栄養サポートチーム専門療養士

1.栄養サポートチーム専門療養士の資格とは


栄養サポートチームとは、栄養状態の低い患者さんを対象に医師や看護師、薬剤師など様々な職種の医療スタッフが協力し、その患者さんにとってベストな栄養管理を行って病気の改善や合併症などの予防を目指している栄養ケアをする医療チームです。
栄養サポートチーム専門療法士は、一般社団法人日本静脈経腸栄養学会が認定している資格で、より高い知識や技術を身につける事が出来ます。
取得するには国家資格を取得している事、5年以上勤務している事、栄養サポートチームに関わる業務を経験した事などいくつかの条件を満たした方が受験できます。

2.栄養サポートチーム専門療養士はどんな仕事?


栄養サポートチーム専門療法士の仕事は、持っている国家資格によって出来る仕事内容も色々ありますが、主に対象となる患者さんの病状や体調、栄養状態に合わせて必要な栄養や、足りていない栄養の補給補方法などを考えて発案します。
単なる栄養管理ではなく患者さん一人一人の体の状態や好きな食べ物など考慮し、その人に合わせた食事内容の提案やチームでの情報の共有など、医療スタッフとして専門的な知識と技能を活かし患者さんの栄養サポートをします。
看護師が資格を取得した場合は、食事や栄養補給のサポートや患者さんへの説明や輸液などの管理、口腔ケアなどを行います。

3.栄養サポートチーム専門療養士になるには


【受験資格】
1)国家資格を取得していること。
(管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・歯科衛生士・診療放射線技師)
2)取得している国家資格で5年以上、医療施設や福祉施設で勤務していること。なおかつ栄養サポートに関する業務経験があること。
3)日本静脈経腸栄養学会が主催している「NST専門療法士受験必須セミナー」「学術集会」「全国学会・地方会・研究会」などに参加し、規定単位の30単位以上を取得していること。
4)認定教育施設で40時間の実地修練を修了していること。
【取得までの流れ】
1)日本静脈経腸栄養学会が主催する「NST専門療法士受験必須セミナー」「学術集会」などに申し込みをし、参加して規定の30単位以上を取得する。
2)各地にある認定教育施設で40時間の実地修練を行い修了する。
3)認定試験の申請書類を公式ホームページよりダウンロードして必要事項を記入する。
4)認定試験の申請書と必要書類を専門療法士認定制度委員会に提出する。
〔書類送付先〕
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会 専門療法士認定制度委員会
〒104-0031
東京都中央区京橋1-17-1 昭美京橋第二ビル5階
TEL:03-6263-2580 FAX:03-6263-2581
6)認定試験を受験する。
7)認定試験に合格後、認定料20,000円の納入を確認したあと認定証が交付されます。
※申請期間や申請書類等、詳しくは公式ホームページを確認してください。
◆学会・セミナー等の申込方法
一般社団法人日本静脈経腸栄養学会の公式ホームページよりお申込みください。
◆試験についての詳細
認定試験は年1回実施されており、受験料は10,000円です。
試験対策は日本静脈経腸栄養学会が編集している、認定試験基本問題集や過去問題集を活用し、しっかりと覚えて認定試験に臨みましょう。
◆資格の交付と登録
・認定試験に合格後、認定料の20,000円の入金確認をしたあと、認定証が交付されます。
・認定証には有効期限があり、交付の日から5年ごとの更新が必要です。(更新手数料は10,000円)
※日本静脈経腸栄養学会に未入会の方は入会が必要となり、会費を完納しなければなりません。
※認定証の更新には規定の単位取得など条件があります。

4.栄養サポートチーム専門療養士をとるのは難しい?


栄養サポートチーム専門療法士の資格は、管理栄養士や医師・看護師・薬剤師など国家資格を取得している方、
なお且つ5年以上医療施設や福祉施設で勤務し栄養サポートに関する業務経験が必要など資格取得に挑戦するための条件がいくつかあることから、
簡単に取得できる資格とは言えません。
ですが、看護師にとってこの資格取得はスキルアップにつながるので挑戦する価値はあるといえます。

5.栄養サポートチーム専門療養士をとることのメリット・デメリット


あらゆる職種とかかわる事の多い看護師にとって、栄養サポートチーム専門療法士の資格を取得する事は看護師としてキャリアアップや、施設によって資格取得の手当や給与の増額も期待できるので、メリットといえるでしょう。
しかし、栄養サポートチーム専門療法士の資格は5年ごとに更新が必要で、その際に学会やセミナーに出席し、規定の単位を取得しなければいけない事はデメリットといえます。
ですが、セミナーや学会は新しい知識を得られる場でもありますので、栄養サポートチーム専門療法士として常に成長できる機会が豊富に設けられているという点はメリットとしても捉えられます。

6.栄養サポートチーム専門療養士の現状と今後


栄養サポートチーム専門療法士を取得した方は、病院などで働き活躍している方が多くいますが、
そのなかで資格取得をした看護師の人数は2011年の時点で約900名と年々増えている傾向にあります。
栄養管理はどの診療科でも共通する知識と技能といえ、あらゆる職種とかかわる立場にいる看護師にとって栄養サポートチーム専門療法士の資格を取る事で、キャリアアップする事ができます。
これから看護師の資格取得が期待され、また必要とされているので今後需要はおおいにあるといえるでしょう。

あなたにおすすめの記事