小児アレルギーエデュケーター

1.小児アレルギーエデュケーターの資格とは


小児アレルギーエデュケーターは、一般社団法人日本小児臨床アレルギー学会が認定している資格です。
アレルギーの診療に携わっている、コメディカルの看護師や薬剤師、管理栄養士が取得する事ができ、アレルギーについての専門的な知識と患者や家族への指導技術を身につけることができます。
資格の取得後は、アレルギー専門病院や総合病院の小児科、調剤薬局などで働く方が多く、日々アレルギーで悩む子どもやその家族の手助けとなるために、診療後などに相談にのりアドバイスをしています。

2.小児アレルギーエデュケーターはどんな仕事?


小児アレルギーエデュケーターの仕事は、アレルギーを持っている子どもや家族から相談を受け、適切なアドバイスや指導、教育を行います。
例えば、食物アレルギーを持つ子どもの家族が、「食べさせてあげられるお菓子がない」と相談されれば、その子が食べられるお菓子が売っているお店を教えてあげる事もこの資格の仕事の一つです。
小児アレルギーは長期的に治療する子どもが多いことから、自宅での食事管理やセルフケアなど家族だけではなく、患者である子ども自身も前向きに治療に取り組む事がとても重要だと言われています。
そこで、治療管理や生活管理、食事管理を指導しサポートするのが小児アレルギーエデュケーターの仕事です。

3.小児アレルギーエデュケーターになるには


【受験資格】
1)看護師、薬剤師、管理栄養士のいずれかの資格を持っていること。
2)臨床経験があること。
3)小児科のアレルギー専門医による被指導歴があること。
4)基礎講習会を受講していること。
5)学術集会に参加していること。
6)会員歴
※受験資格には、規定年数やその他条件があるので、必ず公式ホームページを確認して下さい。
【取得までの流れ】
1)日本小児臨床アレルギー学会に入会する。
2)「小児アレルギー疾患基礎講習会」に申し込み、受講する。(年1回6月頃に開催)
3)「認定小児アレルギーエデュケーター講習会受講資格試験」を受験する。(年1回9月頃に実施)
4)「認定小児アレルギーエデュケーター講習会」に申し込み、受講する。(12月頃)
5)症例報告による「認定小児アレルギーエデュケーター試験」を受ける。
6)認定小児アレルギーエデュケーターの認定証が交付される。
※認定証は5年ごとの更新が必要です。
◆学会の入会方法・講習会の申込方法
〔学会の入会方法〕
日本小児臨床アレルギー学会に入会していない方は入会が必要です。
ホームページの「入会申込サイト」より申し込み、「申込完了通知メール」が届いたら申込完了です。その後、送られてきた請求書で年会費7,000円を納付します。
※年会費は変動の可能性がありますので、必ず公式ホームページを確認して下さい。
〔講習会の申込方法〕
小児アレルギー疾患基礎講習会の申込方法は日本小児臨床アレルギー学会のホームページからWEBで申し込みます。
※学会への入会後に申し込みできます。
◆試験についての詳細
試験は「認定小児アレルギーエデュケーター講習会受講資格試験」「認定小児アレルギーエデュケーター試験」の2つの試験があります。
〔認定小児アレルギーエデュケーター講習会受講資格試験〕
基礎講習会での内容など専門知識についての筆記試験で、参考図書に指定されているテキストなどを使いしっかりと勉強し、試験に臨みましょう。
・受験料:10,800円
・毎年9月上旬ごろに開催
〔認定小児アレルギーエデュケーター試験〕
気管支喘息・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎の3つの中から1つを選び、症例報告書を提出することで受けられる試験です。
講習会の前に、提出する症例を考えおく事が良いそうです。
※詳細は講習会で説明されます。
◆資格の交付と登録
・認定小児アレルギーエデュケーター試験を合格後、認定料21,600円を学会に納付すると、手続き完了後に学会より認定証が交付されます。
・認定証には有効期限があり5年ごとの更新が必要となります。
資格の更新には、申請書などの書類、規定の単位、認定更新審査料10,800円、認定更新料21,600円が必要です。

4.小児アレルギーエデュケーターをとるのは難しい?


小児アレルギーエデュケーターの資格を取得するには、まず受験資格を満たすことから始まり、
基礎講習会、講習会受講資格を得るための試験、講習会、そして症例報告による試験をクリアすることが必要になります。
ですので、小児アレルギーエデュケーターの資格取得は簡単ではなく、取得までの道のりは難しいといえるでしょう。

5.小児アレルギーエデュケーターをとることのメリット・デメリット


小児アレルギーの診療に関わる看護師にとって、高い知識と技術を身につける事が出来る小児アレルギーエデュケーターの資格は、
アレルギーで悩んでいる子どもやその家族の悩みを解決する手助けができる事は大きなメリットといえます。
ですが、資格取得から5年ごとに認定証の更新があり、書類の提出やセミナーなどに参加しなければならない事はデメリットといえますが、
小児アレルギーエデュケーターとしてセミナーに参加できる機会があることは、スキルアップにもつながります。

6.小児アレルギーエデュケーターの現状と今後


2009年に小児アレルギーエデュケーターの制度が開始され、2017年までに約400名が小児アレルギーエデュケーターの資格を取得しています。
取得者はアレルギー専門の病院や総合病院の小児科、クリニック、調剤薬局などさまざまな職場で活躍しています。
小児アレルギーは増加傾向にあり通院での治療が増えてきているなか、診療後に患者である子どもやその家族から相談にのる事ができる、
高い知識と指導技術を持つ小児アレルギーエデュケーターが必要とされている為、今後の需要は高いといえるでしょう。

あなたにおすすめの記事