日本アロマセラピー学会認定看護師

1.日本アロマセラピー学会認定看護師の資格とは

日本アロマセラピー学会認定看護師は、日本アロマセラピー学会が主催をしている認定資格です。『JSA基礎認定』という試験に合格した後、認定の申請ができます。認定後に“日本アロマセラピー学会認定看護師”として活動できます。アロマセラピーに関して高い知識と技術を持ちつつ、看護技術として扱えるようになります。
日本アロマセラピー学会は、1997年に“アロマセラピーを医療に”をモットーとして、『医療従事者がアロマセラピーを正しく医療に応用すること』を目的に設立されました。会員には、医療従事者のみ入れるという規定があります。認定試験は、『JSA基礎認定』より上級の『JSAトリートメント認証』もあります。
最近では、緩和ケアを中心にアロマセラピーを用いる医療機関が増えつつあります。アロマに興味がある看護師さんにとって人気がある資格といえます。

2.日本アロマセラピー学会認定看護師はどんな仕事?

日本アロマセラピー学会認定看護師の資格を取れば、治療とともにアロマセラピーの施術を行えます。アロマセラピーを扱う治療は、医師の許可が必要です。患者さんの状態や気分にあわせて、精油を選びます。アロマを使い、足浴や手浴を、蒸しタオルやハンドマッサージなどの方法で、患者さんの苦痛を和らげることやリラックス効果があるといわれています。
アロマセラピーは、補完代替療法のひとつとして注目を集めています。補完代替療法とは、西洋医学の治療とあわせて、民間療法や自然療法を用いることをいいます。補完代替療法に、アロマセラピーの他に漢方、鍼などが挙げられます。
薬や外科治療がメインの西洋医学だけでは、患者さんの痛みや苦しみが十分に軽減できるとはいえません。補完代替医療を取り入れることは、より患者さんの負担が軽減されるといわれています。

3.日本アロマセラピー学会認定看護師になるには

◆【取得までの流れ】
(1)日本アロマセラピー学会の正会員になること
●医療従事者であること
●入会費:10,000円(税込)
(2)『基礎セミナー』を全て受講していること。
●東京と大阪で計4日間。3コマ/1日。
(3)認定試験
●年1回(東京と大阪で開催)
(4)合格発表
●3月末(学会HPにて公開)
(5)認定申請
●5月末までに認定料申請
●認定料:15,000円(税込)

◆【受験資格】
(1)日本アロマセラピー学会の会員であること
(2)その年度の会費を全て納めていること
(※入会費:10,000円(税込) 年会費:13,000円(税込))
(3)必須の『基礎セミナー』をすべて受講していること

◆基礎セミナーについて
日程:毎年4月~9月
場所:東京・大阪(全12コマ・3コマ/1日)
セミナー料金:60,000円(15,000円(税込)/1回)

◆資格審査の申込方法
・日本アロマセラピー学会HPオンラインにて申込み
・試験開催10日前までに受験票を発送

【筆記試験】
・試験内容:筆記試験(マークシート方式)
・日程:10月末(大阪)・3月頃(東京) 120分(休憩なし)
・合格発表:3月末
[出題の範囲]
(1)基礎セミナーの講義内容
(2)アロマセラピー標準テキスト(臨床編)
(3)アロマセラピー用語集

資格の交付と登録
【認定料:15,000円】
更新について
【更新:あり】
・5年毎
・学会が取り決める、100ポイント以上の取得が必要

【資格団体】一般社団法人 日本アロマセラピー学会

4.日本アロマセラピー学会認定看護師をとることは難しい?

日本アロマセラピー学会認定の『JSA基礎認定試験』は、年に1回東京と大阪で行われます。合格率や出題内容を公開していないため一概にはいえませんが、基礎セミナーをきちんと受け、実地に基づいた試験勉強を行うことが合格への近道といえるでしょう。
講義内容を網羅するためには、合計15,000円×4日間=6万円が必要となります。試験資格のひとつである基礎セミナーは、1ヶ月1回ほどの参加でも可能です。年度が異なっていても受講でき、集中して受講すれば最短半年で試験が受けられます。そのため、看護師として働きながら資格を取得したい方にもオススメといえます。
基礎セミナーは、アロマセラピーの基本だけではなく、解剖学・薬理学にまで及んだセミナーが受講できます。アロマによる患者さんへの治療の根本ともなる基礎セミナーは、認定取得後も自己研鑽としてセミナー受験を薦められています。基礎セミナーの内容はしっかりと復習したほうがいいでしょう。

5.日本アロマセラピー学会認定看護師をとる事のメリットデメリット

日本アロマセラピー学会認定看護師として認定をとるメリットは、アロマセラピーに関する専門的知識を深く知ることにあるといえます。看護師として“日本アロマセラピー学会認定看護師”を取得することで、より医療の現場に即した看護ができます。アロマセラピーを治療に用いることで、患者さんの苦しみや痛みを軽減できる点は大いに活躍が見込めることでしょう。アロマセラピーの看護技術は、病院だけでなく福祉施設や一般企業に勤める場合でも活躍が期待できる資格です。
日本アロマセラピー学会認定看護師の資格を取得するデメリットを挙げるとすれば、アロマセラピーを使う看護師としての求人がないに等しいことです。求人や病院の情報をみても、アロマセラピーに理解があるかの判断は難しく、資格取得後も活用できるかがわからないという方もいます。

6.日本アロマセラピー学会認定看護師の現状と今後

日本アロマセラピー学会認定看護師の現状は、補完代替療法をつかった統合医学のひとつとしてニーズは高まっているところです。例えば、がん治療の緩和ケアにアロマセラピーが取り入れられています。患者さんの不安感や抑うつの軽減、がんによって起こる疼痛の改善、薬による副作用の軽減などに効果があるとされています。がんそのものを治療するわけではありませんが、患者さんのがん治療に付随する苦痛などを和らげることができ、一歩進んだ治療をすることができます。
求人にアロマセラピーの資格を求められることは希少で、自分自身で転職活動は難しいといえます。直接病院の内情を伺える医療ワーカーでは、アロマセラピーを使った看護をしたいという希望に添えるかもしれません。
今後も、両方を取り入れた統合医療を実施する病院が増えるといわれています。それによってアロマセラピーを用いる施術も重要度が高まっているといえます。治療にアロマセラピーを使うことは、医師の許可が必要となります。統合医療の認知が高まるなか、アロマセラピーを許容する医師も増えていくことでしょう。

あなたにおすすめの記事