000~10,000円程度(講習会により異なる)
内容気管挿管や薬物投与などの高度な手技や知識を含む新生児蘇生法/講義・演習で5時間※講習会後に行われる筆記テストを合格すると修了認定を受けられます。(認定料:8,000円)
2.新生児蘇生法「専門」コースインストラクター養成講習会・筆記テスト
日程・場所全国の病院で随時開催
対象者周産期医療従事者
受講料20,000円(インストラクターマニュアル代金込み)
内容インストラクター養成講習会で行われるテストに合格すると、所定の手続きを経て認定証が発行
3.認定
コースインストラクター養成講習会の後に行われる筆記テストに合格すると所定の手続きを経て認定証が発行されます。(認定料:8,000円)
◆資格の交付と登録
5年に1度の更新手続きがあり、e-ラーニングか講習会を受講することが必要です(更新料:8,000円)
所定の手続きを終えると古い認定期間が切れるまでに、新しい有効期限の「修了認定証」と「認定カード」が発行され、自宅に届きます。

4.新生児蘇生法(NCPR)インストラクターの資格をとるのは難しい?


費用の目安46,000円
取得期間数ヶ月
合格率非公開
難易度高い
認定者数2416名2014年(12月時点)
新生児仮死ケースなどの場面において、心肺蘇生法で留意すべきことや確認事項、見
落としてはいけないことなど「高度な手技と知識」を要するため資格取得の難易度は、かなり高いといっても過言ではありません。

5.新生児蘇生法(NCPR)インストラクターの資格をとることのメリット・デメリット


●メリット
出生時に胎外生活に必要である、呼吸循環器の胴体の移行が順調に進行しない事例は少なくありません。日頃から適材適所で対処できるよう訓練しておき、いざ起きてしまった時に現場で慌てないように備えておくことが大切です。新生児蘇生法の資格を取得しておけば、他のスタッフへ向けた勉強会などを任される機会も増えキャリアアップに繋げることもできるでしょう。
また、新生児蘇生法を身に付けるには新生児蘇生法終了認定の資格だけでも有用ですが、インストラクターの資格を得ることで自ら講習会を主催することができ、より多くの医療関係者に新生児蘇生法の重要性を伝え広めることができます。
●デメリット
基本的には自身の管轄である地域での講習会を開くのですが、受講料の助成に加え、勤務の調整などのサポートや近隣での講習会開催が必要なのに加え、地域によってはインストラクターがいないために出張講習会に出向かないといけないこともあります。

6.新生児蘇生法(NCPR)インストラクターの現状と今後


新生児蘇生法(NCPR)インストラクターの講習会を未受講または資格の未取得の医療関係者の中でも「機会があれば受講したい」など意欲的に考えている方は大勢います。
しかし、受講料の助成に加え、勤務の調整などのサポートや近隣での講習会開催が必要です。なかにはインストラクターが在籍しない施設もあり、施設内での講習会ができない状況もあります。
「新生児を蘇生させる技術を持った医療スタッフが全ての分娩で待機できるように」というキャッチフレーズを掲げ、創設された資格ですがインストラクターの数が全国に偏りがあり、資格をせっかく持っていても現場で活躍する機会が少ないのが現状です。
そして5年後ごとに認定更新手続きが必要とするため、今後は未更新者の増加が危惧されています。新生児蘇生法(NCPR)インストラクターの資格を得た後に業務で役立つ機会が少なかったり、特に看護職は新生児の蘇生に直接関与する機会がほとんど無く、受講の必要性を感じていない方が多かったり、必要性は理解しているが学習の継続が難しかったり学習意欲の減退があります。今後の新生児蘇生法(NCPR)インストラクター継続教育の一つとして、自身のキャリアアップの推奨をすることが重要です。そのために、看護職の支店で地域ごとに講習会を開催し、その特性を生かしたフォローアップが課題となります。

あなたにおすすめの記事